FC2ブログ
2018-10-15

会話とプロレス

久しぶりにナンパ理論を書いてみようと思う。

ナンパ理論は過去に書いた下書きが沢山あるが、時間が経って見てみると微妙だなって思うものが多く、結局更新せずに終わっているものが多い。

なので気が変わらないうちに更新しておこう。

今日はタイトル通り、会話とプロレスの共通点について。

僕は小~中学にプロレスにハマった時期がある。

高校の時はK-1やPRIDE等、総合格闘技が流行ったが、総合格闘技には全く興味がなかった。

最近は昭和から90年代までのプロレスにハマっていて、Youtubeで動画見たり、プロレス関連の本を何冊も読んだ。

プロレス好きな人なから気づいているだろうが、世の中プロレスに精通していることが多い。

世を動かしている経営者や重要人物はプロレス理論を活用し、戦略をとっている=プロレスは衰退したといわれているが世間がプロレス的傾向を好んでいるからだ。

詳しい説明すると本一冊分になってしまうので、ここでは割愛させて頂く。

ネットの炎上もそうだし…
政治もそうだし…
アイドルもそうだし…
トランプ大統領もプロレスラーだし…
お笑い芸人もプロレス好きが多い。

人気は低迷したと言われているが、プロレス文化は根強く染み付いており、
日常の私生活にプロレス文化は潜んでいる。

なので物事の色んな面においてプロレスに例えることが出来る。

形は違えどプロレスが辿ってきた道と物事の本質は同じような気がする。

プロレスは30年~40年前からエンターテイメントの最先端を走っていた。


プロレスをナンパに例えるならば、女の子との会話はリングの上での試合である。

カフェで一対一の会話=リングで一対一のシングルマッチ

プロレスとは先に解説しておくと、プロレスとはショーであり、総合格闘技のガチの戦いとは別物であり、プロレスは八百長と言われているが、本来がショーであるので、戦う前から試合の勝敗は決まっています。

プロレスの目的は自分の強さをリングの上で最大限に発揮させることではなく、目的は興行を成功させること。

試合を盛り上げ、お客さんを沸かせて、次に試合の興行に結びつけるのがプロレスの目的です。

強さと強さのぶつかりあいの総合格闘技とプロレスは別物なので、プロレスラーのパロメーターで最も重要なのはガチの強さより試合を盛り上げる力=人気なのです。

レスラーは肌と肌で会話し、阿吽の呼吸で試合展開をしていきます。

プロレスにおいて重要なのは攻めよりも受け身

一般的な受け身とプロレスの受け身は異なります。

プロレスの受け身は相手の技をオーバーに受け取り、ダメージをくらったという演出です。

プロレスラーは相手がどんな技を出してくるのか瞬時に読み取り、その技をしっかりと受けるのです。

例えばラリアットが飛んできた場合は、ラリアットを受けたレスラーは当たった瞬間に後ろにバーンと勢いよく吹っ飛んでダメージを受けた演出をします。

しっかりとダメージ受けた演出をすることによって、ラリアットを撃った相手の強さを象徴し輝かせているのです。

相手の技を綺麗に受けることによって、試合を面白くし、派手な技を派手に受けることによって、観客が湧くのです。

技をしっかり受けなければ、大して面白くないしょっぱい試合になってしまいます。


会話もこれに近いです。

例えると、カフェでお茶をする場合は相手がどんな話題(技)を振ってくるのか、神経を集中し
相手が振ってきた会話を瞬時に判断し、リアクション(受け身)を取り、相手の会話をバーンっと受けるのです。

しっかりと受け身をとることによって、次の会話の展開がしやすくなります。

技を掛けた相手は優秀な受け手がいれば、技を掛ければ掛けるほど、自分が輝やいたように感じるのです。

女の子は、この人は私の話しをわかってくれている、理解してくれていると、気持ちよくスムーズに話が出来るのです。

勘違いしているのは殆どの人は受け身をとらずに自分がどんな技を掛けるのか考えている。

自分がどんな面白い話をするのか?考えるより、どうやってたら相手の会話を引き出し、相手を輝かせることが出来るのかを考えよう。


プロレスの話に戻すと、相撲の横綱からプロレスに転身した北尾光司やオリンピック柔道代表からプロレスに転身した小川直也

彼らは格闘家としては素晴らしい素質を持っていたのかもしれませんが、プロレスでの評価は低く、他のレスラーからも嫌われていた。

理由は彼らは受け身をとるのが下手だったのと、プロレスを知らない彼らの繰り出す技は痛かったそうです。

実際に彼らと試合をすると怪我も多かったようです。

お笑いの世界でもそうで、上手い人は相手の良さを引き出し、自分が受け身に回る。


僕は過去に統計をとったことがあります。

ついつい自分が主導となって、面白いネタや自分の話を多くした場合は、返信は皆無に等しかった。

それよりも相手の話をじっくりと聞いて、自分の話は30%くらいにしておいて、相手中心に話した場合は返信率が高かった。

理想は相手が8割話して、自分が話すのは15%~20%くらい。

気を抜くとついつい自分の話しを多くしてしまう。

女の子の発しやすい話題を誘発し、女の子が発した会話の受け身をとる。

相手に技を誘発して、相手が仕掛けてきた技を派手に受ける、受けた相手はそれによって輝く。

相手のレスラーは安心して気持ちよく試合展開が出来るのです。

リングの上で相手を輝かせることが大切です。

相手の技を受けずに一方的に会話やネタ、技を受けてばかりいる相手はたまらないのです。
何で自分ばっかり受けなければならないのだと不満が爆発します。

噛み合わないチグハグな試合をした場合は、2度と試合をしたくないと思うのです。


結論
自分が試合に勝つことより、気持ちよく相手を勝たせることが重要

相手が試合展開しやすいような会話を心がけること。

女の子が発する情報をしっかりと受けて、相手の技を引き出し、気持ちよく会話させろ

そして隙をついて、腕をからを股下を決め込んで、ベッドの上で第二試合の始まりだ。

夜の試合はプロレスではなく、ガチの総合格闘技だからな。

スポンサーサイト
2012-11-20

学び

人の嫌のところって絶対ある。

それを譲れるか譲れないか。

相手を変えようと思っても、それは難しい。

自分がそこで学ぶしかない。

相手のせいにして、相手を悪く言っても解決にならない。



例え話をすると、昨日蘭と会って疲れたんだ。

なんとも言えない疲労感だった。

蘭は会いたい、会いたいと言っておきながら自分から話そうとしない。

僕は途中で話す気がなくなってしまった。

自分が黙っていても、向こうから会話がないのはわかっていた。

向こうは一緒に居るだけで満足するかもしれない。

だけど僕は変化がないし、退屈で飽きてくる。


僕は男だから女の本当の気持ちはわからない。

相手から何かしてくれるのを待っているだけではダメ。

好きでも相手に望んでいるだけではダメ。

相手を振り向かせるようになにかしら努力する。

だけど、僕自身もこれを相手に要求するようではダメだ。

自分がそこで学ぶしかない。

こーゆうことをしたら相手が嬉しい。

こーゆうことをしたら相手が喜ぶ。

こーゆうことをされたら、相手も嫌がるだろうな。

相手を見て自分が学ぶしかない。

そうするしか方法がないよね。

相手のせいにして否定ばかりしてちゃ学びはないね。


今回あらためて積極的に話すことって大切なんだって気づきがあった。


相手の性格を変えることは難しい。


文句なんてほじくりだせば体のアカのように沢山出てくる。

そこは自分なりにいい方向へ変えていくしかない。

何事も前向きに考えるしかない。

何事も学びなんだ。
2012-11-13

理論は必要ない

僕が始めてナンパしたの高校2年の冬。

初めは友達と一緒にノリでやっていた。

かれこれ10数年の月日が流れた。

一人で始めてやったのは19歳のとき、

親父にトラックを借りて一人でナンパしに行った。

初めは全く相手にされず、上手くいかなかった。

それだけ続いてるってことはやっぱり好きなんだな。

10年やってもナンパに答えなんて出ない。


思うことはナンパに分析は必要ない。

街で出て声を掛ける、ただそれだけ!

分析するだけ無駄だ。

参考書を見て解決できるもんでもない。

サッカーのように毎日練習したからって上手くなるようでもない。


ナンパは人間を相手にする行為。

人間の体内には60億もの細胞があるらしい。

それだけ人間って複雑。

姿、形、性格、雰囲気、オーラ全てが違う。

それを分析するのは不可能。

同じパターンなんてない。


僕とってナンパがない人生は退屈。

僕がナンパを辞めることは、この先ずっとないと思う

一時やらなくても、またやると思う。


2012-11-04

太鼓する心

最近気づいたことが一つある。

出会った最初の頃は「綺麗だね」「アナタは魅力的だね」と言う。

次第に言わなくなり、慣れてくると互いに全く褒めなくなる。

ただ一緒にいるだけで特別な会話もなく退屈な日々が続く。

釣った魚に餌をやらなくなるのだ。


僕の場合は特に今は「中国語が上手になったね」と言われたい。

女性に至っては常に「今日も綺麗だね」「アナタは魅力的」と言われたいはず。

しばらくするとこーゆう言葉もなくなってくる。

だれでも自分の良いところ褒められると嬉しいよね。

花に水をやらなきゃ枯れてしまう。



長い長い夫婦生活の中でも、こーゆう気遣いが必要なのかな。

お互いにいい関係を気づく為にまず自分から水をあげないとな。

お互いに声を掛けないと包括した夫婦生活になってしまう。

僕は結婚したことがないからわからないけど、

長い間、仲良くやっているカップルや夫婦はこーゆう気遣いが出来ているんじゃないかな。


いい悪い別して、自分の日頃の行いが自分に返って来るということだね。

ポイント稼ぐとかそーいうのを無視して、それが当たり前になればいいな。

やっぱり褒められたい。


毎回会う度に相手の良いところを一つ褒めてあげるのがいいね。

僕はやっぱり常に心が動かないと面白くない。


本当は相手のせいにするのが一番楽なんだ。

相手と一緒に居ても何か物足りない。

相手が自分のこと褒めないし、口数も少ない。

だけど、文句言ってるだけじゃ何も解決しない。

原因は自分にもあるはずだ。


本当に相手と合わなくて、相手を変えるにしても、

これを理解しているのと、していないのじゃ違うだろうな。

相手にやれるだけのことをやって諦めた人

何もしないで相手のせいにして別れた人

前者の方が学んでるよね。

相手の逆の立場になってみるとよくわかるわ。

自分のしたことがちゃんとに返ってくるってことだね。


喜んで貰えるように頑張れば、相手も喜ばせてくれるし、

自分が何もしなければ、何も起きない。

ただし、自分が何かしたからといって返ってくるとは限らない。

でも見ていてくれる人もいるし、返してくれる人は必ずいる。

その行いがなんらかの別の形になってご褒美となるはずだ。

中には与え続けてくれる人もいるね。

自分がどのポジションに立って接するかだね。


こんなこと計算じみた理屈じゃなくて、

これが損得勘定抜きして自然に出来れば相手に見返りも求めないね。
2012-04-16

伝わりますか。

時間が沢山あるので、つい最近法律関係の講演会に参加した。

そこで2人の講師が講義を行った。

一人目 組合員

組合員は様々な会社と戦ってきた経験地があり、

話がユーモアがあって特別面白い訳ではないが、説明が凄くわかりやすかった。

現場の状況や戦った様子が頭に思い浮かんできた。

わかりやすかったポイントは?目で見た情報、感じた状況をそのまま話していた。

二人目 弁護士

この日の為に特別に呼んだようだ。

「今日は特別に○○先生にお越し頂きました、皆さん盛大な拍手でお迎えください」と司会者が話す。

前に講義した組合員よりも優遇されている。

弁護士「それでは、お手元にある資料をご覧下さい」

資料を見ると文字が多く、聞いたこともない熟語やカタカナが羅列されていた。

講義が始まると専門用語を羅列し意味がわからない。

開始5分で「早く終わらないかな~」この講義が苦痛に感じた。
結局はこの人は何が言いたいのかわからなかった。

この弁護士は法律が無知の一般人のレベルで話さず、全て自分の常識範囲で話している。

この人は感性だけではなく、文字の世界で会話をしている。

まぁこれはこの弁護士に限らずに教師等にも同じような人はいるだろう。

教師にしろ弁護士にしろ医者しろ知識階級の人だ。

世の中の上層部の人は知的階級の人が多い。

世の中知的=モテるというイメージが蔓延しているようにも感じる。


両者の関係を考察してみた。

組合員と弁護士が仮にナンパに成功したとして、成功するのは組合員であろう。

いくら人よりも優れた知識があっても、伝わらなければ意味がない。


一方で知識を得ることは経験ではない。

一番は経験が伴って知識を得ることが望ましい。


ナンパもネットや書籍から得るものは少ない。

鍵さんのナンパ本は凄いと思うけどね。


でも実際にやってみて知識を得た方が得るものが大きい。

昔知り合いあったナンパ師でやたらと知的に話す人がいた。
モテるように無理して演じているんだろうなと感じた。


物事において知識だけでは使えないものが多いね。

言葉は伝わなければ意味がない。