--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-01-19

2011年を振り返って

引越しも終わってようやく落ち着いたスーサンです。

台湾の日記も徐々に更新して行こうと思います。

仕事を辞めてからはやりたいことが多いので忙しくバタバタしております。

4月までは千葉の実家でゆっくりします。


2011年を振り返ってみると色んな出来事がありました。

そして色んな場所へ行きました。

栃木、群馬、茨城、愛知、大阪、和歌山、兵庫、山形、宮城、鹿児島、宮崎

12月の締めに台湾へ

去年の4月に結婚する予定だった
ナンパで知り合った大阪の彼女と別れて、ひっそりとこのブログも再開しました。

最近は色んな人が見てくれているらしい。
クリリンにはブログを再開したこと伝えてなかったけど、ブログ見てるよと連絡くれた。

ありがたいことだよね。

2011年も沢山の出会いがあれば、別れもありました。
ナンパした彼女との別れ、職場の人との別れ。

去年の4月にお別れした、大阪でナンパで知り合って約2年間付きあった彼女とのことを書こうと思います。

この子とは2009年の3月に大阪へ遠征したときに付き合いました。

その後は順調に続いていたけれど、2010年7月に一度別れました。

性格が凄く良かった子だったので別れても心にシコリが残る日々が続いた。
ナンパですぐ新しい彼女は見つかったけれど、大阪の彼女のことは忘れられなかった。

そして年が明けて、2011年に彼女に思いを込めて年賀状を書いた。

その後、大阪の彼女から気の利いたイラスト付きの返事が来て胸が熱くなった。

それから数日後に彼女の携帯に連絡をした。

電話に出てくれるのか?この時は高校生に戻ったようなドキドキ感。

無事に電話に出てくれて、気がついたら2時間も話し込んでいた。
彼女は僕のmixiの日記をバレないように度々チェックしてくれたらしい。

気がついたら、再び僕は彼女に熱い思いを抱いていた。

こんないい子にはもう巡り会えないよな?再び連絡を取り合えたのは運命かもしれない。

ここから毎日のように、彼女と連絡をとる日が続く。

しばらくして彼女は大阪から僕の家まで駆けつけてくれた。

それから、夏に彼女が仕事を辞めて実家の大分に帰る話を聞いた。
実家に帰るんだったら、東京に来て僕の住んでる家で一緒に暮らそうということになる。

最初は一緒に暮らす話だけだったけど、それから徐々に進展し結婚という形になった。

7月に籍を入れようと話になり、向こうの親に会いに行く段取りを組んだ。

そして4月に大阪へ行き、彼女と会うが様子が少しおかしかった。
殆どが僕が原因だけどケンカも多い、このまま結婚してホントに上手くいくのかなと正直に感じた。

大阪へ行ってから一週間後に彼女から、やっぱり別れようと言われた。

別れた原因はやっぱり僕とは合わない、結婚は出来ない。

大阪の彼女「もうこの先スーサンと一緒に付き合っていくの無理やわ、だから別れよう」
スーサン 「あっそ、今までこの2年間はなんだったの?」
大阪の彼女「…もう結婚しても私は絶対に無理、我慢ができない、だからもう東京に行かない」
スーサン 「あっそ、好きにすれば…」

僕もこのときばかりは感情的になってしまい、彼女を責めてしまった。

大阪の彼女「今までありがとう」
スーサン 「…」
大阪の彼女「電話切るよ」
スーサン 「…」何も喋らなかった。
大阪の彼女「さようなら… プツッン ツーツー…」

この時点ではこんなにあっさり別れるはずなんてないと思った。

本当にこれで終わったのか?え、こんなにあっさり終わるものなか?

ため息がぐずれ落ちた、終わったんだ~!

ごめんって謝ろうと思った、でも謝っても結果は同じことはわかっていた。

僕は気持ちを落ち着かせる為、数時間休んで、部屋を整理してすぐに街に飛び出した。

その時にやっぱりナンパしかないなっと思った。

そのときに出会ったのが今の台湾人の彼女。

はじめは付き合うつもりもなかったが、お互いの魅力にどんどん好かれていき付き合うことになった。

台湾人の彼女と付き合ってしばらくしてからも、大阪の彼女のことは忘れていなかった。

しばらくして彼女のブログを除いていたら、新しい彼が出来て大阪に残ることにしましたと書いてあった。

これを見て本当にあ~終わったんだなと思った、悲しいな~

僕は彼女から卒業しなければいけない。

あのまま結婚していても、絶対に上手くいってなかった。
僕自身もなんとなく流されて結婚しようと思っていたから、上手く行くはずがない。

あの別れが自分の人生の分岐点になっていた。

悲しみを乗り越えて、次第に彼女に対して感謝の気持ちが生まれるようになった。

彼女がいてくれたから、今の自分がある。

今考えると別れて本当に良かった、そこから新たな出会いが沢山あったから。

別れがあったからこそ、新しい自分ともめぐりあえた。

もし結婚していたら、台湾に行くこともなかっただろうし、
仕事も辞めてなかっただろうし、人生の片道フリー切符を手にすることはできなかった。

きっと海外に行くこともなかったと思う、自分のやりたいこともできなかったと思う。

出会いは別れの始まりと言うけれど、

出会いは卒業までの道のりで、別れは入学の始まり。

ナンパがあったからこそ、卒業も入学も出来たし、色んな経験をすることができた。

これからも彼女に対して感謝の気持ちを忘れず、
これから出会う人達の感謝の気持ちを胸に生きて行きたいと思う。

2012年も楽しくやろう。

海外でもナンパをしようと思う。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。