2017-10-11

2008-12-12
声掛けは何でもいい!
スーサンです。

今日は華金でストるつもりでしたが、
仕事が遅くなってしまいストれませんでした。

家に帰って来て過去の日記を読み返しました。
ナンパを始めた当初のから現在までのナンパスタイルを見直してみると、
最近滅法、連れ出しが出来なくなっていることに築いた!

彼女が出来てから言うもの余裕は出きてきたが、
やりはじめの頃に比べてハングリー精神がなくなってきていのは確かだ~

(・ε・)ムー当たり前か~

最初の頃のに比べて連れ出しができなったっというより
連れ出しする自身がなくなった。

う~ん、何故だろう?
考えてみた。

実力が下がったのか?、声掛け数が減ったのか?
まず思ったことはナンパスタイルが変わったこと。
現在のナンパスタイルは声掛けて相手の共通項を見つけて話を掛ける!
平行トークを怠っている
昔に比べて粘り強さがなくなった

昔のナンパスタイルは只がむしゃらに声を掛けて最後には
「よかったらお茶でもしようよ」と必ず言っていた。

最近つくづく思うのが声掛けに決まりごとはないと思う!
ある凄腕ナンパ師人が声掛けなんてなんでもいいんですよ~と言っていた。

ダメでも最後に「お姉さん、お茶しようよ!」
「のど渇いたからドトール行こうよ!」
絶対これだけは無理やりにでも言っていた
合引差があった。

「お茶しよう。」古臭くてコテコテのナンパ用語でダメなような気がするが、
僕の経験上この方が連れ出しが出来たように感じます!

昔のスタイルに逆戻りします!

全部でトータルを見ると粘り強さとハングリー精神が減ったんだと思う!

でもやっぱりナンパの1番の醍醐味はバンゲより連れ出しだと思う!

出会ったその場でお茶をする、デートする。
考えてみたら凄い行為だと思う!

連れ出した瞬間が一番一番楽しい

基本的には何でもいいし、ようはどんな声掛けでも結果が出れば何でもいいじゃんって話。

効率を上げる為に声掛けを研究をしたりしても何もないよ。

とりあえず初めちゃってから考えようよ。

やる前から連れ出した後のことを考えても何も意味がない。

準備に時間を掛けすぎて結局は何もやらずに終わるパターンが多い。

行動して逃げ出せないような状況を作っちゃえば、何とかなる。

これがいい、あれがいいって言いたがる人がいるけど、とりあえず自分の方法でやってみたら。

ナンパなんて声をかければいいだけだから。

地位も名誉も金も何も必要ないんだから簡単だろ!

何も必要なくても服だけは着ろよな!ナンパで連れ出しする前に連れ出されるぞ!お巡りに!
スポンサーサイト
2017-10-11

アーカイブス12

2008年11月30日

アポの日!
DMM会員スーサンです!
先月の請求額315円

今日はアポの日です!
色男さんが上京されるということで、急遽合流することになりました
ヤジロベー師とアポを取り色男さんに紹介!

色男さんとヤジロベー師と合流し
色男さんオススメのナンパスポットへいざ出陣!
毎回のことながら色男さん発想力には脱帽する

ちょこっと声掛けしてから昼食、モスバーガーでランチした
ここで深い話が出来ました

色男「モテない連中は、悲観ばかりしている!ちゃんとした人は声掛けのとき、あの子可愛くない
   から行かないなんて、言わないですよ、凄い人は感謝の気持ちでやってます」
ヤジ「僕もそれは思います!自分と話してくれてありがたいって思いますね」

ヤジ「僕はナンパはヒヤリハットだと思っています、ヒヤリハットは300回に1回大きな事故が起きるように、
   ナンパも同じように沢山の人に声を掛けていればいい人が現れんるんじゃないかなって思うんです」
スーサン「なるほど!素晴らしい!」

ランチを済まし駅でのこと
駅の改札で女の子がコンサートのチケットを落とした

色男 走って行って「落ちましたよ!」
女の子 「ありがとうございます!」
ヤジ   「親切ですね」
色男 「ナンパをするとやさしくなれるんですよ!」
スーサン「その通りです、やさしくなると言うよりやさしくできる余裕だ出来るんですよ」
色男 「へたれの人は恥ずかしいからいいやで終わっちゃいますもんね」

S谷へ移動
3人で街へ繰り出した、
スーサンとヤジの路上で声掛け!

ヤジロベー師のストも素晴らしかった。
毎度ながら驚嘆させられる!
会う度にゴクウのように強くなっている

3人で一緒に居てふと思った
スーサンとヤジの路上での鋭い目つき、素早い声掛け!
色男さんの書店での鋭い目つき、コソコソ度合い

女の子のハートを泥棒するキャッチアイだね!
http://jp.youtube.com/watch?v=PpuAFA1U7Wg
スーサンは泪姉が大好きだ!

3人書店へ
今回のターゲットは占い本を読んでいる女の子
静かな書店を3人でこそこそとまさしくキャッチアイ

楽しい時間はあっという間過ぎ、アポの時間
2人と握手してお別れ

ASちゃんと合流して
アイズさんに教えて貰ったカフェへ
ASちゃんはもの凄く喜んでくれた

店を出てからスクランブル交差点で手を繋いだ!
代○○公園で高揚みながら抱擁!
ドラマの撮影ができそうなくらい高揚が綺麗だった

ご飯食べてから漫喫へ
ニコニコ動画みながら、寄り添う!
僕はASちゃんにギラついた
ASちゃん「まだ早くない?」
スーサン「しないよ、只くっついているだけ!」
ASちゃん「今したら、スーちゃんがこのままいなくなっちゃうような気がする」
スーサン「いなくなんかならないよ、僕はASちゃんとまた会いたいと思ってるよ」
ASちゃん「スーちゃんのこと嫌いになりたくない!だからまだダメ!」
そのまま何も言わずにキスをした!

本当の彼女のことも考えて少し胸が痛くなった。

ディープチューをしばらくして
いいムードが出来て彼女を押し倒した瞬間

「ブーっ!!!!!」隣の奴が屁こきやがった!
もの凄く鈍い音、ドリフのコントかよ
2人して笑い止まんなくて腹が痛くなった
お陰でムードぶち壊し!!!! 

エッチはせずに店を出た
1時間位チューだけをしていた

店を出て駅でバイバイ
彼女は僕の姿見えなくなるまで見送ってくれた。
今日は異空間と現実の言ったりきたりで夢からまだ覚めるのに時間が掛かった。

声掛け 8人
バンゲ 0人
アポ  1人

この時アポったASちゃん、今何してるのかなぁ~?

あれから9年…

その後…何回か手紙でやり取りしたり、プレゼント送ったあったりしただけで、その後の進展は何もなく自然消滅。

今でこそ有名店ですが、当時はまだ余り知られてなかったもうやんカレーを教えてくれたのは彼女です。

今でも偶~に食べに行きますよ。

S谷 代○○公園 明らかにわかるだろうに、わからないようにしていたのは

ハッキリとした場所を書くとライバルが増えるのでブログに書かないでくださいと連絡してくる人がいたんです笑
2017-10-11

アーカイブス12

2008年11月30日

アポの日!
DMM会員スーサンです!
先月の請求額315円

今日はアポの日です!
色男さんが上京されるということで、急遽合流することになりました
ヤジロベー師とアポを取り色男さんに紹介!

色男さんとヤジロベー師と合流し
色男さんオススメのナンパスポットへいざ出陣!
毎回のことながら色男さん発想力には脱帽する

ちょこっと声掛けしてから昼食、モスバーガーでランチした
ここで深い話が出来ました

色男「モテない連中は、悲観ばかりしている!ちゃんとした人は声掛けのとき、あの子可愛くない
   から行かないなんて、言わないですよ、凄い人は感謝の気持ちでやってます」
ヤジ「僕もそれは思います!自分と話してくれてありがたいって思いますね」

ヤジ「僕はナンパはヒヤリハットだと思っています、ヒヤリハットは300回に1回大きな事故が起きるように、
   ナンパも同じように沢山の人に声を掛けていればいい人が現れんるんじゃないかなって思うんです」
スーサン「なるほど!素晴らしい!」

ランチを済まし駅でのこと
駅の改札で女の子がコンサートのチケットを落とした

色男 走って行って「落ちましたよ!」
女の子 「ありがとうございます!」
ヤジ   「親切ですね」
色男 「ナンパをするとやさしくなれるんですよ!」
スーサン「その通りです、やさしくなると言うよりやさしくできる余裕だ出来るんですよ」
色男 「へたれの人は恥ずかしいからいいやで終わっちゃいますもんね」

S谷へ移動
3人で街へ繰り出した、
スーサンとヤジの路上で声掛け!

ヤジロベー師のストも素晴らしかった。
毎度ながら驚嘆させられる!
会う度にゴクウのように強くなっている

3人で一緒に居てふと思った
スーサンとヤジの路上での鋭い目つき、素早い声掛け!
色男さんの書店での鋭い目つき、コソコソ度合い

女の子のハートを泥棒するキャッチアイだね!
http://jp.youtube.com/watch?v=PpuAFA1U7Wg
スーサンは泪姉が大好きだ!

3人書店へ
今回のターゲットは占い本を読んでいる女の子
静かな書店を3人でこそこそとまさしくキャッチアイ

楽しい時間はあっという間過ぎ、アポの時間
2人と握手してお別れ

ASちゃんと合流して
アイズさんに教えて貰ったカフェへ
ASちゃんはもの凄く喜んでくれた

店を出てからスクランブル交差点で手を繋いだ!
代○○公園で高揚みながら抱擁!
ドラマの撮影ができそうなくらい高揚が綺麗だった

ご飯食べてから漫喫へ
ニコニコ動画みながら、寄り添う!
僕はASちゃんにギラついた
ASちゃん「まだ早くない?」
スーサン「しないよ、只くっついているだけ!」
ASちゃん「今したら、スーちゃんがこのままいなくなっちゃうような気がする」
スーサン「いなくなんかならないよ、僕はASちゃんとまた会いたいと思ってるよ」
ASちゃん「スーちゃんのこと嫌いになりたくない!だからまだダメ!」
そのまま何も言わずにキスをした!

本当の彼女のことも考えて少し胸が痛くなった。

ディープチューをしばらくして
いいムードが出来て彼女を押し倒した瞬間

「ブーっ!!!!!」隣の奴が屁こきやがった!
もの凄く鈍い音、ドリフのコントかよ
2人して笑い止まんなくて腹が痛くなった
お陰でムードぶち壊し!!!! 

エッチはせずに店を出た
1時間位チューだけをしていた

店を出て駅でバイバイ
彼女は僕の姿見えなくなるまで見送ってくれた。
今日は異空間と現実の言ったりきたりで夢からまだ覚めるのに時間が掛かった。

声掛け 8人
バンゲ 0人
アポ  1人

この時アポったASちゃん、今何してるのかなぁ~?

あれから9年…

その後…何回か手紙でやり取りしたり、プレゼント送ったあったりしただけで、その後の進展は何もなく自然消滅。

今でこそ有名店ですが、当時はまだ余り知られてなかったもうやんカレーを教えてくれたのは彼女です。

今でも偶~に食べに行きますよ。

S谷 代○○公園 明らかにわかるだろうに、わからないようにしていたのは

ハッキリとした場所を書くとライバルが増えるのでブログに書かないでくださいと連絡してくる人がいたんです笑