--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-04-29

AV女優をナンパした話し

僕の夢はAV女優とセックスすること

その為にどうすればいいか?

今から約2年前にその夢を実現させる為に、とある行動に出ました。

AVのイベントに参加すればいいじゃないか。

僕はネットで情報をチェックしてAV系のトークショーに参加することにしました。

道は厳しいかもしれないけれど、とりあえず参加してみるか。


イベント終了後…

1人目

最初はゲストのAV女優のところへ行きました。

当然だけど、ファンが沢山集っていてナンパできる状態ではありませんでした。

2人目

その後、客として来ていた有名AV女優を発見しました。

ちょっと、話しただけで番号GETできず。

3人目 

客で来てる女の子、AV女優かどうかわからないけど話しを掛けてみた。

スーサン「女優さんですか?」
女優  「あ、はい」
スーサン「そうなんだ、なんて名前」
女優  「ネット、○○ 女優で検索すると出てきますよ」
スーサン「あ、本当に~、普段休みの日とか何してるの?」

会話してる最中にその女優の知り合い男が会話に入ってきた。

どうやらエロ雑誌の編集者らしい。

女優の子には5分位会話をして、番号を打診した。

女優  「すいません、マネージャーに禁止されているんで」

その後、エロ雑誌の編集者と会話した。

そのエロ雑誌編集者を通じて、アダルトな世界を紹介してもらおうと思った。

エロ雑誌編集者に番号を打診するが、雑誌の宣伝のツイッターを紹介された。

個人の番号を打診しけど、「プライベートなので、勘弁してください」と言われました。

結局、番号打診したのは1人だけでした。


おまけ

その時、ゲストでAV男優も沢山来ていた。

今有名な鈴木○徹って人に話しを掛けた。


スーサン「お疲れ様です」
鈴木  「あ、どうも男の人から話掛けられるは嬉しいですね」
スーサン「普段休みの日とか何してるんですか?」
鈴木  「僕は子供と遊んだりしてますね、お一人で参加されたんですか?」
スーサン「はい、そうです」
鈴木  「AVに興味がおありなんですね」
スーサン「凄く興味ありますね」
鈴木  「一緒にAV男優になりましょうよ、僕ネットで応募したんですよ」
スーサン「あ、ハハハ…」

鈴木さんは凄く腰の低い、いい人でした。


会場に花岡○ったって人もいた。

その人にも話しを掛けてみた。

スーサン「お疲れさまで、写真とって頂けますか?」
花岡  「いいですよ」
スーサン「趣味とかあるんですか?」
花岡  「ないです、あ、セックスです」

森林○人って

スーサン「肌めちゃめちゃ綺麗ですね、なんかケアとしてるんですか?」
森林  「僕は特にしてないです」
スーサン「AVの仕事って楽しいですか?」
森林  「はい、めちゃくちゃ楽しっすよ」

AVの世界も色々あるんだなって思いました。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

最近更新ないー

No title

Sさん

最近、あんまりナンパしてないんですよ~

なので、ブログ更新を怠っていました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。