2009-01-28

ナンパの思い出!part12

盟友のヤジロベーさんが伝家の宝刀をいざというときに抜き出したのであれば
下半身の伝家の棒刀をイクといいながらヌキだすスーサンです!(笑)

2008年7月
前回ナンパしたのを最後にナンパは1回もしなかった。
自分の決めたことやる為に5月、6月はナンパしないと前から決めていた。
3ヶ月間友達と遊ぶことも女の子と遊ぶことも殆どなかった。
誘いも全て断っていた。

この日は自分のナンパ人生第2章の始まりである。
タイトルは「再生」

この日はクリリンとクリリンの友人ケンさんとナンパに行く日であった。
3ヶ月まったくナンパをしていないし女の子とも遊んでいない
流石に3ヶ月もやらなければ腕も落ちているはず…
声を掛けることももう忘れたよ…
街へ出る不安…
行った矢先に怖気づくんではないだろうかと考えた…
部屋の中で何もせず~とボ~っと考えていた

そして
行く前目を瞑り部屋で精神統一をして気を高める。
成功をイメージしながら深呼吸。

心の中で大丈夫!大丈夫!おまえなら出来ると自己暗示を掛ける。
自然とモチベが上がり悟空のようにオラ、ワクワクして来たぞ~状態になった。

そして街へといざ出陣!!!!!!
いつもパートナークリリンとクリリンの友人ケンさんと3人で千葉の街へと繰り出した。
時刻は夕方6時。
ケンさんはナンパ未経験で声は掛けられない。
僕とクリリンが声を掛けるのを側で見ているだけだった。
僕はいつも通り先人をきり声を掛けた。
3ヶ月のブランクを感じることはなくバンバン声を掛けることが出来た。

僕らのバンバン声を掛ける姿、目の前で1バンゲする僕らの勇姿を見てケンさんは
ケン「ナンパして普通に話してるよぉ、すげ~感動した。」驚きの表情であった。

バンゲしてから近くの100均でスカウターでなくカウンターを購入。

3人で僕が突っ込み隊長でバンバン声を掛けた。
不思議と地蔵することはなかった。

カウンターをバチバチとならしながら声を掛ける。
カウンターに押したら必ず声を掛けるという方式にする
何人声を掛けられるのか?

クリリンの携帯に先輩から連絡が入る。
ナロ先輩がすぐ近くにいるということで急遽合流。
ナロ先輩と合流。
僕はナロ先輩に会うのは2年半ぶりだが正直この人のことはあまり好いていなかった…
ナロ先輩は自称凄腕ナンパ師。
よくナンパのこと豪語していた。
昔散々自慢話し聞かされた。
とてもプライドが高い人

話は途切れたが…

ここでパーティーが4人なる。
さてどうするか?
4人でぞろぞろナンパは出来ない
2手に別れてナンパをすることにした。
ナロ先輩「じゃぁ俺はクリリンと合同するよ」
スーサン「わかりました…」
お互いに分かれてナンパをすることに…

1次パーティー
スーサンとケンさん
クリリンとナロ先輩

ケンさんと行動を共にするがケンさんはまったく声が掛けられない…
僕1人で次々に声を掛けた。
アジアンテイストの女の子を連れ出し。
初めてことに興奮するケンさん
千葉でいつも連れ出しのときに使う喫茶店でトーク!
ケンさんはトッチー以上に女性経験が少なく緊張しているようだった。
僕は話ている最中なにを思ったかその場で口説いてしまった。

スーサン「手綺麗だね、しなやかで真っ白、清んでるね~」
女の子 「いやいや、そんなことないですよ」嫌がるかどうかここでいつも反応を見る。
嫌がらないのでそのまま手を握った!

唖然とするケンさん…

そこで突然女の子が変なことを言い出した。
長くなるので省略するが、宗教に入らないか?と誘われた。
宗教のことは否定せず肯定して断った。
バンゲはせずにそのままバイバイ。

そして再び4人で合流
コンビを編成
グッパしてクリリンとコンビを組むことになるが
ケンさんとじゃナンパ出来ないと文句を言うナロ先輩…
しゃあないから僕とナロ先輩がコンビを組むことに。

2次パーティー
スーサンとナロ先輩
クリリンとケンさん

昔あれだけナンパを豪語していたナロ先輩、まったく声を掛けようとしない…
ケンさんのときと変わらず僕がヒタスラ声を掛ける!
ナロ先輩は僕が声を掛けてから後ろから割り込んでトークに入る。
いい所を見せようと必死に女の子に食い下がるナロ先輩…
彼は焦っていた…
ナロ先輩はハッキリ言って邪魔にしかならなかった。
声を掛けていい感じでもっていっても台無しにされているような感じだ。
この人とやるより声掛け出来ないケンさんとやるほうがまだ良かった。

再び4人揃う
そしてチーム編成で僕とクリリンだけが組んでいない。
僕とクリリンがコンビを組もうとすると文句を言うナロ先輩
ナロ先輩「俺はコイツとどうやってナンパすればいいんだよ!!おまえら2人組むのはセコイ!」
もうナンパ辞めねえかと言い出すナロ先輩。

しゃあないからナンパ諦めてご飯にすることにした
4人で吉牛へ向かっているところ2人組みで退屈そうにしり込みしている子発見!!!!
クリリンと目が合い透かさずに声を掛けた。
クリリンとコンビでトークをするが反応はいい。
カラオケ連れ出しに成功!!!!

そこでまった!を掛けたように離れていたナロ先輩が妨害に入る。
割込み女の子とトークする。
ケンさんをコケにして笑いをとろうとするが全然ウケてない…

僕が4人カラオケを打診するが男4人は恐いという女の子
そりゃそうだよね~

僕とクリリンは声掛けできない2人に譲ることにしてその場を後にした…

クリリンとオレらはいくらでも声かけれるしねと言いながらコンビで声掛け活動開始!

クリリンとのコンビは安楽に満ちた時間に感じた

ここで僕は人生初の逆12!!!!!!!
11人で固まっている女の子に突っ込んでいった。
キチガイですね。酔っていません

スーサン「お姉さん達これからどこ行くの?」
1女の子「これから飲み行来ます」
スーサン「そうなんだぁ俺今ツレと一緒なんでお姉さん達の間に混ぜて暖めて貰えませんか?(笑)」
隣で別の子と平行トークするクリリン。
女の子達「どうする?どうする?」みんなで考える女の子達。
1女の子「ごめんなさい、友達同士で飲みたいんで!」
まぁそうは言わずに平行トークしながら居酒屋についた。

一緒に居酒屋に乗り込もうとするスーサン。
後ろからクリリンが
クリリン「ちょっとスーサン。あんな集団で飲んでどうすんだよ。俺ら孤立するだけだよ」
スーサン「まぁそうだね、熱くなりすぎた…」女の子達にありがとねと言ってバイバイ。

気を取り直して再び声掛け!
やっぱりクリリンとコンビはやりやすい
2人組いい感じに平行トークしているところにナロ先輩がイキナリ1回転して登場した。
またもや妨害して女の子と平行トークするハイエナロ先輩。
女の子はどん引きして走って逃げていった。
スーサンとクリリンが目を合わせため息をつく

クリリン 「連れ出し出来ました?」
ナロ先輩「ダメだったよ」
スーサン「なんでダメだったですか?」
ナロ先輩「断れたよ」
スーサン「どうみても確実にいけたでしょう?逃した魚は大きいですね…」 
ナロ先輩「つーかおまえらが急にいなくたったからダメになったんだよ!」
クリリンと目を合わせながら再びため息をついた…
人のせいにするナロ先輩に大人げなさを感じた。
この人は邪魔にしかならない。

クリリンと話し合いナロ先輩には帰ってもらうことにした…
自分達は4人一度解散してナロ先輩が帰った後再び集まった。

3人で再び声掛け活動開始!

時刻は深夜の12時
カウンターの数字を見ると

112人!!!!!

気づいたら6時間も歩いていた

僕は1人で100人近くに声を掛けていた。
軽いシャブをやっているような感じでガンシカだろうとなんだろうといくらでも声を掛けれた。
覚醒状態。

この日の自分は勇敢だったな。
3ヶ月のこの静養期間は戦闘民族サイヤ人のようにパワーUPしていたのだ。
とことん戦いまくった。
まるで悟空の父バーダックのように立ち向かったさ。

ドラゴンボールの中で1番好きなシーン。




惑星べジータの運命の為に1人勇猛果敢にフリーザに立ち向かうバーダックの姿はカッコよすぎます!
因みに今コンビニでドラゴンボールくじでバーダックの等身大フィギュアGET出来ます!
みんなでそろって買いましょう。

そして…

113…118、119

これで最後だぁ~!!!!!!!!!!

120人!!!!!

ゴールインしたような感じだった。
120人に声を掛けてクリリンとケンさんに握手を交わした。

結果
声掛け 120人
連れ出し 1人
バンゲ   2人

ここで改めて路上の厳しさを知った1日であった。
ナンパ世界はそんなに甘くない。

僕のナンパ人生において後にも先にもこんなことはもうないでしょう(笑)

ナンパの思い出も後半に向かっております。
ここからがドラマの始まりです!
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

120人声かけはすごいです^^
さすが、スーサンですね♪

僕はナロ先輩みたいな人にまだ出会ったことはないですが、やはりいるんですね。そういう人…。

そういう人とはナンパしたくないですね…。

次のナンパの思い出を期待してますね^^

No title

先輩キモスwww

コンビ

コンビの難しさというところですね。
私は、いつも完ソロでやってるため、
コンビというものを経験したことが
ありません。 ですが、自分のコンビ
の人が女子と話しているところに、
割り込んで自分をアピールとか、
それはちょっとできないですねぇ。
そういうことをしちゃうと、二度とコンビも
組めないでしょうから。
まるで、ゴテンとトランクスのフュージョン
? みたいに、信頼と気のまわしが
ミソなコンビなのでしょうから。


オレガオレガ っていうか、
かなり、焦っていたのでしょうね。
焦っても、いいことないですよ~。

もし、コンビの人にやるとするなら、
フォローくらいでしょうか。

それにしても、一日120人はすごい!
ガッツありますねぇ。


はじめまして!

読んでいるだけで不快になりました。ナロ先輩最悪ですね! でも、こういう人ってごくたまにいますよね(^_^;)

今回の記事とは関係ないんですが、スーサンさんてかなりかっこいいのでは... 髪型とか服装はどんな感じですか? お兄系ですか?

懐かしいねぇw
あの頃はなかなかうまくいかなくて色々考えて頑張ってたなぁ(^^)

No title

先ほどはどーもです。

自分はなんかナンパすることに意味を求めすぎていました。

もっと何も考えずにバシバシ声を掛けることにより、何か境地みたなものが見出せるのではないかと、スーサンの日記を見て思いました。

長く続けていくことで、得るものもあると思いました。今の目安はとりあえず、全ての季節でナンパしようと思いました。
冬生まれのナンパ師ヤジロベーでした。

No title

120声掛けできるのは素直に凄いです。
あと、YOUTUBEの演出もなかなかいい感じだと思いました。本当にバーダックはかっこいいです。昨日負けたサッカー日本代表にも120人声掛けをして決定力を磨けといいたいところです。
睡眠不足になるわ・・・後味悪いわ・・・笑

すいませんサッカーの話しになってしまって笑

ネトンナ頑張って下さい!

歩さん
コメントありがとうございます。

今考えても自分でも驚きます(笑)
あの時は数打ちゃ当たる精神でやってましたね。

ナロ先輩とてもプライドが高いくてちょっと意地っ張りなんですよね。

けして悪い人ではないですよ^^

No title

ナンパチーノさん

悪い人ではないのですが先輩とはもう一緒にナンパしたくないです(笑)
最近やっとソロが一番やりやすことに気づきました。


フュージョンの精神!

弁天桜さん

そのとおりですね~。
フュージョン精神大切です。
コンビはお互いの息が重要ですね~。

かとちゃんケンちゃんみたいにネタ合わせしなくても息がぴったり合うコンビが最高です!

カズさん始めまして。

カズさん
初コメントありがとうございます。

僕はかっこよくないですよ。
ラーメン、つけめん、俺オナチーンですからね(笑)

僕の髪型はサイヤ人と同じ黒髪のチョイアシメが入ってます。クリリンにカットして貰ってます!

好きなよく着ているファッションブランドはコムサコレクションです!

No title

クリリン
懐かしいね~ww

あんに声が掛けられたのはクリリンが側に居てくれたからだよ。

なんともいえない思い出だね(笑)

続けることに意味がある。

ヤジロベーさん

結果うんぬんよりも続けることに意味があると思いますよ。

彼女が出来てナンパを辞めていたらヤジロベーさんは出逢ってなかったし、
ヤジロベーというナンパ師は存在しなかった。

今ここにヤジロベーという人物がいる
周りにエールをくれる仲間がいる
これだけで十分意味があるんではないでしょうか?

僕から言わせれば贅沢すぎますよ! 

戦い続ける男はカッコイイ!

ナンパンマンさん

個人的にサッカーで感動したのは
熱き伝説シュートの久保嘉晴11人抜きして最後に死んだシーンですね。

トシサッカーは好きか?台詞は泣きましたね。

バーダック同様戦って死ぬ男の姿は勇ましいですね

ナンパも玉砕覚悟で立ち向かっていく男は勇ましいですよ。

レスありがとうございます。

参考になりました! これからも更新楽しみにしてます。

No title

カズさん

こちらこそ。
これからは内面日記も書いて行きます。
これからも宜しくです。