--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-07-18

弁天桜さん

今日は待ちに待った日。

以前から心強いコメントをよくくれた弁天桜さんとお会いする日である。
弁天さんがコメントをくれたのは約半年前。

長文でいつもインパクトあるコメントを残してくれたのでとても印象深い。

弁天桜さんとはちょっと前からチャットでやりとりをしていました。

そこで弁天桜さんが難聴であることを知った。


チャットをしているうちに弁天桜さんが声掛けする際に難聴であることを隠していることを知った。
俺は自分の欠点は隠さないほうがいいと伝えていた。

女の人は感が鋭いから、自分の嫌な部分を隠そうとするとすぐに見透かされてしまう。
特に俺の場合はダメな部分を見せた相手ほど心を開いてくれた。

ナンパを始める前に付き合った子で完璧な自分を演じて、一週間で振られたことがあった…
本気で好きになっていたのでかなり落ち込んだ…このときは余分なプライドがあったからね~

自分の経験的に
俺変態だから~、セックス大好きだよ~、君と話していたら勃起しちゃったよ、舐めるの好きでしょう?
とか普通に言うようになってから女の子がこちらに興味を示してくれるようになったと感じる。

自分が先にちんこをさらけだすことが大事だと思う。

弁天さんはアイズさんの講習会で九州から上京。
俺は講習会の場所に向かいアイズさんと弁天さんとお会いした。

弁天さんは写真でみるよりもイケメンでびっくりしました~。
因みに僕は写真で見るよりイケメンではなかったようです(笑)


そして俺は以前から試そうと思っていたことがあった。
耳の聞こえない世界でのナンパ、筆談ナンパである。

117さんや弁天さんがどのような感覚を体感しているのかを自分も知りたかった。

4個入りの耳腺を買って、外部の音声を一切シャットアウトして自分も筆談ナンパを試してみること。
外部の音声をシャットアウトした瞬間、回りの景色が一層に変わった。

目をつぶると微かに外部の音が聞こえる程度。

恐ろしいことに耳が聞こえないと自分も上手く喋れないのである。


あれこら考える前にさっそく試して見た。

筆談で
すいません、僕の難聴なんですが、今目の前を通ったお姉さんが奇麗な人だと思いまして声掛けちゃいました。

そのまま1人目素通り、2人目素通り、3、4、、、5

6人の女性に試したが、まったくもって話を聞いてくれない…

へたれな俺はもう気が滅入ってしまった…

改めて117さんや弁天さんの凄さをしりました。

声掛けしてこんなに凹んだのは久しぶりだな~

そしてアイズさんに残りの耳腺をお渡して一緒にやって頂くことにした。

再び筆談でやる。
先ほどと同じように筆談でアイズさんと2人組の女の子に声掛け。
僕たちサークルの手話仲間なんですよ~。

アイズさんを中心に筆談のやりとり繰り返す。
2人組の女の子はちょこっとだけ話を聞いてくれた。
唯一筆談のやり取りが出来たのはこれだけ。


アイズ 「今までとはまったく違った世界ですね~」
スーサン「ホントにその通りですね~」
アイズ 「117さんはホントに凄い人だ~」

そしてアイズさんは耳栓をつけたまま躊躇することなくATに励んでいた~
流石だな~あのバイタリティー

そしてアイズさんは小柄な女の子から筆談で連絡先を交換していた。

アイズ 「無事に交換出来ました~、思わず喋ってしまいそうになりましたよ~」
スーサン「流石ですね~、僕はもう気が滅入ってしましたよ…」

その後弁天さんは自分から率直に声を掛ける。

弁天さんは筆談で奇麗な女性にアタック。

僕とアイズさんは離れて見守る、長い時間…筆談でやりあっている様子…

そして…

どうやら無事に連絡先を交換したようだ~。

弁天桜さん(祝)初めての連絡先交換です(^◇^)
3人で握手を交わしました\(^o^)/

アイズさんの熱弁の指導力の成果だと思います。
アイズさんは凄いお人です。

弁天さんの嬉しいそうな表情が何より自分も嬉しかった。

弁天桜さんは他の誰よりも凄い勇者です。


明日に続く…


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。