--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-04-24

1年

台湾人の彼女と付き合って今日で1年。

まぁよくこんな男と1年も付き合ってくれたよ。

よっぽど忍耐強いか、馬鹿か、もしくは大変人か。

考えてみると不思議だ。

もしあの時、10秒でも街に出るのが遅れていたら出会わなかったかもしれない。

あの時彼女を狙ってナンパした訳じゃない。

2年間付き合った彼女と別れて、半場やけくそに声を掛けた。

別に誰でもよかった。

2011年 4月24日(日)
スーサン「こんにちは、可愛い靴ですね」
彼女  「… 」
スーサン「今日お買い物に来たの?」
彼女  「はい」
スーサン「この近くに住んでるの?」
彼女  「…はい」

この時「はい」のトーンが違った。

スーサン「外国の人?」
彼女  「そうです」
スーサン「何処の国?」
彼女  「台湾

それこそ最初は滅茶苦茶警戒していた。
しばらく雑談をした。

スーサン「せっかくだからお茶でも飲もうよ」
彼女  「いや、それはちょっと」
スーサン「大丈夫だよ、宗教の勧誘したりしないから、純粋に話したいだけ」
彼女  「じゃぁちょっとだけ」

そのままお茶して、カラオケへ行って、家に来てお好み焼きを作って、エッチをした。

3回もした、手帳の日記には最高に気持ち良かったと書いてあった。

それが今となっては…


この出会いで全てが変わっただね。

1年前の自分は、台湾に行くことなんて想像すらしてなかった。



人生何があるかわからない。



ナンパで人生変わるんだね。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。