2011-08-10

相談ごと

トイレの神様を最近知ったスーサンです。

今日はナンパしようと思ったのですが、

昨日の疲労が残っていたため、

一日何もせずに廃人状態になっていました。

ここ最近、確実に体力が低下しているのが、目に目えてわかります。


今日の昼、地元の友人から連絡が入る。

深刻な相談ごとだった。

その友人は先日、自分の夢である職業に就職したが、

職場の体質が合わず、職場の偉い人に酷いことを言われて仕事を辞めてしまった。

彼女や家族に対する罪悪感、何年も掛けて培ってきた夢の崩壊

その友人はあまりにも強いショックで病院へ行き精神安定剤を飲んだ。


相談をのっているうちに自分までも負のエネルギーを受けているのがわかった。

話を聞いているうちに、まるで自分がその友人と同じ状況に置かれているかのような感じになった。

ここは負のエネルギーを受けていけないと思い、

一旦深呼吸をして、電話ごしから友人との一定の距離感を保った。


そう友人はもの凄く気が弱くナイーブ、その友人の会社はチョー体育会系

冷静に考えてもその友人には合わない職場だ。

その友人は僕以外の他の友達にも相談したが、
「お前は、なんでそんな簡単に夢を諦めるんだよ」
「お前は男じゃねえよ、なさけねぇ~ 根性がねぇんだよ!」

と一喝され余計にヘコんでしまった。


僕は友人に自分を肯定することをアドバイスした。

「そこは辞めて100%正しい道を選んだだから正解だよ。」
「辞めたことは間違ってないよ。」
「自分のあった道はそのうち見つかるよ、今はそのタイミングじゃないだけだよ」
「焦らずにゆっくり歩いて行こう。」


磁石のS極とN極があるように合わないものは合わない。

01028[1]

感情論や根性論での考えは何も解決にならない。


数時間後に友人から自分の考えているモヤモヤが吹っ切れて元気になった、

本当にありがとう、スーサンは俺の本当に性格を理解してくれて嬉しいととメールをくれました。

その友人にはピタリとハマル職場を見つけてほしいものです。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る