--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-12-26

素晴らしき台湾 その4

台湾3日目

朝、彼女の父親と2人きりの状態になった。
話せないし、どうしていいかわからない。

沈黙が続く…貧乏揺すりがとまらない。
隣に目を向けるとお父さんも貧乏揺すりをしていた。

新竹から台湾の首都台北へ

新竹の駅は日本の侵略時代に建てた建物
iphone_20120119204252.jpg
台湾には日本が侵略時代に建設した建物を文化財団にして大事にしている。
そういった建物が至る所にある。

台北で彼女の姉と、姉の彼氏と合流

彼女のお姉さんが気をきかしてくれ色々なところへ連れてってくれた。

だけど、言葉が全く通じない…

台北から少し離れた山奥へ
九分という観光地で千と千尋の神隠しの舞台になった場所らしい。

f0065556_020371.jpg


台湾のバスは本当に怖い。
山道の急カーブをアクセルを踏みながら曲がる。
立ってるのがやっとで吹っ飛ばされそうになった。

バス乗る前に運転手に中国語で怒鳴られた。

彼女に翻訳を頼むと「何で手伝ってやらないんだ!」言っていたそうです。
僕の前にお年寄りが荷物をバスに運んでいました。

台湾では年上を大事にする風習がある。

お姉さんの彼はオタクで日本の漫画とゲームのことは何でも知っていた。
くにおくんっと行っても通じず、漢字を携帯で熱血宏派と入力して見せたら一発で理解した。

台湾でも漢字で別の読み方で表記されている為、
ドラゴンクエスト、ファイナルファンタジーと英語で言っても通じない

中国語で読み方が全く異なる。

ストリートファイターの話題になり、
言葉が通じないので、ガイルのモノマネをしたら大笑いしていた。

台湾にストリートファイターのモノマネ芸人がいるんだとか。


言葉の壁が多く疲れたけど、いい経験になった。

中国語をもっと勉強しなきゃいけないな~

言葉の壁を実感した一日であった。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。