--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-03-11

あれから一年

震災からちょうど一年が経過した。

一年前…仕事中に大きな揺れを感じ、すぐに外へ非難した。

外に非難して隣にいた外国人に「大丈夫?」と声を掛けた。

その一言のキッカケで仲良くなり、新たな出会いへ発展していった。

その外人さんはカナダに帰国したが、今でもskypeで連絡を取り合っている。

因果なものだ。

3月11日に大阪の当時付き合っていた彼女が東京へ来る予定だった。

飛行機は当然欠航で来られず、翌日1日遅れで大阪から来ることになった。

街中から食材が消え、計画停電で街の電気が突然消えたことは記憶に新しい。


津波の映像を見たとき、この平和な日本にこんな現実があるのかと目を疑った?

人間とは傲慢もので、地球が人間中心に動いているものだと錯覚してしまう。

人間は地球の生物の一部だ、共存する制約も何もない。

人間(社会)の法則、国や文化によって違う。

男、女
高学歴、低学歴
頭がいい、悪い
性格がいい、悪い
ナンパをする、しない
カッコいい、カッコわるい

地球からみたら何も関係ない。

天災等、区別することなく全て飲み込んでしまう。

世に出回っている価値感は人間が生み出したものだ。

ナンパがよくないというのも人間の価値感。

地球の法則からみれば何も関係ない。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。