--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-07-29

夢想

今日でタイワンに来て一ヶ月が経過した。

とりあえず、行動するしかない。

出発前は一週間前まで住むところすら、

決まってないのに飛行機のチケットを取った。

僕はとりあえず行けば何とかなると思っていた。

本当になんとかなってしまった。

出発する前は多くの人から僕の考えは反対された。

安定志向の人から見れば、僕の行為は無謀なのかもしれない。

年齢的に仕事を辞めてまで、ノープランで海外に行くにはリスクが大きすぎる。

色々言われたよ… 大人は色んなことを言うよ。

まぁでも社会から離れちゃえば関係ない。


日本では一通りやりたいことはやってきた。

ナンパもやって何人も彼女も出来た。

普通の人よりも多くの女性と出会った。

えっちも出来た。

乱交もやった。

憧れだった大東京に住むことが出来た。

日本も47都道府県全部周った。

これ以外にも色々やった。

後、やってないことと言えばAV女優とエッチすることくらいかな。

これはまた後日リベンジする。

次の夢のは海外生活。

僕は今夢の舞台で戦っている。


次の目標は英語圏に行く。

これはタイワンに行く前から決めていたことだ。

イギリス?アメリカ?オーストラリア?シンガポール?

おそらく、オーストラリアが濃厚だ。


行くためには、お金という現実がある。

できるかな?

これには壁がある。

これは夢想なのか?


英語に圏に行くことが出来たら

帰国後、就職はしない。

社会の組織にはもう属さない。

自分でやることを見つけて、自分で仕事をやる。

これは夢想なのかな?
スポンサーサイト
2012-07-29

夢の街

タイワンに来て東京がいかに凄いのかがよくわかった。

そして、東京がいかにナンパしやすい場所なのかよくわかった。

日本は世界で一番ナンパがしやすい国なのではないかと思う。


タイワンの路上ナンパは厳しい。

第一、一人で歩いている女の子が少ない。

女の子は家族や友達と一緒に買い物をしている。

基本あまり一人で外に出歩かない、出歩いても目的がある時だ。

日本には一人で買い物している子は沢山いる。

タイワンでナンパしている人を見たことがない。

こっちはクラブナンパが主流だね。

女の子は男がお金を出すのが当たり前だと思っているから、

女の子のお金も出さなきゃいけない。

これはタイワンに限らず、アジア、ヨーロッパ、アメリカも同じだろう。

海外のナンパは色んな面で厳しいのだ。

外国人はクラブやディスコで女の子をナンパする。

世界都市ランキングでは
1位 アメリカ(ニューヨーク)
2位 日本(東京)
3位 イギリス(ロンドン)
4位 フランス(パリ)
5位 香港

東京は世界で一番人口が密集している都市らしいね。

それに日本は安全だから、女の子も一人で街を歩く、だから一番ナンパがしやすい。

しかも女の子のレベルも高い。

比較的安全。

そしてタイワン人の多くは日本の大東京に憧れている。

東京とは夢の街なのである。

今日本に住んでいる人達はタイワン人から見れば夢の街に住んでいるのである。
2012-07-26

日本人らしき女性が一人で居たので、

「日本人ですか?」と話しかけてみた。

的中して日本人の主婦の方でした。

台湾に住んで一ヶ月が経過、ようやく日本人の顔がわかってきた。

やっぱり人によるだろうけど日本人は隙があるような気がする。

海外に比べれば日本は安全だ。

何かあると、すぐお金を出そうとするので、オイオイオイと止めました

この一ヶ月で無用心な僕も、少しは用心深くなった。

旅行で浮かれ気分になってしまうのかな?


その後、まぁ普通に買い物に付き合って食事して終わりました。

今日は台湾人をナンパするつもりが日本人をナンパしてしまった。

すぐ帰るようなので、連絡先も交換してない。

それ以外は特に何もない。

2012-07-25

未消化

目が覚めたのが夕方の6時…

最近こんなことがよくある。

僕は海外に来て何をやっているんだろうと不安に気持ちになる。

今はこれが必要な時間なんだと言い聞かせている。

まだ波が来ていないだけ。


世界中どこに行っても自分から行動しなければ一人なのである。

学校や会社のように組織があるわけじゃない。

言い訳をつくることは幾らでもできる。

でも言い訳したことは、自分の体に跳ね返ってくる。

だから僕は言い訳をしない。


言葉が通じず、どんなに恥ずかしい思いしても、僕はやる。

やらなかった未消化な自分が嫌だから。

僕は自分の力を信じている。

だから、ここで大きな広いものをする。

やれるところまでやる。
2012-07-25

最大のライバル

僕の最大のライバルは初日に国際宿舎で出会った日本人達。

facebookを見ると彼らは学校に通い始め、

友達も出来て、生活に軌道が乗りはじめたようだ。

友達と、友達との間で輪も広がり現地の人との交流も増えてきている。

僕は20代前半の学校に通う若い彼らが羨ましい。


僕はあえて学校に行く道を破棄し、働く道を選ぶことにした。

一番はお金の問題だが、学校で語学を学ぶというのにしっくりこなかった。

僕は人とは違う自分のやり方で成功させたいという気持ちが芽生えた。


4年前に書いた日記のことを思い出した。


ナンパは種から育てる

この当時僕は、

合コンや人からの紹介は植木の状態で、

ナンパは砂漠の中で種から育てる行為だと表現した。

ナンパは種から育てると類似した日記を書こうと思う。


彼らは高い学費を払って、学校で中国語を学ぶ道を選んだ。

それは賢い選択というよりは、当たり前だ。

彼らは学校という共同体の中ですぐに友達も出来て、人との繋がりもできる。

僕は今自分で中国語を勉強して、街に出て声を掛けて、人との繋がりを作るしか方法がない。




ビストロSMAPという番組がある。

SMAPのメンバーが2組に別れて、料理を振舞い、

ゲストが試食して、どっちが美味しいのかジャッジする。

あの番組は材料や機材は全部準備されて、裏にはスタッフがいる。

カメラには映らないが、料理の作り方を指示している先生もいる。

料理の先生の指示に従いSMAPは料理を作る。


ビストロSMAPの話はここまで…


彼らは高い学費を払い学校に通う道を選択した。

お金で料理を作るうえで必要な機材や材料を買った。

裏で料理の作り方を教えてくれる先生もいる。

料理を作るレシピも準備されている。

周りに料理を一緒に作る仲間もいて、情報交換もできる。

そしてこの地で最高の料理を作る。


僕は料理する道具も材料も何もない。

ゼロから自分で探しに行かなければならない。

料理の作り方を教えてくれる相手もいない。

一緒に料理を作る相手もいない。

道具、材料を揃え、レシピを自己流に作る。

自分で作ったレシピを参考に料理を作る。

そして台湾で最高の料理を作る。


与えられた期間は一年…

語学能力、経験値も含め

どちらがいい味を出すのかをジャッジするのは現地の人。


僕は0からのスタートで、彼らは40からスタートなのである。

大きな差がある、この差をどう埋めていくのかが僕の腕の見せ所だ。

僕は彼らに負けたくない。

今は大分差がつけられている。

この差を埋め、半年後は必ず追い抜いてみせよう。
2012-07-24

はじめの一歩

スピーキングの練習で声掛けはしています。

台湾人の友達も出来て、プリペイド式の携帯もゲットした

が…、台湾プリペはSIMカード、

日本で使ってた携帯をSIMカードを突っ込むとエラー発生。

だめだった…、本体を調達しないといけない。


台湾は狭い。

街を歩いていると同じ人に何度も会ったりする。

東京とはやっぱり規模が違う。

日本に居た時のように、あまり派手にやるのは控えていました。

最初は念には念を入れて、声掛けは超誠実で道を聞いたり、わからないことがあったら聞く程度。

そこから徐々に会話を広げていくんだけど、今の語学力じゃ広がらない。

台湾人は同じアジアの人間でも、見た目で日本人だってことがすぐわかってしまう。

日本人が派手に毎日ナンパなんかしてたら、すぐ噂になり日本人の印象が悪くなるのを警戒していた。

それと、一人で歩いている子が少ないから、台湾のナンパは本当に厳しい。


考えるのがめんどくさくなったので、もういいやと思い。

今日は日本にやっていた時のように普通に声を掛けをしました。


会話は全部中国語です。

めんどくさいので会話は日本語に翻訳したものです。

スーサン「こんにちは」
女の子 「はぁ?」
スーサン「いや、こんにちは」
女の子 「はぁ?」←ガンつけたように眉間にしわをよせる。

※台湾人は意味がわからないときは眉間にしわをよせる。
 これは台湾では普通で別に嫌な意味はない。

スーサン「何やってんの?」
女の子 「はぁ?」
スーサン「いや、だから何やってるの?」
女の子 「買い物」
スーサン「学生?」
女の子 「うん、日本人?」
スーサン「そうだよ」
女の子 「一人?」
スーサン「一人だよ、今仕事探してるんだよね」

会話はこの程度で女の子は、そのまま逃げるように去っていきました。


台湾人の女は見ていてめんどくさそうだな。

もろに私だけを見てって感じで恋人への要求が半端じゃない。

それこそ、浮気でもバレたら大変なことになる。

日本に居る僕の彼女はいい方だ。

私は台湾人ではおとなしい方だと言っていたが、その通りだと思う。

2012-07-20

近状

中国語のレベルは少しだけ成長したかもしれない。

この数週間、ずっと一人で部屋に篭る日が続きました。

こりゃいかんと思い、人と交流を持つことになりました。


最初は国際宿舎で会った日本人に連絡するも返信なし。

次に日本に居る台湾人の彼女の友達を2人紹介してもらい、facebookで連絡をとっていました。

1人は男で来週連絡すると言って、一週間以上過ぎても全く連絡なし。

2人目は女「中国語話せないのに会うのは大変そう…」とか言ってるらしい。

これは彼女の口から聞いた。

こりゃダメだ…

もう人に頼るのはよそう。


街に出て、声を掛けて人脈を作ることにした。

その成果があり、3人と連絡先を交換しました。

2人は男 1人は女

いずれも皆日本語が少し話せる人達です。

1人の男の子とは毎日連絡をとっています。

このペースで人脈を増やして行こう。


台湾で驚いたことは、一人で歩いている女の子が少ない。

日本では一人で歩いてショッピングしている女の子は沢山いる。

しかも台湾人の女の子は殆どの子にパートナーがいる。

これは連絡を取り合っている台湾人に聞いたら、台湾人はあまり一人で外にはでないらしい。

台湾では日本のような数打ちするナンパは出来ないね。

狭いし、みんな噂付きだから、すぐ有名になる。

まぁでも手段は幾らでもあるから心配する必要もないか。
2012-07-13

生き方

もうタイワン何日目という日記を辞めます。

日本に居たときと変わらずに日記を更新します。

最近は色んなことを考えてしまいます。

「考える」


僕は去年仕事を辞めました。

それは海外に「行きたい」という単純な気持ちでした。

日本も全国巡りました。

それはただ「日本全国巡りたい」という単純な気持ちだけだった。

彼女が居てもナンパする、それは「女性が好き」という単純な気持ちでした。

今タイワンに居る、「タイワンで生活したい」という単純な気持ちがあったから。

自分の欲望にもっと忠実になろう。


今一番引っかかるのは日本に残してきた彼女の存在。

今は色々と世話になっている。

彼女の力なしでは、今の生活はありえない。

考えてしまう…


もっと頭をスッキリさせたい。

2012-07-10

13日目

僕は田舎に生まれ、田舎で育った。

高校生の頃、はじめて千葉駅の街並みを見たとき、大都市だと感じた。

津田沼や船橋も大都市に感じた。

東京に行くようになってから、千葉の街が小さく感じた。

高校を卒業してから、東京という街に憧れ、二十歳を過ぎてからもずっと東京を目指していた。

高校生の頃、大都市に感じた津田沼に住んだ。

そして、千葉の津田沼を離れ、東京で生活をした。

長い間目指していた東京という街に辿りいた。

東京で生活するうちに、東京が普通の街になった。

東京に住み、東京でナンパして、東京で素敵な彼女と出会った。

自分の理想を手に入れた。

そして、次の夢は日本全国を巡ること。

日本全国巡って、ナンパも沢山した。

沢山の女の子と出会い、自分の夢が現実になった。

そして、次の目標は海外で生活すること。

それが今…

夢はどんどん、広がっていった。

今度も上手くいくのかな?



今日も街へ出ました。

タイワンで日本人はモテると聞くけれど、

これは日本と同じように黙ってたら、何も起きない。

イケメンが街で1日突っ立てても、誰からも話しを掛けられることはないだろう。

これは世界中どこに行っても同じ。

やっぱり自分から話を掛けないと始まらないだろう。

出会いもお金と一緒で、待ってたって何も降ってこない。

っと思っていたのですが…


駅で2人組の女性にLIVEの宣伝でパンフを渡されて、

言葉が話せないので、無言でいると「Japanese?]と話を掛けられました。

「yha」と答えると「Whaaao!」と反応され、興味津々に色んなことを聞かれました。

英語で… 意味がちょっとしか理解できませんでした。

携帯番号聞かれたけれど、携帯持ってないので、facebookの連絡先を教えました。

こんなこともあるもんだと驚いています。


その後、道を聞いて案内してくれる大学生がいました。

これはいい中国語の勉強になると、思いきや、中国語で話すと

全部英語で帰ってくる…

英語わからないんだってば…

片言の英語で少しだけコミュニケーションをとりました。

話を掛けた人数は5人
2012-07-09

12日目

今日の気温は36度

タイワンに来て、もうすぐ2週間が経過する。

今は買い物すら、ろくに出来ない。

本当にゼロからのスタートだ。

日本に居たときのように、街で声を掛けてトークすることも出来ない。

ガンガン行くこともできない。

頭の中で色んなことが交差する。

僕は日本人。

日本人の僕が変な声掛けをしたら、日本のイメージを悪くするんじゃないか?

とか余計なことまで考えてしまう。


若干違うけど、これってナンパの初期の頃の感じに似ているのかな。


今日は買い物をするときに、片言で声を掛けました。

注文の仕方がわからなかったから、前に並んでる女の子に聞いた。

ちょっとだけ話したけど、相手の言ってることが理解できない。

英語でも言っていたけど、理解できなかった。

でも少しづつ進歩しているのかな。


声掛けはこのまま続けよう。


語学は自分が話さないと覚えない。

聴いてるだけでは覚えてない。

多くの人は学校に行って覚えるだろう。

学校で学んで、少しづつ現地の人と交流を増やして話すようになっていく。

なかには交流を持たないで終わる人もいる。

僕は逆転の発想だ、先に声掛けをして、わからないながら自分から話す。


タイワンに来てから60人くらいの人に声を掛けたと思う。

自分的にはこれは少ない数字だ。


家族、友人、彼女、誰もがありえないと言う。

今はこれが正しいのか、試している段階。

タイワン人の彼女に学校に行けと猛プッシュされている。

学校は金があれば行ってもいいけど、学校に行く金の余裕がない。

学校に行かずに覚えられたら、僕のやってたことは間違いじゃなかったと実感できる。

とりあえず、今やれることをやるつもりだ。
2012-07-08

11日目

午後夕方から彼女の姉さんカップルと会いました。

彼女にタイワン語に対応している電子辞書が欲しいことを

事前に伝えると、彼女の姉さんが日本語を話せる友人を連れて来てくれた。


その友人の彼は凄い人で中学の頃から、日本のドラマを見たり、

J-POPを聴いたりして独学で日本語を学んだ。

独学なのに日本語がペラペラ。

ミスチル、ラルク、Bzが大好きなようです。

夢は日本の47都道府県を旅行すること。

僕が47都道府県全て制覇したことを話すと興味心身に色んなことを質問してくれた。


その後、電子辞書を一緒に探しに行きました。

彼が機能や使い方を通訳して説明してくれました。


いい電子辞書が見つかって、買おうと思ったけど、お金が足りなかった。

そうしたら、お姉さんの彼氏がお金を貸してくれました。

みんなお腹空いてるだろうに、買うのを態々付き合ってくれ、

しかもお金まで貸してくれ本当に優しい。


電子辞書を買った後は、みんなタイワン料理を食べました。

「日本とタイワンは永遠の友達」と言ってくれました。

食後はお会計まで出してれた。

本当に感謝しきれない気持ちで一杯だ。

「ここのお店は美味しかったですか?」と聞かれ
「食事も美味しい、それよりもみんなと食事できたことが一番嬉しい」と伝えました。

「私達もアナタに会えたことが嬉しい」言ってくれました。

台湾人の優しさは涙もんだ。

みんな日本のことに凄く興味を持ってくれているようだ。

この気持ちはいつか恩返ししたい。


僕が一番心に、沢山の義理を作ってしまった。

こんな奴がこれから、タイワンでナンパもするだろう。


沢山の愛情はありがたい…

タイワンに来る前は僕はこれを一番心配していた。

彼女の家族に義理をつくってしまうのが嫌だった。

こんな奴がこれから、台湾にナンパもするだろう。

僕はみんなを裏切ろうとしているのか…?

でも、それとこれとは別、自分のやりたいことをやりたいときにやる。

矛盾しているね。

悩め…
2012-07-07

10日目

タイワンに来て10日が経過…

未だ特に変わりはない。

今日は変な寝方をして、頭痛気味だったので、家でゆっくりしてました。

タイワンに来て思ったこと、

外から見て、やっぱり日本は凄い。

東京は近代的で街が綺麗。

日本の女の子は可愛い。

今までそれが当たり前だった。

東京や大阪は化け物のように街が栄えている。

多くの外国人が日本に憧れるのがわかるような気がします。

住宅街が綺麗に整備されているし、ゴミも少ない。

日本には、のどかなところ沢山あるし、外から眺めると日本ってやっぱり凄いね。


僕は今海外にいる。

僕は諦めない。

僕は勝つ。

台湾で沢山の拾いものをする。

僕は負けない。
2012-07-06

9日目

今まで口癖のように言われて来た言葉。

もっと他人の意見を聞きなさい。


今日はmixiのコミュニティ等で

台湾に来ている日本人の意見等を参考にして色々と調べてみた。

流石にずっと家にひきこもっているのもマズイ…


でも、ダメだ…

調べれば調べるだけ虚しくなるのだ…

他の人と自分を比較してしまうような気がして。

ネット上に不安を煽るようなことが沢山書いてある。

中国語が話せないと仕事がないとか、あっても月末ですぐ解雇される。

仕事が見つからなくて日本に帰国したとか、

参考になる情報もあるけど、マイナスの書き込みが多い。

それが本当かどうかもわからないし、もうネットの情報に頼るのはやめた。

これはナンパブログで同じような傾向があるように思う。

他人と比べて、自分が小さく感じてしまうのだ。


頼るのはネットではなくて、人に頼ろう。

その為には、まず人脈をつくらなきゃならない。

さてどうっすかな。


僕は僕のやれることをやろう。

今やるべきことは人脈を広げること。

僕のやり方が通用しなかったら、それまでだってこと。

他の人の情報に左右されて、臆病になるのだけはゴメンだ!


夕方街へ出ました。

今日は台北の地下にオタク街みたいなところがある。

そこで、3人組と会話をしました。

「不好意思」すいません
「請門一下」ちょっと質問してもいいですか?

ガンダムに指さして、「台湾這個名子?」(台湾語の名前は?)

ガンダムは中国語でなんて言うの?って意味です。

「日本語で大丈夫です」って言ってくれて日本語で少し会話しました。

日本のアニメが好きで日本語を大学で勉強しているようです。

そのうちの2人とfacebookの連絡先を交換しました。

後日またコンタクトをとってみようと思います。


もう人も同じような感じ、30分くらい筆談も交えて会話しました。

優しい人で僕が会話を聴き取れないと、ノートに漢字を書いてくれた。


とりあえず、僕が語学を覚えるために今やれることは、これが精一杯だ。

騙されない程度にやれるだけのことはやろう。
2012-07-05

8日目

今日は一日家でゴロゴロしていた。

この一週間…

毎日外に出ていたので、たまには家でゆっくり休みたい。

机の上で勉強するのは苦手だが、

今日は珍しく机の上で中国語を勉強した。


正直今は少しだけ孤独だ…

こっちで誰も関わる相手がいない。

街に出てちょっとコミニケーションをとるくらいだ。

今の自分は友達を作るだけの語学力がない。


近日、国際宿舎で出会った日本人と会うつもりだ。

まだ携帯を持っていないから不便だね。


孤独と退屈なあまり、日本語サイトを見て、

youtubeで日本語の音楽を聴き、彼女と日本語で話してしまう。

自分の思ったようにはいかない。


孤独とはいえ、今日本に帰りたいと思わない。

今日本に帰ったところで何もない。

僕は諦めない。

ここで沢山の拾い物をしてから帰国するつもりだ。


夜になってから、晩御飯を食べに街へ出る。

今ままで気づかなかったけど…

タイワンは夜が面白い、昼よりも夜の方が活気がある。

明日から夜、街に出ようと思う。

昼の紫外線が強い時間に出なくていいね。


明かりがないなら、進んで明かりをつけましょう。
2012-07-04

7日目

早いものでここに来て一週間が経過した。

自分の語学レベルは相変わらずだ。

早く話せるようになりたい。


今日はクレジットカードでお金を降ろした

日本の銀行を海外でお金を引き出して、両替するよりも、

クレジットカードでキャッシングした方が手数料が安い。

English表記でだったので、ビクビクしながら引き出した。

なんとかなりました、これで一安心。


今日も街へ出て何人かのタイワン人と話しました。

だけど、言ってることはちんぷんかんぷん。

わからないのに話すのに意味が見出せなくなったので、早々と帰ってきました。

こんな日もあるよね。


帰ってる途中に日本語で話している若い2人組の女の子がいた。

話しかけてみたが、最初は警戒されていた。

日本人と言ったら少し安心してくれました。

ガイドブックに載ってる店の場所を聞かれたが、

わからなかったので、代わりにタイワン人に聞いてあげた。

聞いたのはいいものの、全部はわからない。

大体の場所はわかったので

メモに書いて

「私想去」(私は○○に行きたい)
「這固」(これ)

もし迷ったら、台湾人に聞いて、

ガイドブックに書いてある店に指をさして

「這固」(これ)といい、「私想去」(私は○○に行きたい)と言えば大丈夫と伝えた。

久々に日本語で話せたから安心したよ。


不便なところは色々はあるけれど、不思議と僕は今は辛いとは思わない。

まだまだ先は長い、今自分のやれることをやるよ。


ある人の言葉だけど、

意味のないことなんてない。

流れていく。

僕はこの「流れていく」という言葉が好きだ。

尊敬するライさんもよく言っていた。

仕事を辞めて、放浪して、台湾に来た。

今現在仕事もしていなけれど、なんとかなってる。

自然に流れていけば何か見つかるよね。
2012-07-03

6日目

タイワン来て思うことは、日本は凄いと思う。

衛生面、環境面では恵まれている。

日本の街は綺麗だ、タイワンの街は小汚い。

風呂上りにタオルで体を拭くと、タオルがちょっと生臭くなる。

水がよくないんだと思う。

日本の清潔度は海外からみたら異常だと思う。

タイワンはまだ良いほうで、韓国や中国なんかもっと汚いらしい。

国際宿舎で会った日本人が言っていたけど、

フランスやイタリヤなんかも街がゴミだらけらしいね。



部屋に篭っててもしょうがないので街へ出ました。

今日は色んなことがありました。


とあるファミリーに道を尋ねたところ。

高校生の女の子で日本語が話せる子がいました。

塾に通って日本語を勉強しているらしい。

「日本の全部がスキ」と言っていました。

「出身何処デスカ?」と聞かれて「千葉」と答えると

「ディズニーランドがあるところデスネー」と言ってました。


時計を忘れてしまったので、

通行人に「what time is it now?」と英語で時間を聞いたら「日本人?」と尋ねられる。

そこから、15分くらい筆談を交えて会話しました。

この人も「我喜歡日本」日本が好きと言っていました。

15分の会話が僕にとって大変いい勉強になりました。


その後、街を歩いていると、女2男1のグループに中国語で話を掛けられました。

「我是日本人」と答えると、興味津々に話を掛けてくれた。

仕事はしてるの?旅行で来てるの?とかだと思う。

筆談で去年の地震の時の援助金ありがとうと伝えました。

タイワンは去年の東日本大震災のときに

人口二千万の小さな島なのに一週間で200億もの募金をしてくれました。

世界でもこの金額はダントツで一番です。

2番目はアメリカで90億円。

タイワンがどれだけ日本を好きでいてくれているのかがよくわかる。

別れ際に日本語で「頑張って!」と言ってくれました。


帰りにまた道に迷う。

通行人に片言の中国語で道を聞く。

「japan?」と聞かれ「はい」と答える。

通行人が「私日本語話せますよ」と言いました。

それから、20分くらい色々と立ち話をしました。

この人も日本が好きなようだ。

困ったことがあったら、ここに連絡してと携帯番号を教えてくれました。

今日は20人くらいに声を掛けたかな。


タイワン人は本当に優しいね。
2012-07-02

5日目

今日も街に出て10人ほど声掛けしました。

相変わらず、中国語は幼稚園レベルかそれ以下。

相手が何を言っているのか聞き取れない。

タイワンは熱いし部屋に篭って、中国語のテレビ見て学習するのが一番楽だ。

だけど、それだけじゃ話せるようにはならない。

人間とのコミニケーションが必要だ。


今日はナンパらしく普通に声を掛けました。

CDを見ている子に「你喜歡嗎?」(これ好きなんですか?)と声を掛けたりしました。

タイワンの芸能人が居たので、見ている子に

「誰?」と話を掛けて、筆談を交えて10分くらい立ち話をしました。

でも相手が何を言っているのかサッパリわからなかった。

まだまだコミニケーションができる状況ではないけれど、

諦めず明日も街に出て、声を掛けよう。


タイワンに来て5日目

彼女の話によると、僕の中国語は急速にアップしているらしい。

自分では全然わからないけどね。

語学を覚えるには話さないことには始まらない。

だから、知らない人に自分から話を掛けなければならない。

=これはナンパと同じ原理だと思う。

彼女の友人達が、僕のこーゆう考えに驚いているらしい。

他の外人でも、こーゆう考えの人は少ないみたい。

学校で勉強するのが普通の考え方だろうね。


僕は僕のやり方で一生懸命頑張ろうと思う。
2012-07-01

4日目

昨日の夜、夜中に暑さで魘されて目がさめる。

温度計を見ると30度を超えていた。

流石に我慢できなかったのでクーラーを一時間程つけました。

クーラーを付けなかったのはタイワンの電気代は高いのだ。

日本で一人暮らしをしているとき、クーラーを付けっ放しにしてても、

電気代はせいぜい3千ちょっと。

タイワンの電気は僕の憶測だと1.5倍くらいなんじゃないかな?

多くのタイワン人は電気代をケチるためにクーラーではなく扇風機を使うらしい。

日本が電力面でいかに恵まれていたのかがよくわかる。

8月には40度近くまで上がる日があるらしい。

この先、どうなることやら、暑さに耐え切れるかどうか。

最終的にお金はいくら掛かってもいいから、
クーラーだけはつけさせてくださいませ!というよになってしまいました。


今日は暑くて何もする気になれなかった。

午前中に少しぶらっとしたけれど、すぐに熱中症っぽくなった。

結局部屋に篭ってマスをかいてダラダラと過ごす。

今日も10人くらいの人に話しを掛けた。


タイワンに来て4日、街に出てなるべく人に話しをかけるようにしている。

部屋に篭っていたり、現地の人と話さないと言葉を覚えない。

まだ道を聞いたりすることくらいしかできないけど、日常会話が出来るようになりたい。

ICレコーダーを常に持ち歩いて、自分が会話した内容を録音しておいて、

後であのときなんて言っていたのかを調べている。

まるでスパイ行為のようだ(笑)

言葉が通じないのは恥ずかしいけれど、とりあえず話さないことには始まらない。


国際宿舎で何人かの日本人に会ったけど、

色んな人がいるけれど、日本人は日本人同士で集まる人が多い。

海外で日本人と会うとホッとする。

でも多くの人が中国語を学校で習らうだけで終わってしまっている。

一人だと本当に孤独だから、そうするのもわかる。


僕はタイワン人の友達を沢山作りたい、

わからないのに話すのは恥ずかしいけれど、沢山のタイワン人と話そう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。