2009-10-10

みちのく一人旅

韓国焼肉にハマっているスーサンです。

最近著しくナンパに対する気が減退してしまったので、歯止めを打つ為に活を入れて都内へナンパしに行きました。

自分の内面に色々なエゴが固まって来ているので、取っ払って自身を取り戻すたい。

今日の流れはこんな感じ。
有楽町駅→慶應義塾学際(浜松町)→都内大型駅

久しぶりにストリートの感覚を取り戻す為に有楽町駅でナンパしました。
5人目くらいで連絡先交換。
その後は「う~んナンパって楽だな~」お調子にのる始末。

その後浜松町駅から徒歩10分の慶應義塾学際へ
小規模な学際でした、3人程声を掛けたがみんな反応が優しい。

学際はキッカケが掴みやすいんでトークが非常に楽ですね。
どっか面白いとこあります? オススメどこ?」これだけで会話が展開できる。


その後は大型駅へ
今から約1年前にアイズさんの講習を受けた街、懐かしいな~。
講習会をやった駅前で30人位に声を掛けるがまったく反応得れず…

洗礼ですね~

思ったことは
東京に行ってもナンパしか他にすることが思い浮かばない俺って「ナンパしか能がない男」だと感じた。
ナンパバカ一代だね。

気づいたこと。
ナンパの答えは「声を掛けるか掛けないか
効率とかパターンもあるけど、最終的な結論はこれだと思う。
声を掛けたものが勝利する。

ナンパは地道な作業。
同じことをただ、淡々と繰り返すだけなんだと思う。
スポンサーサイト