2012-02-26

東京…

先週用事のついでに、

先月まで僕が住んでいた東京の街へ行った。

この街はとても賑やかで物で溢れている。

人も多いし、ナンパもしやすい。

アクセスもいいし、住むには最適だった。


僕が住んでいるときは、

週2回は大好きなラーメン屋へ行っていた。

ラーメンを食べた帰りに近くのブックオフへ寄っていく。

大好きだったこの街。

憧れだった東京…


久しぶりにこの街へ来た。

駅前でナンパをした。

ナンパ後ラーメン屋へ行ってから、

ブックオフで本を読んだ。

それ以外は特に何もすることがなかった。


ライさんが言っていた。
「邁進しきった東京の先には何もなかったよ」

ケント君も言っていた。
「東京はナンパをするならば住むべき街、ナンパしないなら住む価値のない街」

知り合いも言っていた。
「東京は遊びに行くところで、住むところじゃないよ」

この言葉の意味が東京を離れてみて、本当によくわかった。

この街の思い入れはナンパとラーメン屋だけだったんだな。

物資に溢れて便利だけれども、しょせん物は物だ。

思い入れは少ない。


みんなが憧れる街 東京…

その先には何があるのかな…?


見えない東京の闇の中にある一つの欠片

それはナンパだと思う。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る