--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-04-20

共同体

今日はケント君と都内で会った。

会う前に少しだけ声掛け、特に何もなし。

ケント君と会って、後からケント君の名古屋時代の友人のAさんも来られた。

3人で居酒屋へ 話が弾んで気づいたら7時間程喋っていた。

居酒屋を出てから、ケント君の提案でカラオケに行ことになった。


カラオケ屋に入出

高校の頃に地元の友人とよくやっていたカラオケナンパを思い出した。

社会人になって男同士でカラオケに行く機会がなかったから、カラオケナンパの存在を忘れていた。

ナンパするつもりはなかったけど、

せっかくだから、カラオケナンパを久しぶりにやってみることにした。


一組目 3人組
スーサン「こんばんは、楽しんでる?」
女性  「なんですか?入って来ないで下さい!!!!」

そのまま退出。


2組目 2人組
スーサン「楽しんでる?」
女性  「え、何、何?????」
スーサン「ごめんね、歌ってるとこ邪魔しちゃって、続けて歌ってていいよ」
女性  「超最悪なんだけど(笑)」
スーサン「(歌)一番いいところだったみたいだね」

そのまま3人とも女の子の隣に座った。

KAT-TUNのLIVE帰りの子達。
しばらくトークして、一緒に歌ったりと一時間位その部屋にいたかな。

女の子にアプローチを掛けたけど、全く反応がなかったので一旦退出。

一旦自分達の部屋に戻って一服しながらマッタリと雑談。


続き…

3組目 3人組
スーサン「どう、楽しんでる?」
女性  「え、なんですか?」
スーサン「サプライズゲストの登場だよ」

3人とも女の子の隣の席へ座った。

一人寝ている子が居た。
スーサン「ごめんね、起こしちゃったね、そのまま寝てていいよ」
女性  「すいません~他の場所へ行ってください!」

やんわりと断られたので、退出。


4組目 2人組
スーサン「こんにちは、楽しんでる?」
女性  「… 」

3人とも女の子の隣の席へ座った。

寝ている一人の女性が起き出した。

女の子達は「…」ポカーンとしているけど、

お構いなしにトークを続けて、カラオケを歌う。

それからお互いに歌を歌う。

寝ていた女の子が憑依されたかのようにマキシマムホルモンを歌ったのには驚いたね(汗)


カラオケボックスの閉店の時間になり、退出


久しぶりに目茶目茶楽しかったね~。

たまには仲間と一緒にナンパするのも楽しいね。


昔は地元の友達とナンパをやっているときは、自分が頑張っている意識があった。

地元の友人が駄目なときはとにかく「俺が頑張ってやらなきゃ」って強い意識があった。

でもこれは違うんだと気づいた。


今回カラオケ屋で声を掛けたのが僕だけど、

楽しく居酒屋で飲んで、3人の「共同体」が出来た。


居酒屋がつまらなく「共同体」ができていなければ、

カラオケには行かないで、そのまま真っ直ぐ帰っていただろう。

3人で一緒にいて楽しいから終電後も居酒屋に居たし、その後カラオケにも行った。


居酒屋の時点で「共同体」が出来ていたんだ。


これは誰が声を掛けたとかではなく、3人の「共同体」がそうさせたのだと思う。

居酒屋の延長線上でカラオケナンパの現象が起きたっていうのが正しい。


僕は今回色んな気づきがあった、ケント君やAさんも得るもや気づきがあったと思う。

そうやって共同体というものができて、物事は広がっていく。


地元の友人とやっていたときも、「誰が一番頑張った、声掛けた」とかじゃなくて、

「共同体」が出来ていたから、楽しくナンパ出来たんだと思う。


言葉だったら説明できるけど、文章で説明するのは難しいね。

文章だと上から目線に感じるけど、そんなつもりはないからね。

今回2人のお陰で、パートナーと一緒にやる上で大事なことに着目することができたよ。

これはナンパ以外のことでも言えるよね。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。