--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-09-08

はじめての海外での経験

チンカス処理が日課になっているスーサンです。

今日はこの間ナンパした子と会いました。

名前 蘭 タイワン人

この子は日本語はちょっとだけできる。
大学で日本語を少しだけ勉強していたらしい。

でも、「大丈夫」「暑い」「わかりました」とかこのくらいしか話せない。

会話は基本中国語で伝わらないときは筆談。

でも2ヶ月いるから、相手の言っていることがなんとなく理解できるようなった。

デートは一緒に夜市に行って色々と案内してくれました。

夜市に行った後はそのまま家に直行した。

スーサン「外は暑いね、家はクーラーがあって涼しいから家に行こう」
蘭   「はい、ワカリマシタ」

次第にエッチな雰囲気になりキスをした。

ちょっと衝撃的だったのが、この子はまだエッチをしたことがない。

僕はナンパで狙っている訳ではないのに処女の子によく会うな~

少なくともこの1年で5人の処女の子に会った。

以前処女の子とやってみたいって言う人がいたけど、処女は本当に大変。

シーツは血だらけになるし、最初は指一本入らない。

指一本入れただけで痛いって言うし、初めてだから怖いとも言う。

女の子の恐怖感を開放して、挿入するまでにもの凄く時間が掛かる。

でもなんとかセックスしました。。

処女はこれで生涯4人目だ。

シーツは血だらけになっちゃったけど、

久しぶりに一晩に3発やりました

この子はエッチには色々と興味があったみたい。

その後、こっちの色んな美味しいお店に連れて行ってくれました。

やはり現地の繋がりは強い!

色々知っている。

中国語に関しても独学で2ヶ月でここまで覚えられたのは凄いと褒められました。

最後は駅まで行って別れ際の会話。

(日本語に翻訳したものです)

蘭   「アナタに一つ質問があります」
スーサン「何?」
蘭   「私達は恋人ですか?」
スーサン「アナタは恋人になりたいの?」
蘭   「アナタはどうなんですか?」
スーサン「アナタはどうなの?」
蘭   「アナタが先に言って!」
スーサン「…もう少し沢山会ってから決めようよ」
    「これは、今すぐどうこう決める問題じゃないよ」
蘭   「はい…」
スーサン「もっと沢山遊んでゆっくり決めよう」
蘭   「はい、ワカリマシタ」←日本語

蘭   「ワタシのこと好きですか?」
スーサン「うん、好きだよ、僕のことは?」
蘭   「好きです」
スーサン「何で?」
蘭   「可愛いところ」


この前発見したブログで、

こっちで一年学校に通って目標は現地の女の子とセックスすることだったが、

残念ながら、キスまでしか出来なくて帰国した人がいた。。


比喩するわけじゃないけど、僕は2ヶ月で独学で勉強してセックスできたから嬉しいよ。

ナンパは凄いな~
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。