2013-01-20

次のステップ

今日は今のバイト場が最後の日

本当はすぐ辞めたかったけど、日本人の義理を通して

新しい人が見つかるまで、店の為に頑張った。

日本人の店長に給料、今日貰いたいことを伝えると、

気に食わなかったのか?

「給料今計算するから、終わったら帰っていいよ」と言われた。

給料を貰って、「お世話になりました」と言うと店長は目も合わせない。

とっとと出ていきなって雰囲気だった。

僕は店を出るときにドアを叩き壊したい気持ちになった。

この国の最低自給で、日本の1/3の時給で短い期間だが店の為に頑張った。

グダグダ書きたくないけれど、店長のとばっちりを沢山受けたのだ。

そんな礼儀なき店長に怒りを感じたが、グッと抑えた。

最後は171cmが寂しそうな目で見つめていた。



僕はこの胸に誓った。

僕は将来、人に使われるような男にはならない!

自分で会社を起こすか?

それが出来なければ山で自給自足の生活をしてやる。

僕にサラリーマンの道はない。

僕は将来、自分で生計を立てていく。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る