--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-05-21

幼馴染

家の近所の幼馴染だった女の子に母親を通して会いたいと誘われた。

僕が家の周りを散歩しているときに、見かけたらしい。

好意的に見てくれているらしい。

その子は僕の一つ上で、家が近所だから、

保育園から小学校低学年くらいまでよく遊んだ。


記憶がもの凄く曖昧なんだけど、小学校の頃、その子に好感を持たれたことがある。

誇大妄想なのか?と言えばそうでもない。

小学校の頃、その子は僕のことが好きになったことがあるらしい。
町内の子供の集まりのときに、その子と仲がいい子を通して言われた記憶がある。

なんで?そうなったのかもハッキリしない。

その後どうしたのかも記憶がない。

ただ小学生だったし恋愛なんてしらない。

背が高い女だったから嫌だった記憶がある。

思い出すのは彼女が泣いている姿だ、僕も背が高いことを理由によく泣かしていたかもしれない。

オナニーも知らない子供だし、自分よりデカイだけで近寄られるのが嫌だったんだと思う。


小学校6年時にその子が中学生になって、僕が歩いて向こうが自転車で通ってすれ違ったときに
「スーちゃん、中学校で待ってるよ」言われたのハッキリ覚えている。

小学生ながら、その言葉の意味は何なんだったのかな?と考えた記憶はハッキリしている。

それ以来は会話はしていない。

20年近く面と向き合ってないんじゃないかな。


その子は今は結婚もしている。

職業は立派な小学校の教師になった。

子供が生まれて一時的に実家に帰って来ている。

家に遊びに来るように言われたけど、どうかな?


向こうは立派な女になっているし、正直今何を話していいのかわからない。

普通にしていればいいんだろうけどね。

緊張するね。


せっかくだから、巡業から帰って来たら会いに行ってみよう。

綺麗になったらしい。

いい女になっていたら、本気で口説いてやろうと思う。

なんてね~
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。