--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-08-24

日本人の集団性

ナンパとは関係ない話。

海外に来てから、多くの外国人と接した。

海外では僕は外国人なんだけど、

日本人というものを再認識させられることが多々ある。

まず一つがタイトルの通り日本人の集団性について。

こっちに来て思ったけど、外人は日本人とは動作一つとっても違う。

若い女の子4人がイベントで盛り上がって歌いながら踊っていた。

みんな楽しそうに踊っている…

みんな前を見て、それぞれの自己主張で激しく踊っていた。

楽しそうだけど、それぞれの自己主張が強すぎてバラバラで統一感が全くない。

上手く説明できないが、例えると

1人目は秋葉系風の激しいダンス

2人目はジャニーズ風のダンス

3人目はパラパラ風のダンス

4人目はただ何となく踊っている。

それぞれの自由に踊っていて良いのかもしれない。


これがもし日本人だったら、酔っ払ってなければ

隣を見て、なんとなく隣のリズムに合わせながら一緒に踊りながら歌う人が多いだろう。

極端に激しい自己主張のダンスをする人はいないだろう。

日本では「何こいつ?」って空気になる。

海外ではそーゆう空気にならない。


日本人というは無意識のうちに動作も相手に合わせる。

日本人の集団性はもの凄い力を発揮するのではないかと思った。


外人のダンスは歯車が合っていない。

みんなそれぞれの歯車があって、形自体が違うからだ。

日本人のこのなんとなく相手に合わせる行為は、

柔軟性があり歯車の形を変えることが出来る。

それぞれに合った歯車を使う。


だがグローバル化で年々個人の自由が尊重される時代になってきた。

日本人の強い部分を無くしていっているようにも考えられる。

考えるとつきない。


アメリカやヨーロッパのことは行ったことがないから実際はわかならいが…

同じだと思う。

僕は自分で言うのもなんだが、個人主義者だと思う。

人の考えに歩調を合わせるのが嫌だから。

自分のことは自分で決めたい。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。