--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-11-16

今日もまた街へ

今日もまたナンパしに街へ

蘭が中国から帰って来た。

ナンパに行く前のメッセのやりとり。

蘭    想我嗎?(私がほしい?)
スーサン 我不知道(わからない)
蘭    所以沒有想我(私が欲しくないの?)
スーサン 你問我很難(あなたの質問は難しい)
蘭    所以奇怪 (おかしいよ)
スーサン 什麼奇怪?(何がおかしいの?)

街へ 

会話は全て中国語

10人目まで反応はゼロだった。

11人目

スーサン「こんにちは、今何してるの?」
女の子 「学校終わった」
スーサン「そうなんだ、僕はブラブラしてるよ」
女の子 「そうなんだ」
スーサン「僕は外国人だよ」
女の子 「わかるよ、何処の国の人?」
スーサン「韓国人だよ」
女の子 「あ、そう…」
スーサン「冗談、冗談、日本人」
女の子 「あ、日本人ね!」
スーサン「そうそう」
女の子 「私今学校で日本語勉強してるよ」
スーサン「そうなんだ、素晴らしいね」

しばらく雑談

スーサン「すぐそこのマックで一緒にお茶飲まない?」
女の子 「いいよ、でも今の時間人が多い」
スーサン「じゃぁそこのベンチに座って話そうか?」
女の子 「うん」

20歳 大学生 

名前 陳ちゃん←これは名字
名前は難しくてよく覚えてない。

30分程座って雑談して、その後一緒に街をブラブラした。

そして、一緒にご飯を食べた。

性格は本当にいい子だった。
去年の東日本大震災の時に一週間分のバイト金を募金してくれたらしい。

日本人として、本当にありがたいね。

その後も街を一緒にブラブラ

スーサン「ねえ、見て、最近野良犬に手を噛まれたんだ」
陳   「どうして」
スーサン「いい子、いい子してたら噛まれた」
陳   「あら~」
スーサン「アナタの手のネイル可愛いね、見せて!」
陳   「うん」
スーサン「これ自分でやったの?」
陳   「うん」
スーサン「可愛い~」   

そのまま手を繋いだ。

陳   「ハズカシイですよ~」←日本語
スーサン「アナタの手は優しいね」
陳   「日本人の男性は会ったその日に手を繋ぐの?」
スーサン「しないよ(笑)」

彼女を顔を見たら汗がビッショリだった。

よっぽど緊張していたんだろうな。

時刻は11時近くなっていたので、バス停まで送っていった。

一緒にいる間気がつかなかったけど、めちゃめちゃ巨乳だった。

髪で胸元が隠れていたから、気づかなかった。

つんつんしたいな!

ナンダカンダ3時間近く一緒にいた。

僕の中国語の発音が悪くて、ちぐはぐなコミュニケーションだった。


12時過ぎに蘭から電話が掛かって来た。

遅いから電話に出なかったけど、連チャンでコールが鳴るので電話に出た。

蘭   「今アナタの家の近くの駅にいる」
スーサン「ごめん、今日はもう寝る」
蘭   「アイタインデスケドモ」←日本語
スーサン「今日はもう寝るってば!」
蘭   「私は帰るの?」
スーサン「今日はもう寝る」

突然電話が切れた。

40分後に再び携帯がなる。

寝てたふりをしたが、連チャンでコールが鳴る。

スーサン「何、どうしたの?」
蘭   「今アナタの家の近くのセブンイレブンに居る」  
スーサン「もう寝てるから」
蘭   「会いたいです」
スーサン「もう寝てるよ!」
蘭   「ハイ、ハイ、わかりました、私は帰ります」
スーサン「来るときは事前に連絡してね」

スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。