--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-10-30

学際デート

英語の勉強を始めましたスーサンです。

今日は以前久しぶりの千葉でナンパしたSちゃん
に女子大の学際に誘われて行ってきました。

学際といえば以前、何回かナンパしに行ったことがあります。

デート中なので当然ナンパはしませんでしが、
大学の雰囲気を見てやりずらそうだなと感じました。。。

学際に行ってみて、
僕は改めて駅で暇な子をナンパするのが一番好きだと思った。


Sちゃんと広い学園内を3時間位回ったかな?

お陰でヘトヘト…

3時間歩いてピンピンしてるSちゃんは、やはり若いな。


午後からモデルとして参加している
Sちゃんの友人のファッションショーを観に行く。

学生の手作りのファッションショーだったが中々良かった。

ファッションショーが終わった後、
モデルとして参加していたSちゃんの友人が挨拶に来る。

スーサン  「こんにちは」
第一声Sちゃんに抱きつきながら、
Sちゃん友人「Sちゃんは絶対に渡しませんよ!」
スーサン  「アハハ…」
Sちゃん友人「冗談ですよ、ただこの子凄く真面目な子なんで大事にしてあげて下さいね!」
スーサン  「あ、はい…、アハハ…」

Sちゃんの友人の瞳は確実に僕を疑っていた。

周りから見たら、どう考えたったて不釣合いだろうな。

Sちゃんは童顔だから、見た目が高校生だからね。。。
疑ってみるのが当たり前だろう。


その後は学際を出てから食事を済ませて、
歌うことは一切なかったがカラオケボックスへ。

少し休んでカラオケボックスでキスをした。

そのまま僕の手がSちゃんの体の下に行く
スーサン「エッチしたくなっちゃたよ」
Sちゃん「やらないよ」
スーサン「何で?男と女だったらセックスするでしょ?」
Sちゃん「やらない、まだ早い」
スーサン「遅い、早いは関係ないよ、俺は今エッチしたいんだよ、繋がったら凄く気持ちいいよ」
Sちゃん「いや、やらない」

この辺で止めておきました。
この子はエッチの経験がありません。

処女って響きがいいようだけど、凄く重い。

僕の生涯で処女は2人。

一人目は高校生の頃に童貞を紛失させて貰った一つ下の子。
最初は指一本入れてもキツく、イザ挿入しても彼女のあそこがキツ過ぎて
自分のチ○ポ痛くて動かせなかった。

2人目はナンパした子
入れた瞬間に「痛い!!!!!」と言われ即終了。

Sちゃん「私はエッチしなくても、このまま抱き合っているだけでいい」
スーサン「そうか、じゃぁそうしていよう」

そのまま抱き合ったまま寝てしまった。

処女って女の子にとっては大切なもんだろうな。

お別れしてから、本当にやらなくて良かったと思った。

それにしても相当疲れた。。。

偏頭痛がおきた。

こんなに疲れたのは久しぶりだ。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。