--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-12-05

「念」の世界

抽象的だけど「念」というものは存在すると思う。

超能力等は抜きにして「念」は存在する。


自分の思いを実現に向けて神経を集中して思いを込める。
思いの「念」を込めた分だけ成功への近道となる。



ナンパにおいても

いけるな!って考えてやるのも
むりだな!って考えてやるのでは雲泥の差がでる。


むりだなって思いながらやると、瞬間的にも相手はネガティブな周波を察知する。
このむりだな!ゾーンに突入してしまうとナンパはまったくうまく行かなくなる。


この、むりだな!ゾーンで大抵の人は諦めて辞めしまう。

逆パターンでいけるなって思いながらやると、瞬間的に相手はポジティブなオーラを察知する。
まぁナンパだからうまくいくとは限らないが、楽しんでやっている人程うまくいくのは間違いない!

結果を求め、数値だけに拘るとうまく行かなくなり、何れは破滅へと向かう。


日常生活に例えると
この人苦手だな、なんか好かないなって感じていると、相手も自分のことを好いてないことが多い。
言葉に出さなくとも、自分の抱えている否定の「念」は相手に伝わっている。



人間には目には見えない「念」のやりとりがある。

相手に否定の「念」を送れば、否定の「念」を相手は察知する。

相手に対して感謝の「念」や敬意の「念」を送れば相手はそれを察知する。


抽象的だけど人間の知らない目の見えない世界があるんじゃないかな!

自分なりの考察。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。