2008-09-02

ナンパを続ける方法!

昨日のガンシカから傷が癒えないスーサンです。

忙しい社会人、又は学生が毎日続けられる上級者になる為のナンパを考えました。
ナンパの上級者になるには1日1回ナンパをすると良いと言いますが、実際は厳しいものがあります
初心者では地蔵になってしまい、まず無理でしょう。
1日1ナンパは上級者のテクニックです。

社会人は忙しいので平日中々ナンパは出来ません。
私は仕事帰りによくナンパするのですが、スーツの為キャッチかホストに勘違いされ、女の子達は中々足を止めてくれません。

そこで忙しい社会人でも毎日ナンパを続けられる方法を考えました。
ナンパと言うよりナンパトレーニングです。
そのトレーニングは「1日1ナンパ」ではなく→「1日1尋ね」です。
簡単言うと1日1回何か女の子に聞けばいいのです!

例えば、
「駅にはどうやって行けばいいのですか?」
「この電車は何時発射ですが?」
「すいません、時計持ってないんで、今何時ですか?」
「この辺にどこか居酒屋はありますか?」

最初はかなり抵抗があると思いますが、徐々に「声掛け」の感覚を掴んで来ます。
TPOに沿った尋ね方をすれば、ナンパと違って女の子は抵抗なく答えてくれると思います。
現に僕はナンパトークで「この辺にどこかおいしいスイーツのお店ない?」と聞いてバンゲしたことがあります。

ナンパは全て「声を掛け」ることと「?」から始まります。
「今から、お茶しない?」
「今、何してるの?」
「携帯番号教えて?」
ナンパした子を誘う時必ず「?」がつくのです。

体の柔軟と一緒で、休日のみナンパするより、この「1日1尋ね」を続ける方が、
ナンパスキル上達すると思います。
ナンパはとにかく沢山の人に声を掛けることが大事なのです。
「1日1ナンパ」「1日1尋ね」両方とも「声掛け」には変わりないんです。

ナンパは「ジョギング」で、道尋ねは「準備体操」と考えます。
不定期にジョギングする人より、毎日準備体操している人の方が遙かに健康なのです。

ひきこもりナンパブログでお馴染の夏目涼介さんは初心者の頃は道尋ねトレーニングから始めたそうです。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る