--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-08-26

西東京

スーサンです。

今日は西東京の中心地へ行ってナンパして来ました。

一つ問題点が…

仙台の兄の自宅にメガネを忘れてしまった。

視力が0.3位なので相手の顔や表情がわかりませんでした。


駅のホームで20人程声掛け

反応は1人だけでした。

赤のスカートを履いている女性
スーサン「こんにちは、エレガントなファッションだね」
女性  「ありがとうございます」
スーサン「これからどこ行くの?」
女性  「TOICEの模試です」
スーサン「ストイック???…あ、TOICEね」
TOICE(トイック)ストイックと聞こえた

スーサン「ここで会ったのも何かの縁だし、友達にならない?」
女性  「ごめんない、彼氏が厳しいんです」
スーサン「わかった、ありがとう。またね~」


帰る途中に暴風が吹いてパンチラがあったのですが、
メガネをしていないので、視力がなくパンチラは拝めませんでした(泣)

これだけが今日一日の悔いですね。。。。。。
スポンサーサイト
2011-08-25

仙台から帰宅

Rちゃんと別れてからは仙台在住の兄と会った。

兄の会社の社長さんに牛タンを食べに連れってってもらった。

兄が僕を社長に紹介にするとき
兄  「弟の趣味はナンパなんです、今日も仙台でナンパしたみたいですよ」
スーサン「おまえは風俗ばっかり行ってないで弟にナンパ教えてもらえ」
兄  「いや~、俺には絶対無理ですね、一度もしたことない」
 

牛タンを食べてから兄宅へ泊めてもらった。


小学校の頃にドラゴンボールとプロ野球のTVの取り合いで喧嘩してガラス割った後が
ガムテープを張ったまま、今でも痛々しく残っている。

僕は子供の頃はくそ生意気なガキだったので、一方的にこの兄にはボコボコにやられました。

子供の頃は犬猿の仲でしたが、時間ってのは不思議なもんだな。


兄の家で4時過ぎまで起きていたので、秋田や青森に行くのは辞めておきました。


スケジュールも厳しいですし、また別の機会にしました。

仙台は震災の被害もありましたが、仙台市内は東京と変わらず機能しています。


午後仙台から東京へ新幹線で帰宅しました。
2011-08-24

多重人格

今日の日記をどのように表現したらいいのか悩みに悩んだスーサンです。

仙台の続き…

ここからは嘘くさいですが、本当の話です。

Rちゃんとカフェで軽くお茶をする。
話している最中にかなり変わった子だと感じた。

打ち解けるまでかなり時間がかかりそうだな。

カフェを出から、Rちゃんの母親の時計を一緒に探した。

歩いている途中で「肌の色白いんだね」と言って手を触り、そのまま手を繋いだ。

Rちゃんの体の調子が悪く、商店街のベンチに座る。
彼女は今日は女の子の日だった。

Rちゃん「カフェみたいなとこに入って休みたい」
スーサン「寝転がれるところがいいよ、すぐそこにカラオケボックスがあるからそこ行こう」

カラオケ屋に入る。
カラオケは一切せず、ボーっとしていた。

話しているとRちゃんの会話の節目、節目におかしな点を感じた。

長くなるので彼女が言っていたことを過剰書きに纏めた。
①友達がいない、友達の良さがわからない。
②彼氏は居たが別れた、好きかわからなかった。
③恋愛と言うものがなんなのかもわからない。
④そもそも人を好きになるということがなんなのかわからない。
内容は省略…

ビックリするのはここからでした…

スーサン「男の人を好きになれないっていうのは、ひょっとしてレズとかってこと?」
Rちゃん「そうじゃない、自分が男なのか女なのかわからなくなるの」
     「今日は女の子だけど、男の子の日もあるの」
スーサン「それはどうゆうことかな??」
Rちゃん「わからない、でも時々別の人が私の体に入ってきちゃうの」
スーサン「それって二重人格ってことかな?」
Rちゃん「わからない…何人自分の中に入っているかわからないんだ」
長くなるので省略…

スーサン「Rちゃんの体に何人位入れ替わるの?」
Rちゃん「わからない、たまにアニメのキャラクターとかが入ってくる」

偶然にも僕は最近、多重人格者の本、マルチエイジレボリューションを読んだばかりでした。
41sLabPPYwL._SL500_[1]

マルチエイジレボリューションは7人の人格を持っている女性の実話はなしです。

多重人格とは過去のトラウマからなる傾向が強い。

主に幼い頃に友達に意苛められたり、虐待されたこと等が誰にも言えなかったして、
ショックな感情が心の中に眠り、このショックがなんらかの心の障害として残る、
この残った心の障害が別の人格としてでてしまうものである。

多重人格の症状がマルチエイジレボリューションに出てくる女性と
ビックリするくらいRちゃんと言うことと当てはまっていました。

僕が一緒に居たときは特別人格が変わることはありませんでしたので真実はわかりません。

この子の過去のトラウマを徐々に聞いていきました。

Rちゃん「私、保育園の頃、凄く太ってて皆から苛められていたの」
スーサン「今までずっと辛かったんだね~」
長くなるので内容は省略しますが、Rちゃんを抱きしめました。

スーサン「抱かれると安心しない、本当はこうやって甘えたかったんじゃないの?」
Rちゃん「…わからない」

そのまま自然の流れでキスをしました。

Rちゃん「一体何人の女性とこんなことしてるの?」
     「彼女居るでしょ?」
スーサン「う… いないよ…」

自分でもいけないのはわかっています。

ただ僕はこの子をなんとかしてあげたいと思いました。

僕は予定があったので、カラオケボックスを出てRちゃんを仙台駅まで送りました。

Rちゃん「私達ってどーゆう関係?」
スーサン「恋人未満って感じじゃない?」

Rちゃん「親に彼氏が出来たって言ってもいい?」
スーサン「それは絶対に辞めておいた方がいい」
Rちゃん「なんで?じゃぁ親になんて言えばいいの?」
スーサン「元彼と同じようにアメーバで会ったって言った方がいいよ」
Rちゃん「私嘘はつけない、すぐ顔に出ちゃうし絶対にバレる」
スーサン「世間一般から見て、ナンパの印象は良くない、Rちゃんの両親は心配するよ」

Yちゃん「私の親に会って話してもらえればわかると思う」
スーサン「うん…、そうだね、でもまだ親に会うのは早いと思うよ」

彼女の話を聞いて、両親が相当心配しているのがわかりました。
僕は付き合うとは一言も言っていませんが、彼女のラインではキスした時点で付き合うことになったようです。

ナンパをすると本当に色んな出会いがあるね。

意味のない出会いなんて一つもない。

付き合う、付き合わないは置いておいてRちゃんとは長い目で見ていこうと思っています。

一つ、一つトラウマを一緒に解消できたらと思います。

嘘くさい話ですが、信じるか信じないかはアナタ次第…
2011-08-24

仙台

山形から仙台へ移動しました。

9時30分に到着。



さっそく声掛するが、悉く玉砕。

久しぶりに心が折れた。

20人程を掛けましたが、反応がまったくなし。
連続無視が続く…


バスの疲れと空腹があったのでネットカフェで休憩、昨日から昼から断食をしていたので
自分へのご褒美にオレンジジュース一杯、オナニー一回を与えました。

2時間休憩して再び声掛け

ボーダータイツを履いている女性
スーサン「このボーダーのタイツ今流行ってるんですか?」
女性  「わからないです~」
このままちょっと雑談
スーサン「どこに行くの?」
女性  「母親への誕生日プレゼントをパルコに買いにいくんです」
スーサン「そうなんだ~」
女性  「お兄さんは?」
スーサン「僕は夕方まで時間が空いてるよ」
女性  「良かったら一緒にお茶しません?」
スーサン「いいよ!僕も今誘おうと思ってたとこ」

女性から誘われるなんて、こんなことがあるもんなんだな~

ナンパで逆に誘われたのは生涯2度目。

名前はRちゃん
オタク
高校を卒業したばっかりの子
現在は通信制の大学に通う大学生
趣味は漫画を書くこと


ここからが嘘のようなホントの話

衝撃的ことがあった。

かなり長くなるので、後ほど更新します。


2011-08-24

山形

島田紳助の突然の引退に驚いているスーサンです。

夜行バスで山形に来ました。

高速バスは結局1時間位しか寝れませんでした。

深夜の東北道を走る高速バスはエヴァの初号機バリの暴走でした(汗)

いつ横転するのかと感じてしまうほどヒヤヒヤしました。


早朝7時30分に山形に到着しましたが、下記の写真のとおりまったく人がいません。

    

駅の周りにも特になにもありませんでした。

なので7時55分の電車で仙台へと移動しました。
2011-08-23

東北へ出発

今新宿スバルビル前にいます。

これから山形へ出発。


早朝にここスバルビル前に来るとAV女優に会える可能性があるらしい。
AVのロケ現場の集合場所はここがお決まりらしいです。


明日の美味しいものを食べる為に晩ごはん断食した。

夜行バスで寝れるかどうか不安…

東北遠征楽しんで来ます。
2011-08-22

東北遠征

スーサンです。

東北へ遠征します。

8/23日に新宿から夜行バスで出発

翌朝8/24日に山形に着いて、昼頃仙台へ行きます。

8/25時間と体力があれば、青森、秋田、盛岡に行きたいと思ってます。

ただ夜行バスで行くのでナンパする体力と気力が持つかどうかです。

夜行バス遠征用にこれほしいです。

ノイズキャンセリング
http://www.sony.jp/headphone/lineup/noise_cancel.html

楽しんで来たいと思います。
2011-08-16

地元でのナンパ

加藤鷹は教科書に載るべき人物だと思うスーサンです。




今日は13時から地元の友人と会いました。


予定より30分程早く着いたので、地元の駅前でナンパしました。

街を徘徊するが、人がまったくいない…

ここで、うろついてナンパしたらすぐ有名人になるね。


駅のホームで切符を買っている可愛い子がいました。

よく見たら高校の頃の同級生、そのまま素通りしました。

声掛けなくて良かった~


ボストンバックを引いている女性
スーサン「こんにちは、地元に帰って来ているんですか?」
女性  「はい、そうです」
スーサン「どちらから?」
女性  「広島から来ました。」
スーサン「へぇ~大変だね~仕事場が広島なの?」
女性  「学校が広島です」
スーサン「気をつけて帰ってね」

その後は街に居たアメリカ人と話していました。

そうこうしているうちに、友人と会う時間になり終了。


改めて東京の良さを再確認しました。


田舎だとやっぱり、ナンパは厳しいな。
2011-08-15

実家帰省前のナンパ

保育園の頃のあだ名がマルコメみそだったスーサンです。


お盆は仕事なのですが、
今日は有給休暇を使って千葉の実家へ帰省しました。


高速バスに乗る前に時間があったのでナンパしました。


ナンパ中にある失態を犯してしまった。

それは昨日の夜のこと…

行きつけのラーメン屋でラーメンにんにく大盛りで食べた。

その後、彼女と会い
にんにく臭いと言われ、部屋の中がにんにくの臭いで充満しているとまで言われる。

自分ではまったく言っていいほど気づかなかった。


ハッっと気づいたときは遅し…=( ̄□ ̄;)⇒

僕はにんにくの臭いのケアをすっかり忘れて声掛けをしていた。

声掛けをして女性に顔を近づけたとき、

女性は嫌な顔をして、そのまま行ってしまった。

今日はそんなことが何回かあった。

皆さんにんにくの臭いには注意しましょう。
自分では気づかないですが、にんにく臭は強烈です。

すぐにミントガムを噛んで再び声掛け


花柄のタイツを履いている女性
スーサン「こんにちは、そのタイツがなんて言うんですか?」
女性  「レギンスって言います。」
スーサン「何してるんですか?」
女性  「適当にブラブラしてます」
会話以下省略…

スーサン「出会った記念に今度飲み会でもしましょう?」
女性  「嫌、遠慮しておきます」

スーサン「大学生?」
女性  「嫌、違います、社会人です」
スーサン「社会人何年目?」
女性  「2年目です」
スーサン「僕、いくつに見えます?」
女性  「大学生?」
スーサン「嬉しいこと言ってくれるね~、僕は昭和××年生まれだよ。」
女性  「嘘でしょ?私より年下かと思った~」

いや~、若く見られることは嬉しい。

スーサン「出会った記念にお茶ご馳走するよ」
女性  「いえ、いいですよ」
スーサン「少しだけ飲もうよ、宗教の勧誘とかはしないから(笑)」
女子  「じゃぁちょっとだけだったら…」

お茶をすることになりました。
名前はRちゃん

2時間程、お喋りをしてケツが痛くなる。


連絡先交換しました。
M先輩とK後輩に飲み会を開いてあげたいのですが、
Rちゃんはプライベートで2人では会ってくれそうですが、飲み会はなさそうです。

Rちゃんの恋愛話を聞いて、
見た目は性格がキツそうなギャルですが、実に純粋な良い子だと感じました。


若いうえに純粋だし、2人で会えば男女の恋愛関係に至ったときに傷をつける。

ってことで自分から連絡することは辞めておきました。

少ない時間でも楽しく会話出来たし、これで良かった。

ナンパの出会いは一期一会で良いと思っています。

ナンパしていると色々な出会いがあるね。
2011-08-14

職場の後輩くん

仕事終わった後に

職場のM先輩とK後輩で僕が週に2回は行っているラーメン屋へ

ラーメンをにんにく大盛りで食べた後、
M先輩は車で帰宅し僕はK後輩くんと駅まで一緒に帰る。

K後輩くんとの会話

K後輩 「スロット辞めました、スロット辞めた時間が暇になりましたね。」
スーサン「スロット辞めた時間を彼女作る時間に費やしたらいいんじゃないの?」

Kくんは彼女願望があるんだけど、人見知りの性格で高校生の頃から彼女がいない。

K後輩 「僕にもは無理ですよ~」
スーサン「大丈夫だよ、すぐ出来るよ」
K後輩 「お聞きしますけど、スーさんは彼女を作るとしたら、どうしますか?」
スーサン「僕はまず人が集まるところに行くかな、それか友達に紹介してもらうとか」
K後輩 「例えば人が集まる場所ってどこですか?」
スーサン「…飲み屋さんとか、友達の集まる場所とかかな」←ナンパとは言えない

会話の中でナンパしていることは一切言いませんでした。

スーサン「後は外に出る機会を増やすよ」
K後輩 「ナンパとかですか?」
スーサン「僕は街にやるような直接的なナンパはしたことないよ」←大きな嘘である
     「タダ、お店の定員さんとかに携帯番号渡して付き合ったことはあるよ」

直接的なナンパをしていることを隠しているので、自然の出会いであるかのように言いまわしました。

K後輩 「何割くらいの確立で返事きますか?」
スーサン「10人中1人くらいかな」

K後輩 「僕はスーさんのようにそんな積極的なことはできないです」
スーサン「こーゆう出会い方もあるから積極性を少し出してやってみるものいいんじゃないかな?」    

K後輩 「僕のことは心配しなくていいです、俺はもう諦めていますから」
スーサン「Kくんは人間性があるから絶対大丈夫だよ!」

Kくんとは駅の改札で別れました。

自信がないとここまで思いつめるものかと不思議に思った。


Kくんになんとかして飲み会を開いてあげたい。

Kくんはルックスも悪くないし、頭の回転も速く面白い。

頭の回転の速さや面白さは年下ながらに僕は尊敬する。

頭もいいので仕事もできる。

僕は彼は将来大物になる人物だと思っている。

何とかして、ナンパで飲み会を開いてくれる相手を探そうと思いました。
2011-08-13

リベンジ

お盆も仕事中のスーサンです。

皆さんは如何お過ごしでしょうか?


今日は帰りに以前バス亭で話しかけて、仲良くなった
ダニーというスペイン人とバスで一緒に帰りました。

途中から彼の友達が4人バスに乗って来て、彼らの輪の中に入りましたが…

僕の知っている英語は…
「Do you like japanes」
「You are beautiful」
「How you today?」

この3つ位です。

発音もダメダメなので、
殆どコミニケーションはとれませんでした。

英語も勉強して覚えないとな。

ただダニーには今の彼女と駅前でナンパして出会ったことを話したら、
「君凄いね~」と驚いていました。



その後…

仕事帰りにこの間のリベンジを果たすべく10人程ナンパして来ました

が…特に何もなく、いい反応は得られませんでした。

明日は仕事終わってから彼女と会う予定ですが、
会う前に時間があれば再リベンジしようと思います。

最近一日10人声を掛けることが、
ノルマみたいになって来ているので、

楽しくナンパすることを心掛けようと思います。
2011-08-11

反応ナッシング

スーファミのファイナルファイトをもう一度プレイしたいスーサンです。

子供の頃、このゲームは大好きでした。



かれこれゲームは10年近くやっていません。

一番最後にやったゲームはPS2のファイナルファンタジーX
Tidus_and_Yuna_2[1]

リュックというキャラクターをおかずにした記憶があります。



今日は10人ほどナンパして来ました。

16時 暑くてちょっと歩いただけで脇に大汗をかいてしまった。

今日はまったく言ってよいほど反応を得られませんでした。

まぁこんな日もあります。

帰りに行きつけのラーメン屋へ寄って帰りました。

時間があれば明日リベンジしたいと思います。



無視をされてヘコむ理由

ナンパをウザイと思う女性は、冷たい表情で少なからず負のオーラを出しています。

この顔の表情等をモロに受け取ってしまうと自分も負のオーラを受けてしまいます。


こーゆー時は、さっと目線をそらして呼吸を整えるが良いかと思います。


2011-08-10

相談ごと

トイレの神様を最近知ったスーサンです。

今日はナンパしようと思ったのですが、

昨日の疲労が残っていたため、

一日何もせずに廃人状態になっていました。

ここ最近、確実に体力が低下しているのが、目に目えてわかります。


今日の昼、地元の友人から連絡が入る。

深刻な相談ごとだった。

その友人は先日、自分の夢である職業に就職したが、

職場の体質が合わず、職場の偉い人に酷いことを言われて仕事を辞めてしまった。

彼女や家族に対する罪悪感、何年も掛けて培ってきた夢の崩壊

その友人はあまりにも強いショックで病院へ行き精神安定剤を飲んだ。


相談をのっているうちに自分までも負のエネルギーを受けているのがわかった。

話を聞いているうちに、まるで自分がその友人と同じ状況に置かれているかのような感じになった。

ここは負のエネルギーを受けていけないと思い、

一旦深呼吸をして、電話ごしから友人との一定の距離感を保った。


そう友人はもの凄く気が弱くナイーブ、その友人の会社はチョー体育会系

冷静に考えてもその友人には合わない職場だ。

その友人は僕以外の他の友達にも相談したが、
「お前は、なんでそんな簡単に夢を諦めるんだよ」
「お前は男じゃねえよ、なさけねぇ~ 根性がねぇんだよ!」

と一喝され余計にヘコんでしまった。


僕は友人に自分を肯定することをアドバイスした。

「そこは辞めて100%正しい道を選んだだから正解だよ。」
「辞めたことは間違ってないよ。」
「自分のあった道はそのうち見つかるよ、今はそのタイミングじゃないだけだよ」
「焦らずにゆっくり歩いて行こう。」


磁石のS極とN極があるように合わないものは合わない。

01028[1]

感情論や根性論での考えは何も解決にならない。


数時間後に友人から自分の考えているモヤモヤが吹っ切れて元気になった、

本当にありがとう、スーサンは俺の本当に性格を理解してくれて嬉しいととメールをくれました。

その友人にはピタリとハマル職場を見つけてほしいものです。
2011-08-09

社会経験

地デジを見ていたら佐藤隆太の白髪を何本か発見しました。

映像が綺麗になると見えないところまで見えてしまうので芸能人も大変だな。

image_impression0101[1]

改めて地デジの凄さを知りました。


今日は職場の飲み会でした。

話を遡ること一ヶ月前、職場で彼氏、彼女がいない人達同士で飲み会をしませんか?

と女性社員の人から誘いを受けましたが、即刻断りました。

彼女はいたのですが、どこで出会ったのか?聞かれるのが嫌なので会社では隠していました。
流石に彼女とはナンパで出会いましたと言えないので(笑)


会社の合コンチックな飲み会だと

噂になり、ネタにされるのが目に目えているので、やめておきました。

僕は昔から会社の女性にはに手を出さないようにしてます。


後日…

幹事である秘書の先輩女性に直接誘われたので参加することにしました。

因みにこの秘書の女性は結婚しています。
後輩の女性社員の為に飲み会を開こうと思ったようです。


飲み会は盛り上がり、2次会が終わって店を出るとき
泥酔している幹事の秘書の先輩女性が僕の腕を組んできました。

先輩や同僚達が見ています、同僚達はみんな笑っていました。

スーサン「ほらほらスクープになっちゃいますよ~(苦笑)」←この時点で半勃起

このまま駅まで歩く…

先輩秘書女性は再び僕の腕を掴みました。
先輩女性「ねぇ…お願い、もう少し一緒に居よう」

同僚達の目があるので、躊躇しましたが、
ここまで積極的な女性の誘いを断るのも失礼かな?

気づいたら同僚達は電車に乗っていない…

終電を逃しこのまま残ることにしました。

スーサン「取り合えず、どこか座れる場所に行きましょう」
先輩女性「私、朝まで休める場所知っているよ」


そのまま公園まで歩く…

僕は敬語を使いながら、公園でキスをする。

「私…変かな?」
「変じゃないですよ、人間の本能だからね」

タクシーを呼び先輩秘書女性に導かれるがままホテルINし、初発で帰宅しました。


ここまで積極的な女性は
島耕作
の漫画の世界だけだと思っていました。
imagesCAJN5XM6.jpg

先輩女性は、はじめて見たときから僕のことが気になっていたそうです。


スーサン「これは2人だけの秘密にしましょう。」
      「会社ではいつもと同じように普通にしましょうね」
先輩女性「当たり前じゃん、でもなんか不思議な感じだね」

先輩女性は結婚して10年以上経つようですが、旦那がセックスをまったくしてくれないそうです。


今日は社会人としていい経験になりました。

kousaku[1]

別れ際、タクシーを降りた後にキスをしてほしいと言われ

キスをして別れました。

明日から社内では、何事もなかったかのように接します。
2011-08-05

空白の2年編 その1

ブログを休んでいた空白の2年間の記憶に残るっていることを書こうと思います。

2010年 3月 某日

かおりに会いに一年ぶりに大阪へ行きました。
一日目はUSJへ、3日目は奈良へ

2日目の空いた時間にナンパンマンさんと新今宮駅で会う。

ナンパンマンさんと通天閣へ行って、

PAP_0045iriguti.jpg PAP_0039kesik.jpg PAP_0043rtuuten.jpg


最上階まで上り大阪の景色を一望し、通天閣を降りました。


通天閣の出口付近で2人組の女性に声を掛ける。

スーサン「上はどうだった?」
女の子 「あ…楽しかったです。」

簡単に雑談をし、一人の子と連絡先を交換。

名前はKちゃん。
地元が千葉で僕と一緒でした。

大学生で日帰りで千葉から大阪へ来ていたようです。


それから約2週間後、柏でKちゃんと会いました。

薀蓄ですが、京都出身の知人に聞いた話
昔の一部の関西人は柏のことをトサカと呼ぶそうです。
ニワトリの頭の先の鶏冠(トサカ)の部分が、かしわとも呼ぶようです。

はいっ!どうでもいいよ~θヽ( ^^)Ξ( ^^)ノ・

まずは居酒屋へ入る

どんな話をしたのか忘れましたが、
Kちゃんの父が経営していた蕎麦屋を去年畳んだこと
幼い頃からバレリーナをやっていて体が柔らかいこと

Kちゃんは外見もよくて、内面もピュアですぐに好きになりました。

気づいたら、僕は本気でKちゃんを口説いていました。
スーサン「Kちゃんは今気になる子とかいるの?」
Kちゃん「居ますけど、元彼なんです…」
      以下省略…
Kちゃん「スーサンは気になる子とか居んですか?」
スーサン「俺は今目の前に居るKちゃんが気になるよ」
Kちゃん「え!まだ出会ったばっかりですよ(苦笑)早すぎです~」
スーサン「好きになることに遅いも、早いも関係ないじゃん、恋愛は瞬間しかないんだよ」
Kちゃん「私のどこがいいの?」
スーサン「雰囲気だよ、話してて好きになった。」
    「俺は思ったことはすぐ伝える性格なんだ~」

大阪に大切な彼女がいながらも、本気モードで口説いていました。

店を出てて、手が冷たいという理由で手まで繋ぎました。
警戒しながらも向こうの気持ちが徐々にこちらに振り向いて来ているのがわかりました。

終電も近かったので、その日は何もなく別れました。

それから毎日簡単なメールをして、一週間位してからかな…

Kちゃんからのメール
「今日ちょっと大事な話をしたいので、夜電話してもいいですか?」

なんとなく予想はついていたけど、
やっぱりスーサンと付き合っていくのは無理と言われました。

これで良かったんだと思います。

その子とはそれっきりですが、1年以上たった今でも印象的な子でよく覚えています。


とても素直でいい子だったので、きっと今も充実した日々を送っていると思います。

☆☆幸あれ☆☆
2011-08-04

マニュアル

実写版セーラームーンをおかずにしたことあるスーサンです。

放送していたのは8年前ほど前ですが、北川景子が出ていましたね。

今日は一日彼女と一緒に居た為、ナンパをしませんでした。


彼女と別れた後、昨日購入したスマートフォンregza is04の使い方を調べていました。

僕はアナログ人間で、機械操作が苦手です。

取り扱い説明書を見ても中々上手くいかず、かなり苦戦しました

こんな分厚い取扱説明書なんて読んでられません。

情報量が多すぎます。

結局自分で操作をしているうちに使い方は、なんとなく覚えてきました。


今日は携帯の使い方を調べていて思ったことがあるので、
それをナンパに直結する形で久しぶりにナンパ理論を書こうと思います。


百聞は一見に如かず(ひゃくぶんはいっけんにしかず)ということわざがあります。


意味
人から何回も話を聞くより、直接見てしまったほうがよいことのたとえ。
「百聞」は百回聞くこと、「一見」は一回見ること、「如かず」は、及ばないということ。

例文
 万里の長城のすごさは、百聞は一見に如かず、見てみないと実感できないだろう。 hyakubun.gif

山の美しさは、人に聞くよりも自分で見た方が美しさが実感できる。

携帯に関しても、説明書を見るよりもなんとなく自分で弄っている方がわかってくると思います。

ExcelやWordもそうですよね!

ナンパもそうですが、ネットや本で情報を調べるより、
まず自分でやって見て経験してみたほうが良いと言う事です。

詳しい内容は割愛しますが、ナンパに限らず自分が気になることがあったら、

まずはやって見て経験してみるのがいいと思います。



8月9日まで予定がビッシリ詰まっているので、

次回は8月9日の夜か10日の昼にナンパやろうと思ってます。
2011-08-03

ナンパ 3日目

今日は休日

3年間使った携帯を解約し、念願のスマートフォンに変えました。

機種はregza is04にしました。

昨年までスマートフォンはiphoneの独占状態でしたが、
時代の風が動き今はAndroid が普及してきましたね。

3年間使った携帯は、丁度このブログを書き始めたときに契約した携帯で思い入れがあります。


3年間お疲れ様☆


機種変更する前に15分程ですが、10人ナンパして来ました。

午後4時頃で外が明るかったので、皆かなり優しい対応をしてくれました。

夜だとだいたい10人中 2~3人 答えてくれればいい方です。

今日の昼は10人中 7人くらいは優しい受け答えをしてくれました。

外が明るい分、安心感があるんでしょうね。

逆に外が暗いと不安感があるんでしょうね。



サスペンダーをつけている大学生の女性
スーサン「こんにちは、可愛いサスペンダーだね、どこで買ったの?」

ズボンに付いているベルトみたいなのがサスペンダーといいます。
f0053343_171533[1]


女性  「藤沢です」
スーサン「藤沢なんだ~、僕昔藤沢に住んでたことがあるんだよね」
女性  「…」
会話以下省略… 

女性は質問に答えるだけですが、不思議そうな目で5分ほど僕の話を聞いてくれました。

スーサン「急に立ちどめちゃってごめんね、ありがとう。」
もの凄く不思議そうな目で僕を見つめて、その場を去りました。

いきなり声を掛けられたので女性もびっくりしたのでしょう。

話を聞いてくれることはありがたいことですね。


明日は彼女と会う予定なので、時間があればやろうと思ってます。
2011-08-02

ナンパ 2日目

水着が下着にしか見えないスーサンです。

今日も昨日に引き続き仕事終わった後にナンパして来ました。

15分程ですが、10人に声を掛けました。

女子大生風の女性
スーサン「こんばんは、可愛い靴だね。どこで買ったの?」
女性  「3年位前に買ったんで忘れちゃいました」

スーサン「誰かに似てるね、よく誰かに似てるって言われるでしょ?」
女性  「アザラシってよく言われます(笑)」
スーサン「アザラシ(笑)芸能人に似てるよ!」
女性  「誰ですか?」
スーサン「名前忘れたけど、モデルさん」 ←本当は誰にも似てない
女性  「チョー適当~」

スーサン「学生さん?」
女性  「はい、そうです」
スーサン「大人っぽく見えるね」
女性  「いくつに見えます?」
スーサン「23位かな」
女性  「え~~~~、実は私14歳なんです」
スーサン「大人っぽいね~、俺犯罪になっちゃうよ、またね。」
女性  「は~い」

14歳とは驚いたね。
ナンパしてると驚くことが多いわ。



実は今…

ナンパをしているのは理由があります。

理由は職場のM先輩とK後輩に飲み会を開いてあげたい。

M先輩とK後輩は仲良くさせてもらっていて、

彼女願望がある2人に飲み会を開きたいのです。

M先輩は頭もよく学歴もあって、言葉の使い方も上手で僕には手がとどかない位凄い人です。

K後輩は人付き合いは上手方ではないのですが、凄く頭がよく僕よりも遥かに優秀です。


2人は出会いがないだけで、この2人を求めている女性は沢山いると思います。

橋渡し役ができればなんて思っています。


もちろんナンパをしていることは隠しています。
これからも隠しとおすつもりです。

そんな訳で明日は仕事休みなので、一日ナンパをしようと思います。
2011-08-01

早速!

スーサンです。

早速ですが、今日ナンパして来ました。

僕は5~7月の期間はナンパを休んでいたので、約3ヶ月振り。


10人程声を掛けました。

最初はやはり頭のロレツが回らないと言うか、言葉が中々出てきませんね。

自分でもチンプンカンプンなことを言っているのがよくわかります。

3人目あたりから徐々になれてペースが出てきて言葉も沢山でてきました。


①コーヒーを振りながら歩いている女性
スーサン「こんばんは、美味しそうなコーヒーですね、どこで買ったんですか?」
女性  「え…コンビニですけど…(苦笑)」
スーサン「コンビニにそんな美味しそうなコーヒーが売ってるんだ~、スタバみたいなカップだね」
女性  「違いますよ~」
スーサン「ちょっとカップ見せて!」
 
  カップを見せてもらう。
   2011-06-13T08_52_41-316a8[1]
スーサン「ノンシュガーってブランドなんだね
女性  「微笑」

②髪型が木村カエラに似ている女性
スーサン「こんばんは、木村カエラに似てますね!」
女性  「え、本当ですか?」
スーサン「似てる、似てる、よく似てる 後姿が… 」

     4fb68f425349bceb6aa4856df093a2cc[1]

女性  「苦笑…」

スタコラッサッサー

まぁこんな感じで明日もやりたいと思います。
2011-08-01

ブログ再開!

お久しぶりです。

スーサンです。

ブログを約2年ほど休んでおりました。

唐突ですが最近またブログを公開して書きたいと思ったので、

第2章のナンパ日記をはじめようと思います。

まずこの空白の2年ですが、細々とナンパは続けておりました。


2年半前に大阪で声掛けで知り合ったかおりという女性と今年の8月に結婚する予定でした
http://3230421.blog36.fc2.com/blog-entry-186.html


が…いろいろあり、今年の4月に2年間の付き合いにピリオドを打ちました。

詳細は後々にこのブログに書いていこうと思います。


ブログは昔のように本気で書くのではなく、
気楽に出来事や思ったことを、感じたことを書きたいように書こうと思ってます。

この空白2年間、記憶に残った出来事も書きたいと思います。

今現在は千葉を離れて、東京都に住んで活動しております。


ってな訳で宜しくお願いします!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。