2011-09-19

鹿児島

朝9時に鹿児島空港へ到着

空港で九州在住の弁天桜さんとお会いする。

弁天桜さんは過去のブログに度々長文のコメントをくれた難聴のお方
かれこれ出会ってから、2年以上の付き合いになる。

ブログを書いていない間も交流は続いていました。

感覚で全て話す弁天桜さんとは、今まで幾度も衝突がありました。

衝突をする度に、連絡が途絶えたりもありましたが、こうして関係が続いてます。

空港から鹿児島中央駅まで、お互いの近状を筆談でやりとし、鹿児島中央駅へ到着。

iphone_20110922215541[1]_convert_20110923224906

鹿児島中央駅へ着いてから早速声掛け!

10人程声を掛け
スーサン「こんにちは、可愛いバックですね」
女の子 「あ、はい…」
スーサン「今日東京から来たんですが、どこかオススメのスポットはありませんか?」
女の子 「天文とかはど~ですか~?」
スーサン「せっかくなんで良かったら、思い出作りにお茶してくれませんか?」

みんな鹿児島訛りでした。

僕は声掛けをしつつ、立っているだけの弁天桜さんの背中を押す。

少し疲れてきたので、弁天桜さんとベンチで少し休憩をとることにした。

休憩を取りながら、弁天さんと再び近状を話した。

弁天さんは話している最中に間違った知識を僕に伝えた。

スーサン「アナタは間違った情報を伝えていますね」
弁天桜 「いいえ、僕は間違っていません」
スーサン「いいえ、どう考えても間違っています」
弁天桜 「いいえ、これは事実です」
スーサン「いいえ、これは事実ではありません、僕はこの話には人一倍詳しいのです」
    「あなたはネットで調べた情報を表面だけ鵜呑みにして、正しくない情報を僕に伝えています」
弁天桜 「僕は間違っていません、これは事実です」

ふ~、またこの人の悪い癖がはじまったか…

僕は弁天さんが伝えた情報を1~10まで全て説明しました。
それでも弁天さんは自分の間違いを決して認めようとしませんでした。

過去にこんなやりとりを何十回もしました。

まぁしょうがないな。

今までの僕は、こーゆうことは相手が納得するまで
絶対に折れませんでしたが、大人になったのかな…

この人こーゆう人なんだということを自分で理解するようになりました。。

人にはそれぞれ欠点があり、完璧なんていません。

弁天さんは弁天さんなりにいいところが沢山あります。


そして…再び活動しますが、

何人かやっている間に、極度の睡魔が襲ってきました。

この地で女の子との思い出を作ろうというよりは、
今休みたい気持ちが強くなってしまった。

凄く反応が良かったので、続けていれば女の子との思い出が作れたかもしれません。

ただ、疲れて無理してやってもな~と思い鹿児島では一時中断

その後は弁天桜さんと鹿児島名物を食べたり、
観光したりプライベートな時間を沢山過ごしました。

生憎曇っていて桜島はよく見えなかったけど、臨場感がありました。


弁天さんとお別れして宮崎へ向かう。


鹿児島では少ししか出来ませんでしたが、
田舎だと思っていましたが、栄えたいい街でした。


宮崎駅でやってみようと思ったが、、

台風の影響で電車が徐行運転で大幅に遅れ、
鹿児島から宮崎まで5時間もかかってしまった。


そのまま宮崎のホテルへ入り、就寝

良い一日だった。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る