--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-08-11

300人声掛け その1

今日は300人声掛けの日。
ナンパ休んでいる間に空から降りて来たかのように閃いて「よし!やろう」と決めた。

俺は自分の中で伝説をつくりたんだ~と自意識過剰に程があるアホな企画です。

前に120人声掛けたときの覚醒状態…あの無敵感覚をもう一度味わいたい。
前回はクリリンもいたし仲間がいたからあれだけ声を掛けれた、でも今度は一人でやりたい。
自分一人の力で壁を越えてみたい。

お喋りはよしとしてさぁ~始めようか~

ナンパにあーだこーだ考えるより、声掛けた方がよっぽど身になる。
ナンパは理論より感覚が重要。

午後1時 日本で一番ガンムシが多いであろうあの街へ
荷物を預けてさっそく声掛け、わかってたことだけど無視が多いね。

オラ!オラ!オラ!と声を掛けても ムシ!ムシ!ムシ!ムシ!ジョジョ風にコテンパンにやられる。

今回はあくまで300人声を掛けることが目的なので、あまり長いトークはしない。
ちょこっと話をして、「話してくれてありがとう」で「バイバイ」連絡先の打診もしない。

カウントは1人声掛けにつき×1、2人組に声掛けたらカウント×2、3人組はカウント×3

トークも特別ジョーダンを言ったり、面白いこと言ったりとネタナンは一切しない。
第一声は「暑いね~」 「何やってんの?」「実家帰るの?」「帰省中かい?」と日常会話がメイン。

50人くらいまでは順調に出来た、無視は多いが体力的に精神的になんとか持ちこたえることができた。

でもそこからがシンドイ…暑くて喉がカラカラで水が呑みたいんだけど
「100人行くまで俺はぜって~水は飲まねぇ~」とストイックになってみたりと、大阪以来の断食ナンパ。

流石に飲まず食わずは体力的にも精神的に辛くなるし、辛いのが表情に出てきて反応も悪くなる悪循環。

笑顔をもらわねば~ なかでも殆どの確立で笑顔をくれるのが外人。
メンズもレディーも「ハロー!ユーアービュティーフォー、ユーアーハンサムボーイ」
と握手を差し出すと大概みんな笑顔で握手を返してくれる、これがもうホントに嬉しいのよ~。

なんて楽なんだろ~、それに比べて日本人はなんて冷たいんだろう~

そしてようやく地道に積み重ね100人にたどりついた。

静かな喫茶店に入りアイスコーヒーを頼んで汗まみれのハットをとってカウンターを眺めた…
「あと、200人か~、でも案外いけそうだな~」

アイスコーヒーを一気飲みして目を瞑り、30分程休んで再び街へと繰り出した。

でも本当の地獄はここからでした…

つづく…




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。