--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-01-23

終電までの貴重なアポ!

1日1声掛けより、1日1オ○ニーを実践しているスーサンです!

今日はASちゃんが仕事で千葉に来ると言う事で急遽アポをとることに。
仕事をそそくさと切り上げ家に帰り急いでシャワーを浴び
寒いなか3時間も待ってくれたASちゃんのもとへ

バスの中で精神を統一させ気を集中させた。
ハアァ~~
48395ib1.gif

忙しいなか貴重な時間を自分の為に使ってくれる。
今目の前にいる人には自分の出来ることを全力で励みたい。
ナンパに限らず自分と一緒に時間を共有してくれる人の無駄にはしてはいけないと思う。
合流にも同じことが言えると思う。

ASちゃんと合流して居酒屋へ
お互いの日常的な会話をする。

スーサン 「ASちゃんはスカートとかは履かないの?」
ASちゃん 「え~この前動物園に行ったとき履いてたよ」
スーサン 「あ~そういえば、黒のスカートだよね」
ASちゃん 「誰と間違えてるの?他の子のことじゃないの?」
スーサン 「イヤイヤ~(笑)」看破されてるがその場は笑ってごまかした。

2時間一緒に居て他愛もない普通の話をした。
ASちゃんは千葉に来て良かったと言ってくれた!

帰り駅まで手を繋いだ。
お互いに手を握り会い力試しをする。
僕は全力で手を握る
ASちゃん「イタイ、イタイ(笑)」
握り返すASちゃん
スーサン「気持ちE~(笑)」僕はMです。

電車が来る直前まで一緒にいてお互い中々離れようとはしなかった。
別れ際ASちゃんの腕にキスをした。

照れくさくなりいつもなら見えなくなるまで見送るのだが今日は見送らず。

ASちゃんとは今回5回目のアポ!
話の節々にそろそろ僕に答えを出してほしいとシンパシーを感じた。

この子はホントに天使なような子
こんな純粋な子に自分はとても手をだせない!

チュ~をしたのも始めてアポ日だけ。

付き合うことになっても向こうは結婚を意識するだろし
自分はナンパを辞める気はない!

虚無な自分と陶酔することのない冷静な自分がそこにいた。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。