2009-08-31

プロ意思 その1

尊敬する人の言葉、プロ意識について。

ナンパとは関係ないのですが、興味深い記事なので掲載します。

たとえば、以前いたスタッフに「こんなものを用意してほしい」って頼んだら、しばらくして「ありませんでした」って言われたわけです。「ドンキにもハンズにもなかったで、ネットを調べたんですが、ありませんでした」って。驚きました。

まがりなりにもクリエティヴの世界に足を踏み入れているというのに、どこかに売ってなければ、それは、この人の中で、ないってことになってしまうんだと。なければ作ろうっていう発想がまるごとないわけです。でも「ありません」「できません」で止まってしまったら、そこで話が終わってしまいますから。

だって我々はプロなわけですから。もし仮にできないことがあったとしても、言い訳をするんじゃなくて代替案を持ってこなければいけないんですよ。それは妥協案じゃななくて代替案。与えられた予算なりの状況の中で、いかにしてベストを尽くすのか。そういう努力なしに人を感動させられるものなんて、僕は絶対に作ることができないと思うんです。
スポンサーサイト