--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-07-28

第2章(完)

突然ですが、重要なお知らせがあります。

このブログを休止致します。

早いもので、このブログを初めて5年の月日が流れました。

休んでいた期間を合わせると約3年半、このブログを書き続けました。

5年って言うのは、短いようで長く色々と変化がありました。

第2章を開始して、早2年です。

まるで、この間開始したかのようです。

月日が経つのは本当に早いですね。

2年の間、色々あって、夢だった東京で生活して、

夢だった日本一周して、夢だった海外生活をして、色々とやり切りました。


今年に入ってからというもの、ナンパは殆どしていません。

多分、今までこんなにナンパしなかったことはないです。

絶対に少ない時でも3ヶ月以上空いたことはありません。

原因は4人の彼女に恵まれていたからです。

今でもこの4人の関係は続いています。

いつまで、続くのかはわかりませんが、まぁずっとは続かないでしょう~


ブログについて、ナンパの理論等を書いて続けようかとも考えました。

でもナンパをしていない奴があれこれ理論を語っても全然説得力もないし面白くない。

そもそもナンパしていないのに、ナンパブログの継続は不可能です。

ですが、僕は生涯ナンパを辞めるつもりはありません。

当然、ブログを書いてない間もナンパをするつもりでいます。



一回目このブログを終了した時に一番に連絡をくれたのはクリリンでした。

ブログを始めるずっと前ですが、僕が仕事で他県に移動して、

辛すぎて実家に逃げて帰って来た時も一番におかえりと迎え入れてくれたのクリリンでした。

そのクリリンも、もうこの世にいない。

残念ながら、僕が日本に帰って来ても彼に迎え入れてもらうことは出来ませんでした。

早いもんで、もうすぐ一周忌だ。


このブログの第3章はあるかどうかわかりません。

スラムダンクの作者と同じようなことを言いますけど、書きたくなったら、書きます。

だけど、僕は生涯休んでる期間あっても、ナンパをやり続けると思います。

ナンパは僕にとっての原点です。


次の目標はカナダへ行こうと考えています。

カナダへ行ったら、もちろんナンパもしようと思っています。

その時に機会があれば、またブログを書きたいと思います。

一先にスーサンはサイヤ人、ここでお休み致しますね。

以前とは違い、影でコソコソ書いてましたが、見てくださった方々に感謝です。

僕はこれまで以上に色んなことを頑張りたいと思います。


ここでは言えないのですが、新しいことを始めました。

今はそっちに集中して、一生懸命頑張りたいと思います。

前から計画していたことを、実現に向けて進めています。


それでは皆さん…どうもありがとう!

また、会えたら会いましょう~ 再見
スポンサーサイト
2013-07-20

帰国日

今日は帰国日

前日は彩さんの家に泊まった。

昨日の夜、彩さんは黙って帰ったのは、僕が帰るのが寂しく涙が止まらなくて

他の人に見られるのが嫌で黙って帰ったらしい。

最後に彩さんとキスとハグをして別れた。

その後彩さんは仕事へ


そして、駅にペニーがお土産を持って来てくれた。

他の友達が来る前にキスとハグをした。

ペニーは僕の風邪がうつってしまったので、

体調が悪く空港まで行けず駅でお別れ。


別の友達が車で空港まで送ってくれた。

1年1ヶ月過ごしたこの国を出て、日本に帰る実感がまだわかない。

本当に色々あったな~

その後…日本へ帰国

日本の空港には日本の彼女が迎えに来てくれた。

3人の彼女に見送られ、迎えられ大忙しな一日

1年の時を得て無事に日本へ帰国


次回重要なお知らせがあります。
2013-07-19

最後の日

今日でこの国にいるのも最後

明日には帰国する。

風邪の方は少し落ち着いたが、ちょっと辛い。

今日はこっちで知り合った友達と、彩さんも一緒に海へ行く。

僕は風邪気味なので、泳がなかった。

ビキニを見ているだけ(笑)

一緒に見ている彩さんを海へ突き落した。

最後の思い出にね。


その後、海で皆でご飯を食べている時、

一人の友達が明日空港に送ってくれると言いだした。

その時にペニーも来るのかどうか?僕に電話で確認するように言った。

僕がペニーに電話をしに行った。

電話から戻ると彩さんがいない。

どうやらトイレに行ったらしい、だがそれから一時間以上帰ってこなかった。

電話をしてみたら、体調悪くてもう帰ったと言っている。


皆に何も言わずに突然帰ってしまった。

多分、僕がペニーの話になって、嫌な気分になって帰ったんだと思う。


その後、僕はすぐ彩さんの家に言った。

そして、今日は彩さんの家に泊まることにした。

彩さんは黙って帰った理由を気分が悪かったとしか言われない。

僕は本気で怒った、だけどそれすらも聞く耳を持たない。


でも、結局最後は仲直りをしてセックスをした。


明日は帰国日、色々と忙しいな。

2013-07-18

続39度の熱

まだ熱が下がらない。

朝は39度の熱…

お昼の仕事の休憩にペニーが家に来てくれて、

夕方の仕事の休憩時間に彩さんが来てくれた。

一日に2人も来てくれるなんて贅沢だよな。

今日も送別会なので、薬を飲んで参加した。

送別会が終わった後は彩さんが泊まりに来てくれた。


彩さんの感は鋭くて、ペニーが家に来たことも知っていた。


彩さん 「貴方は本当に悪い人…」

そのまま泣き出してしまった…

スーサン「この悪い奴も、もうすぐ帰るよ…」

彩さん 「それだけはもう絶対言わないで…」

彩さんは大きな声をあげてワンワン泣いた…

ペニーよりも僕が日本に帰ることが寂しいらしい。

夜には熱が37度くらいに下がって、少し落ち着いた。


悲しいような?辛いような?寂しいような?

この気持ちは僕にはあまりないかも知れない。

今は日本の帰るのが楽しみである。
2013-07-17

39度の熱

風邪が治らない。

今日は39度の熱が出た。

辛過ぎて、寝れない。

だけど、寝なければならない。

今日また彩さんが来てくれるかもしれない。

ペニーに風邪のことを話したら、すぐ家に来てくれた。

彩さんが来てくる予定だったので、ぺ二ーには家に来なくていいと伝えた。

だが、何も言わず家の前まで来てしまった。

大量のスポーツ飲料とのど飴と熱さまシートを買ってきてくれた。

彩さんにはメールでもう寝ると伝えた。


でも、風邪の時は誰かが傍にいてくれるだけで安心する。

しかし、39度の熱は辛い。

薬は嫌いだけど、彩さんに貰った日本で買ったパブロンを飲むことにした。

そうしたら、一発で熱が下がった。

だが、3時間位して薬が切れて熱がまた上がった。

もうすぐ、帰国だ…

この状態で帰れるかな?
2013-07-16

38度の熱

風邪をひいた。

38度の熱、本当に辛い。

夜中に3時頃に彩さんが家に来てくれた。

ポカリや風邪薬を持って来てくれた。

一年前に風邪が熱が出たとき、誰一人と頼る相手がいなくて、

泣きたくなったことがあった。

あの時は本当に日本に帰りたいと思った。

だが、一年経った今は違う…

風邪の時に家に来てくれる人がいる。

これが一年間の成果かな…幸せなことだよね。
2013-07-13

女は騙せない

昨日の夜、彩さんが家に来てセックスした。

生理中で僕のシーツに血がついた。

今日僕の家にペニーが来た。

ペニー 「これ?誰の血?」

スーサン「僕の血だよ…」

ペニー 「他の女の子沢山連れ込んでるんでしょ?」

スーサン「違うよ…、髭剃った時に切っちゃって血が出ちゃって、その時の僕の血だよ」

ペニー 「絶対違うでしょ?」

女の子の嗅覚はするどい。

今4人の彼女が居るけど、多分全員僕が他の子と遊んでいることを知っている。

多分、もうバレてると思う。


僕は今4人の彼女がいるけど、心に決めているのは天狗にならないこと。

若かりし頃、沢山の女の子と遊んでいる時期があった。

その当時はいささか天狗になっていた。

どうゆうことかと言うと、この女はは俺に惚れているって上から目線だった。

若かりし頃は俺に惚れているから、この女は俺から離れる訳がないと思っていた。

だから、振られた時は物凄くプライドが傷ついた。

俺があそこまでしてやったのに、振る女はバカだとも思っていた。

単なる、自分の大きな勘違いに等しい。


だが、今は違う。

自分が惚れさせているという自覚もない。

自然とこーなったと思っている。

離れるときは、離れる。

だからどーなっても仕方がない。

それは自然の成り行き…

ただ、目の前にいる相手が楽しんでもらえるように一生懸命頑張る。
2013-07-11

それぞれの良さ

今4人の彼女が居て思う…

みんなそれぞれに違う魅力を持っている。

その魅力を近くで見ていられることは幸せなこと。

本当に皆、それぞれに説明出来ない、

僕がだけしか知らない魅力を持っている。

この魅力を感じることは、僕のいい経験になっている。

仮に一人だけだったら、一人分。

僕には出会ってきた数、遊んで来た数の経験値がある。
2013-07-04

どうか金だけではなく、人間的な魅力も…

今日は最近イベントで知り合った子会った。

名前はソフィアという子

アメリカに6年留学したエリート

親が大学の教授でめちゃくちゃ金持ち

親の1ヶ月の給料は日本円で180万くらい。


正直ソフィアとの一緒に居てつまらかった。

自分からあまり話さないし、

話すことと言えば、自慢話し的なこと。

こっちには質問してこない。

こっちが質問しても、すぐ会話が終わる。

だが、金は一番重要だと言っていた。

もう合わせて「そうだね、金は重要だ」と言っておいた。


会ってみて思ったが、金はあっても魅力がない。

数時間しか一緒にいないからわからないけど、

もしかしたら、他に魅力があるかもしれない。

絶対にあるはず。

もっとも、親が金があるだけで、彼女の実力ではないよね。

金持ちはやっぱ勘違いするのかな?

だけど、あたかも自分が凄いと思っちゃうところもあるだろう。


結果

人間的に魅力がないとダメ

人間的な魅力がなければ一緒に居たいと思わない。

そこで、寄ってくる人間は金だけが目的だ。


金は大事じゃないとは言わない。


人間的な魅力がなければ、金があったって幸せにはなれない。



合う、合わない

全員が合うわけじゃない。

人は皆に合わせようとする。

合わない人が居るのは当たり前。

無理に合わせようとして、なんで合わないんだと自己険悪に陥る。

自己険悪の必要は一切ない。

合わない人は合わない。

合わないけど、合わせようと頑張った。

それだけでいい。


合わない相手と合う相手は正反対。

人間はそうやってバランスを保っている。

合わない相手と会うということは既に合う相手がいるか、

これから合う相手に会う予兆でもある。


今日はいい勉強になったな。
2013-07-01

1年分の贈り物

今日はこっちの彼女の彩さんと夜景を見に行った。

残念なのが、メガネを忘れて夜景がハッキリ見えなかったこと。

だけど、この夜景の美しさは見た瞬間に十分伝わった。


この夜景を見た瞬間色んなものがこみあげた。

一切話せない状態からスタートした一年前を思い出す。

一年間の色んな思い出が再び蘇る。


この夜景はきと、1年間ご苦労様という贈り物のような気がした。

残すところ、後三週間…

もうすぐ日本へ帰ります。
2013-07-01

早く日本へ帰ってください…

今日は彩さんが家に泊まりに来た。

彩さんにペニーとセックスしたことがバレてしまった。

なんでバレたかは知らない。

直観でわかったらしい。


彩さんはいつも笑顔だが、

今日は泣きながら「貴方は早く日本に帰ってください」と言われた。


流石にこの言葉には僕も胸が痛くなった。


スーサン「僕が女好きなのは知ってるでしょ?」


    「それも含めて僕なんだよね」

  
    「僕が女好きじゃなかったら、僕に魅力はないと思うよ」


彩さんは怒っていたけど、セックスして仲直りをした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。