--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017-02-23

アーカイブス その10

2008-10-26
亀仙人さんに弟子入り!

スーサンです。

今日は恋の錬愛術師の色男さんと合流しました。

色男さんを初めて見たのは夏目さんのトークイベント。
イベントでは凄腕ナンパ師として長さん、アイズさん、色男さんとゲストとして呼ばれていました。

色男さんの店内ナンパの達人でした。
色男さんはドラゴンボールで言うところ亀仙人です!
津田沼で合流し、書店にて色男さんの店内ナンパを拝見させて頂く!
店内ナンパとはストナンとは違ったジャンルだ!

色男さん
占い本を読んでる子に声掛け
スッと隣りに入り込み
色男  「それの本どこにあるんですか?」
女の子 「そこにありますよ」
色男  「占いに興味があるんですか?」
そこからトーク開始!

遠くから見て女の子の反応はいい様子
他にも楽器本読んでいる子にも声掛けを掛けていました。
これも好反応

色男さん曰く店内で立ち読みして子は時間を持てあましている子が多い
占いを読んでいる子は恋に悩んでいる子が多い

女の子が読んでいる本からトークを展開し共通点を作っていく!

これぞ亀仙流。

なるほど!
これは盲点でした

スーサンも書店ナンパに挑戦!
美輪さんの本読んでいる子に声掛け。
スーサン「オーラの泉好きなんですか?」
女の子「はい。大好きです」
そこからトーク開始
バンゲには到りませんでしたがかなりの好反応。
ストではめったにない反応だね

書店ナンパはガンシカは殆どありませんでした。
ガンシカが少なく平行トークしなくていいのでストより効率的かも!
疲れない。これも盲点

ストリートナンパは成功しても女の子側からナンパという観念が残る。
店内書店ナンパのシチュエーションは成功してもナンパと認知されにくい。

これも盲点

途中で地元の友達ユッチー(クリリン)と合流し色男さんの店内ナンパを拝見させて頂く!
クリリンも盲点を突かれた様子。

しばらくして津田沼から千葉駅に移動して書店&ちょこっとストナン!
亀仙人さんが見ている前でクリリンとコンビでケーセンから出てきた2人組の女の子から1バンゲ。

亀仙人「おぬし達、なかなかのもんじゃ」
1番最初の天下一武道会を連想したね。

その後は色男さんの提案で3人で舞浜へ
ディズニーランドの帰りの子は解放で反応いいんじゃないかと推測。

千葉駅→舞浜
舞浜駅では店内&ストナン
舞浜は2人組み女の子が多い
1人の子はキャストばっかり、
女の子は1人で舞浜には来たくないのかな~っとおもったりもした。

今日は最高の1日だった。
ナンパの新しいジャンル確立だ~

店内書店ナンパは相手の共通項をついています。
誠実系には持ってホイ!
店内ナンパはガンシカが少ない!
店員に注意すること。
これを究めればどこてもナンパができると思います!
店内ナンパを究めれば人が多い新宿、池袋、渋谷に行かなくても地元のショッピングモールでも出来る!
ナンパな新たな世界が広がった

マックを食べながら色男さんのナンパテクや恋愛理論や持論が聞けて大変勉強になりました。

店内書店ナンパは相手の共通項を掴む絶好の手段です。

ナンパの新たなジャンルが広がりました
これからはストと平行して店内ナンパをやろうと思います。


伊東さんとの最初の出会いは夏目さんの新宿ロフトプラスワンでの出版記念イベントだ。

僕はこの時、本に出てきた長さんという人の話が聞きたくて参加した。

だが長さんと一緒のステージに立った伊東さんが喋るまくるw

司会者も伊東さんに話を振れば盛り上がるので、話を全て伊東さんに振ってしまう。

そのお陰で長さんの話す時間が少なくなってしまったので伊東さんには正直イライラしていた。

イベントの最後に伊東さんがmixiで色男と検索してみてください言っていたので

色男とはどんなやつなんだと後日検索してマイミク申請をした。

その後、俺は完全に色男ワールドの虜になってしまった。

この当時職場のトイレで色男さんの日記を見て爆笑するというのがマイブームだった。

生まれて初めて合流申請をさせてもらった。

伊東さんは賛否両論であり、過去に否定的な意見を言う人も沢山いた。

だが俺はとにかく色々なことを教えてもらった。

色男さんは会話が幅広く、凄く物知りだ。

一つ返せば三つくらい帰ってくるし、俺しか知らないマニアックなネタでも

えっ!そんなことまで知ってるんだといつも驚かされる。

去年お会いしたが、相からず情報量が多くて喫茶店で気づいたら2時間があっという間に過ぎた。

長い付き合いだが今でも関係が続いている。

伊東さんに似ている人を最近見つけた。

そう岡田斗司夫だ。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。