--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-10-10

仙台のRちゃんと2回目のskype

今日は仙台のRちゃんと2回目のskypeしました。

skypeする前に情報収集に彼女のアメーバのブログを読んだ。

可愛らしい童顔の彼女からは考えられないようなことが日記に書かれていた。

殺したい…
散らしたい
ぐちゃぐちゃになっちゃえ…
人って食べたら絶対美味しいと思う…

多重人格だと聞いていたので、
こーゆう性質もあるだと思いました。。

skypeをして話の途中で、急に誰々ちゃんが?とか
僕の知るはずもない子の話をしたり、今日はちょっと様子がおかしかったな。

会話の中でわかってきたのが、
この子は子供の頃から自分の感情を全て抑えこんで来たということがわかった。

喉が渇いている時に、目の前に水があっても
「水が飲みたいと」ハッキリ言えない子だな。

skypeの会話
スーサン「Rの声聞いてると興奮するよ、勃起してきたよ」
Rちゃん「…」
スーサン「興奮するなんて言われた嬉しくない?魅力的な証拠だよ」
Rちゃん「うん…」
スーサン「キスもしたいね」

沈黙するRちゃん。

スーサン「これが僕の素直な気持ちだよ。」

スーサン「僕はRが好きだよ、人から素直にこう言われると嬉しくない?」
Rちゃん「嬉しい…」
スーサン「Rが僕のこと好きって言ってくれたら、嬉しいよ、素直になってごらん」
Rちゃん「恥かしく言えない…」
スーサン「大丈夫だよ、自分の気持ちを言えるって素敵なことなんだから」
Rちゃん「うん…」

Rちゃん「好きです…」
スーサン「ほら言えるじゃん、俺嬉しいよ!自分の気持ちが素直に言えて嬉しくない?」
Rちゃん「嬉しいです。。。」
スーサン「スッキリした?」
Rちゃん「よくわからないです」
スーサン「でも一歩前に進んだね」

こんな感じで終わりにしました。

彼女に必要なのは、「目の前の水が飲みたい」って言うことが大切だと思う。

彼女を騙していて不謹慎なようだけど、自分のやれることを試してみよう。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。