--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-09-12

空白の2年編 その2

2010年 4月某日

実家に帰省し、実家の最寄駅から津田沼に帰る途中のこと

電車に1分乗り遅れ、約1時間電車を待つことになった(  ̄っ ̄)ムゥ

イライラしながら、時間を潰すためにドンキーホーテへ行った。

そこでネクタイを見ている男性外人が居たので、
幼稚園レベルの英語で話しを掛けてみた。

スーサン「your handsome boy]
外人さん「ありがとう~、ニホンゴ話せますよ!」


名前はボブ

宮崎に10年住んで、今日こっち引越してきたばっかりだった。

流暢な日本語を話すボブ。

今度遊ぶ約束をして、連絡先を交換して別れた。

後々話を聞くと、ボブの家は僕の実家から歩いて10分位のところですぐ近くだった。
10年間、宮崎で中学校の英語の先生をやっていたので日本語は堪能。

後日ボブとは自分が地元で開いたBBQに呼んだり、

ボブのホームパーティーに呼ばれたり、クリリンと交えて3人で遊んだり、

瞑想を教えてもらったり、ボブ邸でベジタリアン料理をご馳走になったり、

ベジタリアン料理をご馳走になったとき、肉を使わない料理がこんなに美味しいものだと思わなかった。


ボブとはお互いに交流をどんどん深めて行った。

ボブの世界観の広さや考え方に僕は大きな影響を受けた。

ボブに出会うのと出会わないのとじゃ、人生が大きく変わったであろう。。。

そのくらい、ボブには感銘を受けた!



ボブに後から聞いた話だが、「僕に声かけられたとき、僕のことをゲイがと思ったらしい」


ボブは僕の人生で大きく影響を受けた一人。


ボブは今年の2月に仙台へボランティアへ行き、その後はピースボードで世界一周の旅へでました。

しばらく会えないけれど、またいつか再会できる日を楽しみにしている。

ボブに紹介してもらった人達と今でも仲良くさせてもらっています。


声を掛けたからこそボブというとってもイカした友人に会うことができた。

ナンパは女の子だけにとらわれる必要はないと思う。

何事もそうだけど、自分からアクションを起こして行く事は大切だね!
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。