--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-11-15

初ナンパ

昨日の夕方の夢は本当に不思議だった。

こんな不思議なことがあるのかと興奮している。

僕は四十九日のことを忘れていて、

夢を見て、あ、今日四十九日だって思い出した。

日にちを数えてみたら、ピッタリ四十九日だった。

きっとクリリンが最後に僕に挨拶に来てくれたんだろう。

飛行機に乗ったのは、彼が上へ旅たちますって意思表示なんだろうな。

クリリンが一番カッコいい頃の姿で会いに来てくれた。

そう考えると凄く嬉しい気持ちになった。

暗い気持ちではなくて、これから前に進めそうな気がする。

この10年の腐る程の思い、輝かしい宝物。


思い返せば自分が初ナンパしたとき一緒だったのは彼だった。

今日は自分のはじめてナンパしたときのことを書こうと思う。

高校2年の冬、寒い時期でもう十数年前になるかな。

地元の友人達と一緒に千葉へ修学旅行に着て行く服を買いにいった。

僕、クリリン、キム、ヤス、ジュンの5人

千葉で買物してから、次何する?って話になった。

じゃぁ女でもナンパするか~って話になった。

よく覚えていないけど、言い出したのはクリリンじゃないかな?


いざナンパしようとして、誰が行くの?って話しになった。

当時5人のうち僕だけが初体験を済ませていた。

それに対する強がりや見栄があったのかもしれない。


スーサン「じゃぁ俺行くよ!」

千葉駅のC1の階段で声を掛けたのを今でもハッキリ覚えている。

スーサン「すいませ~ん、今暇ですか?」
女の子 「ごめんなさい、今暇じゃないんです」

凄く笑顔で答えてくれたのを覚えている。

みんなからスーサン凄ぇ~なって、言われてそれが

気持ちよくなって、3人位に声を掛けたと思う。


それからゲーセンでプリクラ撮っている子をナンパしようということになった。

スーサン「キムもそこに居る子達に、声掛けてみなよ」←すっかり調子にのっている。

キムはプリクラで並んでいる女の子達に声を掛けた。

キム  「よかっから、俺達と一緒にプリクラとらないかな?」
女の子達「いいですよ」

2人組の女の子とプリクラを取ることになった。

そこで、クリリンも登場

クリリン「なんだよ、俺も入れてくれよ」
スーサン「クリリン、小銭がないから両替してきてくれ」
クリリン「わかった~」

両替して来たクリリンがプリクラの間に入ってきた。

スーサン「何でお前まで入って来るんだよ」
キム  「クリリン向こう行って!」

女の子達とプリクラが撮りおわった。


外でタバコを吸いながら、ふて腐れたクリリンがいる。

千葉駅の自転車を蹴ってドミノ倒しして、持っているタバコを千葉駅の人込みの中投げつけた。

目の前を歩いている通行人に当時流行っていたNORTH FACEのダウンジャケットにタバコが当たった。


スーサン「おい、クリリン、今前の人にタバコあったたぞ!」

ふてくされてそのまま、どこかへ行ってしまった。

スーサン「さっきは悪かった」
クリリン「両替だけ頼んでおいて、俺は用無しかよ」
スーサン「すまない」

そんなこんなで、これが僕の初のナンパ。

それ以降、クリリンと地元で一緒によくナンパをするようになった。


そんなクリリンはこの世から旅立ちました。


いつまでも、いつまでも、輝かしい。

誰よりも、誰よりも、深い。

共に過ごした十数年の楽しい思い出いつまでも忘れないよ。



この輝かしい思いを胸に僕は前へ進みます。

スポンサーサイト
2009-07-30

ナンパの思い出part16

小学生の頃給食の献立表のチンゲサイのサイの部分をマジックでを塗りつぶしていたスーサンです。

ザンゲします、チンゲ●●の犯人は僕です。

ナンパの思い出、2007年7月
このあたり次第にナンパばかりするようになった…

平日の夜のこと。

トッチーの友人のアッチーが以前から俺に会いたいと言っていたので平日の夜に会うことになった。
トッチーやクリリンからナンパのことを聞いたらしく俺に興味を持ったらしい~
初対面で握手を交わしてとりあえずファミレスに入ることに
アッチーの印象は無愛想な人相だな~と感じたのをよく覚えている。

店内を見渡し…大学生らしき女の子達を発見。

そして3人組の女の子の隣の席に座る。

しばらくアッチーとお互いの自己紹介も兼ねて男だけでトーク♪
メニューを注文して山盛ポテトフライ来てから女の子達をナンパした。

スーサン 「これ、食べる?」
女の子達「大丈夫です」
スーサン 「大学生でしょ?」
女の子達「違いますよ~」
スーサン 「若く見えるね、俺達お姉さん達の若さのエキスを吸収しようと思ってここに座ったんだよね」

そのままクリリンがトークに入って滑りまくりながら必死にトークを食いつなげる。

が…次第に女の子達は冷めて来ている様子、2人の子は携帯をいじりだす。
沈黙状態に陥ってしまった。

しばらく沈黙とトークを繰り返して最後にダメ押し!!!!!
スーサン「俺らこれから、海にドライブいくんだけどさぁ一緒にいかないかい?」
      「究極のエンターティナーへ案内することを約束するよ(笑)」
     「俺らと遊ぶと絶対楽しいぜ!!!!!」←どんだけ自身過剰なんだよ。

こんな感じでノリノリで喋っているにも関わらず、最初から最後までアッチーは一言もしゃべらなかった…

考えこんでいる女の子達
女の子 「う~ん」
スーサン「ネバーランドへ行かないかい?」←うっわなにぃこの臭いセリフ
女の子 「じゃぁちょっとだけ覗きに行こうかな。」

ってことでドライブすることになった。

俺の車は5人が限界、クリリンは4人、アッチーの車は7人、アッチー宜しく~
アッチー「え、俺ガソリンないんだけど~」
スーサン「いや、俺だすからいいよ~」

アッチーの車で海までドライブ~、
俺は車の中でドラゴンボール&ドラクエ大好きなYURIちゃんとず~っとしゃべっていた」
アッチーは恥しいのか一言も殆ど喋らない…

海へ到着してからしばらく黄昏の時間。
海をうろうろしながら…省略するが俺はYURIちゃんと手を繋いでいた…

帰りの車の中でみんなが帰った後2人で会わない?とYURIちゃんを誘う。
でまたまたドライブして車を停車…省略するがキスしました。

次第にお互い熱くなって、YURIちゃんの目が充血していたのをよく覚えている。


スーサン「勃起してきたよ、よし!ホテル行こう」
YURI  「え~、まだ会ったばっかりだよ~」
長くなるので省略…

でホテルに行くことに。
凄いと思うのは酒一滴も飲まずにホテルに誘う自分。

ホテルに行ってから
セックスは頑張りました、相手もきっと気持ちよくなってくれたんだろうな~
敵将うちっとたり~!!!!!ってな感じでしたが…

だが意外や意外彼女の答えは

体を売るような女はロクでもないと酷く落ち込んでいました…
朝方早く帰ろう、帰ろうと何度もいい出す彼女。

で彼女とはそれ以来会っていません、これが今からちょうど1年前の今日の話です。

俺は当時はセックスをうまくやれば女の子は俺のことを好きになると本気で思っていた。

大きな間違いだったな、今だからわかるけど、
セックステクニックだけでは女の子は心は奪えない。

あれから一年~早いもんだね~

そして…今日YURIちゃんからメールがありましたとさ…
2009-07-17

ナンパの思い出part15

小学生の頃自販機の下をよく覗いていたスーサンです。

100円玉を見つけたあの感動…今でも忘れません…

2008年7月
猛暑…何もしてなくても汗がダラダラ、生でダラダラ←これ知ってる人同年代だと思う。

この日は見舞の日。
以前トッチーや翔君達と朝までカラオケしたASAMI(仮名)ちゃんのお見舞いである。
それから徐々に遊ぶようになり、クリリンと意気投合して付き合うことになったのである。

彼女の入院してい病院へ
病院の到るところを探しても彼女は見つからない…

スーサン「ここの病院であってるのかな~?」
クリリン 「病棟移動したのかな」

探しに探した末、ようやく彼女のもとへと辿りついた。
特別な部屋にいた、集中治療室(CPI)

スーサン「お~元気か~」
ASAMI 「…」びっくりした表情をする。

入院中のASAMはIホントに元気がなくて起き上がるのもやっとだった。
それを見て沈んでいる自分がいた。

彼女は心臓の病気なのである。

帰りの車中での会話
スーサン「半年前にナンパして出会って今でもこーやって繋がってるのって凄いよな」
クリリン  「うん」
スーサン「リアルってマンガにもこんなシーンがあったよね」
クリリン 「ちょっと複雑な気分だね~」

彼女と出会ってから変わった…
2本足で歩けること、ご飯が普通に食べれること、気持ち良い布団で寝れること、元気でいられること。

その当時は何事も楽しんでもらうことに必死だった。

当時はとにかく楽しんでもらうことに必死だった。
カラオケ行ってバズーカクラッカーでサプライズしたり、
クリリンとスッポンッポンになって裸芸披露したり、本気でぶつかって1時間お説教したこともあった。


残念ながらその後クリリンとは別れてしまったが、これもナンパで出来た大切な思い出である。

日記を書いてて自分がナルシストであると感じる今日この頃…

これが俺のリアル…

そして今思う大切なこと、
日記を書く前の自分で言うのも何だか相手を楽しませようとする意識が強かったと思う。

ナンパをブログを始めてから徐々に結果に拘るようになってきた。
今日ノーバンゲで日記かけね~じゃんとか、これも日記のネタだとか~。

今考えるとバカらしいったらありゃしない…
俺はレポートを書きに日記を書いているんじゃない。

もう一度原点に帰ろう…

人に見せる為のナンパではなく、自分の為のナンパだろうに~
2009-07-16

ナンパの思い出part14

小学校の頃エロ本探し探検隊初代総長だったスーサンです。

廃墟の住宅、ドブ下、川沿いの土手、到るところに探しに行きましが1代で解散しました…


ナンパの思い出を語ります。

2008年7月

前回のなぎとの出会いから4日後のこと。

一人の名前のないナンパ師は劇的な出会いをしたなぎのことは忘れて
一人股間立たせながらストリートに立っていた。

仕事帰りに聖地へと向かう。
真夏に大汗を流しながらスーツで声掛け。。。

前回あっさり成功したのでこの日の俺は自身に満ち溢れていた。

1声掛け目からいきなり反応GOOD。
2声掛け目声掛け、トーク中に彼氏登場…女の子と笑顔で別れる。

3声掛け目スレンダーガールに声掛け。
スーサン「こんばんは」
女の子 「なんですか?」
スーサン「お出かけ?、そんな重たい袋ぶら下げて何買ったの?」
女の子 「化粧品ですww」

そのまま駅まで10分程平行トークしてお茶打診。
女の子 「なんでついてくるんですか?私帰りますよ~」
     「勧誘とかじゃないですよね~?」
スーサン「俺のカバン見る?、汗臭いTシャツしか入ってないよ(笑)」

粘ってお茶を打診して駅前のマックへと導いた。
名前は今でもたまに連絡をとっているEちゃん、以前アポした子。
http://3230421.blog36.fc2.com/blog-entry-43.html

この子は明るくてハキハキとよく喋る。

とにかく俺は聞き役に徹した…
気づいたら3時間近く喋っていた。
200円のドリンクで3時間も居座るちょ~ウザイ客。

この当時はクリリンともイザコザがあって、もうコンビでナンパやることはないと思っていた。
「今に見てろや!俺は一人でやったるわ」とやけになっている時期でもあった。

このあたりから徐々に起動にのり始めたのである…

今から1年前の話、ここから完全な自惚れ気に突入します…
2009-06-17

ナンパの思い出part13

ドラゴンボールはセル編が一番好きなスーサンです。

久しぶりにナンパの思い出を語りたいと思います。

2008年7月

前回の120人声掛けから2日後のこと
この日は僕の人生において忘れられない1日となった。

1人のエロ男がナンパで瞬間的に恋をしたプッチン恋愛小説です。

タイトルは「空飛ぶオシリ!!!!!!」

夏初旬で大汗ながしながら、渋谷駅へ向かった。
ナンパのメッカと言われている渋谷…始めての地で完ソロ。

前々日に120人声掛けたのが嘘のように余裕がなかった…

クリリンとのコンビに慣れすぎてしまい完ソロは不慣れで不安だった。

地蔵などしてる暇はない…
考えて立ち止まる前に誰でもいいから声を掛けよう…

自分の好みは二の次で目の前を通る女の子全員に声を掛けていた。
自分へのスパルタである。

連続してガンシカを浴びて6声掛け目
モロオタク系の女の子に声掛け!!!!!

スーサン「ねぇねぇ今向こうで女性同士がケンカしてたんだけど知ってる?」
オタク子 「へぇ~知らない」
スーサン「パンツ○○○でドッヒャーで凄かったよ(笑)」
オタク子 「大変だね~」
スーサン 「話してたらのどかわいたなぁ~良かったらそこのマックでお茶しない?」
オタク子 「うん、いいよ」

あっさりと成功した。

彼女は現代の女の子とは掛け慣れた子。
自分の好みとも大きくかけ離れていた…

C‐C‐Bが掛けてそうなそうな伊達メガネして
髪は三つ編みでクマさんのTシャツにジーパン、靴は980円で売ってそうなやつ。
80年代からタイムスリップしてきたんじゃないの?っと思うくらい冴えていませんでした。

マックまで導いてお茶。
彼女の名前は「なぎ」、年齢は僕と同じ年。

なぎは男性経験が一切ないようで僕と話しているときも極度の緊張で上目遣いだった。
流石になぎの外見を見ていると異性との交流がないのがよくわかる。

同い年だけあって学校では絶対話していないだろうな~。
休み時間は隅っこで暗く一人で怪奇小説を読んでそうな子だ…

この当時から俺はルックスというものにはあまり興味がなかった。

ルックスに拘るより、
限られた出会いの中でナンパという行為で新たな出会いを自分一人で抽出したことが何よりも嬉しかった。


与えられた場でどれだけ相手を楽しませることが出来て、相手が自分に興味を持ってくれるか?
思い返せばこの頃のスタンスはこれだったな。

長いナンパ期間で忘れかけていた…


そしてお茶をしながら彼女の花火大会に行った写メを見せてもらう。
浴衣の姿のなぎはメガネを掛けていなかった。

スーサン「メガネ掛けてないほうが可愛いんじゃないの?」
なぎ   「え、!?」
スーさん「メガネ外してごらんよ!!」
メガネをはずすなぎ…

か、か、可愛い~★

スーサン「メガネ掛ける前と全然違うじゃ~ん、メガネかけないほうがいいよ」
なぎ   「スーサンの顔よく見えないよ~」

こんなやり取りをしてマックを出てからそのまま健全デート。
彼女に渋谷のオシャレな服屋案内してくれるとのことで、着いたところがジーンズメイトであった(笑)

ジーンズメイトを出てから彼女がよく行くというCD屋へ
そこはもろHIPHOPの音響がガンガン流れているお店←なんやねん、このギャップ(笑)

僕は何も言わずに手を繋いで風に流れるように代々木公園へ
なぎ 「私男の人こーゆうことするの初めてなんだ~」

代々木公園で寄り添う2人…

そして僕は……  ギラついた!!!!!
なぎの髪の毛はいい匂いが漂よっていた。

スーサン「ねぇ~この三つ編みほどいてもいい?」
なぎ 「いいよ~」

髪をほどくなぎ…

髪をほどいた瞬間…パンテーンのコマーシャルのようになぎの髪が輝いた…

うそ~ん、めっちゃ、、、か、か、か、、か、可愛いや~ん★


髪をほどいたなぎは女優さんのように美しかった…

そしてさらに寄り添う2人。
ほっぺとほっぺがくっつくくらい互いに再び寄りそう2人。

そこで僕はキスをする。
避ける彼女…

キスは諦めた…

なぎ「まだ、私スーサンのこと何も知らないよ…」
出会って数時間…僕はなぎに特別な感情を抱いた。

劇的だった…数時間の間でこれまで変化した子。

メガネと髪をほどいて今まで生きていたらきっと彼女の人生は違ったと思うな。
彼女の姿は美しかった…

僕はなぎにゾッコン。
僕は用事があったので2週間後に会う約束をし、そのまま別れた。

駅に移動中
スーサン「こんな美しい人、俺初めて見たよ~」
上目使いで恥ずかしいそうにニッコリするなぎ。
なぎ  「スーサンのタバコをポイ捨てしないで灰皿にちゃんとに捨てる姿、凄くカッコよかったよ~」
     ↑どんな仕草やね(笑)

スーサン「今度会うときはメガネと三つ編みを外してくるんだよ」 
      「メガネと三つ編みを外したなぎは女優のように美しいよ」
      「スカート吐いてオシャレしたら、なぎはもう女優だよ。」 
なぎ   「ありがとう、スーサンもはじめて会ったのに凄く印象いいよ」

っとこんな臭いセリフをいいつつ下半身はしっかりとボッキンギグーしていた。→えどはるみはどこへいったのやら?

別れ際…彼女はず~~っと僕の目を見つめていた…

バイバイ…

自宅に着いてなぎに連絡をしようとしたところ。

連絡先を書いたメモ紙をなくしてしまった。。。。。。。

深いため息をついた…、今まで番号は何人かGETしてきたけれど彼女は特別…

どうしようもない、彼女とはこれきっり。
 
互いに見つめ会ったのが最後だった…

俺は今でも彼女のあのキラキラした目を忘れられない…

今なぎはどうしてるんだろう?
メガネと髪をほどいてくてたかな~?
ユニクロばっかりじゃなくて少しはオシャレに目覚めてくれたかな~?

あのとき俺が言ったセリフ…守ってくれたら彼女の人生きっと変わっていると思う。

幸せでいてくれたらいいな~

…END


このタイトルの由来、「空飛ぶオシリ」とは何か?
シティーハンターにこの子と似たようなシーンがあった。

だからこの子との出会いは「空飛ぶオシリ」となずけている。

詳細
http://d.hatena.ne.jp/umikaze/20070209/p1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。