--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-08-13

300人声掛け その3

200人超えたあたりから

声を掛ける気力がなくなった…

平行トークが出来ない…って言うよりは追いかけられない…

横について馴れ馴れしく声を掛けることなんて出来ない…
ナンパなんか出来ないよ。

でも、ここで諦めたら俺は後悔するんだろな~
だからここで諦めることなんて出来ない。

今ここでやるしかない…とりあえず今出来ることに集中しよう。
道聞きしよう。

このあたりから精神状態がおかしくなってなってきた。

ご存じの通り自分の世界に入り込んで自分で相当なプレッシャーを勝手にかけている。

ボストンバックを3つも引いている子に声掛け。
「重そうですね~、手伝いますよ~」と紳士に振舞うが「結構です~」と冷たくボストンバックを早く引き始める。

離れてから「ブス、ブス、ブス」と一人言を呟く…

続けて道聞きするが…ムシ、ムシ、ムシ。
なんなんだよ~、この街は道すらも教えてくれねぇのかとだんだんイラだってくる。

離れてからブスから変換し「死ね!死ね!死ね!」と呟く…

ブスから死ねへと変わった…

こりゃダメダ~、この前と一緒で休むもうかと思ったがもはや時間がない。

自己険悪に陥る自分、これじゃあもうリタイヤだ。


ネガティブな言葉は増大する。
日常生活でも小さいマイナス言葉から、大きいマイナスな言葉へと変わって行くんだ。

そして一度頭を冷やして「死ね」→「ありがとう」に変換した。

歩きながら、自分の中の憎しみを「ありがと、ありがと、ありがと」と言いながら歩く…

「ありがと、ありがと、ありがと」ブツブツと独り言をボヤキながら~

そして決して楽な道のりではなく地道な作業を繰り返し250人達成。

で一度夜ごはんを食べました。
ごはんを食べている間、頭を抱えながら食べていたと思う。

ご飯を食べた後、再び地道な作業を繰り返す。

299…最後は外人女性に声を掛けました。
「ハロー、ユーアービューティフォー、ナイストゥーミートゥー」

もの凄い屈服のない笑顔で握手してくれた。

300人到達した瞬間は何の実感もなく案外普通だった。
嬉しい感覚も、やり遂げた感覚も何もなかった。

前回の覚醒状態も現れなかったし、あれは俺の幻覚だったのかもしれないね。

買ったばっかりのオニューの靴が2cm位磨り減りました。

とにかく、疲れたのでしばらくナンパはやりたくないと思っていたけど、

次の日から道行く度にナンパがしたいようになった。

自分的には何かを得た感覚もない。

良い子は絶対マネしなように~(笑)

思いついた言葉!
成功とは地味な作業を再び繰り返すこと!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。