2012-06-02

長崎市 1日目

佐世保市から長崎市へ移動




長崎市と言えば
出島、ちゃんぽん、皿うどん、カステラ、原爆

到着したのが、夜の8時。

店も閉まっていて、そんなに人は歩いていない。

声掛け10人目

駅前で旅行のパンフレットを見ている女性

スーサン「めがね橋ってどこにあります?」
女性  「え、どこだったけな~?」
スーサン「学生さん?」
女性  「いえいえ、社会人です」
スーサン「若く見えるね、旅行とか好きなの?」
女性  「海外行ってみたいな~っと思って」
スーサン「どこに行きたいの?」
女性  「タイワン」
スーサン「マジで、おれ今月タイワンに留学するよ~」
女性  「へ~、凄い~」
スーサン「今からタイワンについて語りましょうか!良かったら、どこかでお茶でしない」
女性  「でも、終電が~」
スーサン「終電何時?」
女性  「9時30です」
スーサン「後、30分あるね、そこのベンチで話そう」

ベンチで40分ほど話をした。

名前 愛ちゃん

携帯の待ちうけが子供の画像だった。

旦那の話は出てこない、シングルマザーなのかな?

愛ちゃん「私すぐそこのショップで働いているんです、明日時間があったら来てください」
スーサン「わかった、明日時間作っていくよ。」


一人だとこーゆう何気ない会話が本当に癒やされる。

生きてて一番辛いことは人との繋がりがない、繋がれないことだと思う。

繋がりさえあれば自殺も防げる。そんな約3週間続いた旅も明日で終わる。

流石に疲れたし、そろそろ家に帰りたい。

明日も楽しもう。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る