--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-05-20

空白の2年編 その9

2011年 2月

愛知へ遠征しましま。

横浜から夜行バスに乗り、朝方5時に愛知へ着いた。

慣れない夜行バスは一睡もできず。

朝の7時頃にアイズさんとお会いして、
アイズさんの先輩、希望さんという人を紹介して頂いて一緒に食事をした。

その後、アイズさんと一旦別れて駅で声掛けをした。

声掛け一人目 赤いコートを着ている女性

スーサン「その赤いコート凄く似合いますね」
女性  「え、はい」
スーサン「名古屋の人?」
女性  「いえ、違います」
スーサン「どこから来たの?」
女性  「山口から来ました」
スーサン「そうなんだ~、僕東京から今日来たんだ」

しばらく雑談。

一緒にお茶をすることになりました。

名前 トシコちゃん 年齢は僕よりも2つ上

身長が170cm以上ある。

話しいて凄く度胸が据わっている子だと感じる。
何か普通の子とは違う気配を感じました。

クールな女性だ。

お茶をしてから、カラオケへ行くことになりました。

職業を聞いたが、最初は教えてくれなかった。

カラオケに行く途中に徐々に打ち解けてから、やっと教えてくれた。

それはここでは言えないような職業だった。
ここで言ってしまったら、わかる人には人物が特定できしまう。

女性でその職業についているのは、日本に3人だけらしいね。

なるほど、度胸が据わっているように感じたのは職業が関係しているんだね。

一通りカラオケを歌ってから、トシコちゃんの手を握った。

トシコちゃんはかなり動揺していたが、何も言わない。

そのまま膝枕をして、トシコちゃんのお腹で休んだ。

トシコちゃん「ごめん、お腹は優しくして~、私今お腹に子供が居るの」
スーサン  「え、そうだったの!!!今何ヶ月?」
トシコちゃん「今5カ月かな…」
スーサン  「ごめんね」

お腹の赤ちゃんに向けて言葉を掛けた。
スーサン  「元気に生まれるんだよ、立派なお母さんが待ってるよ~」
トシコちゃん「アハハハ…」

しばらく話をしてだいぶ打ち解けてからキスをした。

そこから徐々に胸を触って、陰部まで辿りついた。

妊娠中かどうかはわからないけれど、欲求が溜まっているようで
僕の手を持って「ここを触って」と示唆をした。

局部を触ったとたんに、お時間のコールが鳴った。

妊娠もしているし、僕も理性を抑えてこの辺で辞めておいた。


カラオケを出てから、一緒に味噌カツを食べにいった。

トシコちゃんは高校性の頃からから一ヶ月位タイで野宿しながら生活したり、

フィリピンで生活したり、色んな旅の経験値をもっている。

背が大きいのタイでニューハーフと何度も勘違いをされ、ゲイの男の人から誘われたことがあるらしい。

世界の色んな国に行っているし、男からみてもカッコいい。


この時から僕は海外で生活することに関心を持つようになった。

だけど、この当時は関心を持っていても情報がないから、どうしていいかわからない。

そこで運よく色んなものが重なって僕は決断することが出来た。

トシコちゃんとはその一度きりだけど、人生で影響を受けた人だ。


その後、トシコちゃんと別れてから、

アイズさんと再びお会いして、アイズさんのご実家に泊めて頂いた。

アイズさんのご実家で朝が4時まで語りつくした。


翌日7時起床し、アイズさんと別れてから名再びナンパしようと思っていた。

殆ど寝てなかったので、漫画喫茶で2時間ほど仮眠をとることにした。


そこで、やってしまった。

目が覚めると、6時間も寝てしまったのだ。

もう新幹線に乗る時間ギリギリだった。

結局愛知ではトシコちゃん一人だけにしか声を掛けずに帰ってきました。
スポンサーサイト
2012-05-04

空白の2年編 その7

2010年10月

長野県へ一泊二日で一人遠征しました。

この当時、僕の目標は日本全国47都道府県全て行くことでした。

今でもそれは変わっていません。


前月に栃木と静岡に遠征しましたが、声掛けを殆どやりませんでした。

栃木は宇都宮で10人も声を掛けずに観光を楽しんでしまった。

静岡は清水へ行って、こちらも観光を楽しみ、10人も声を掛けず、不完全燃焼で終わりました。


長野はちょっと本気で頑張らないといけないな。


新宿から夜行バスで長野駅向かう。

到着時刻は午前2時 人が歩いていませんでした。
P1020362.jpg P1020364_convert_20120504030242.jpg 

居酒屋から出てきた2人組に声を掛けた。
少し会話をして「頑張ってくださ~い」で終わってしまった。

街を徘徊するが、深夜だし流石に人は歩いていない。

漫画喫茶に3時間パックで入り、軽く仮眠をとって、翌朝善光寺を巡った。

PAP_0086.jpg PAP_0090.jpg



その後長野駅でナンパをしました。

そんなに人が歩いていないので、手当たり次第声を掛けた。

1時間半やって40人近く声を掛けたかな。

長野駅は人が少ないから、40人声掛けるのはかなり辛かった。

PAP_0094.jpg PAP_0093.jpg


何人か会話は出来ましたが、その先が全くない。

長野駅でナンパやってる人がおらず、声を掛けると不審者がられる傾向が強かったように感じます。


長野駅は諦めて、松本へ向かった。

まずは観光を楽しむ為に松本城へ
PAP_0059.jpg PAP_0056.jpg PAP_0055.jpg PAP_0049.jpg


城の階段を登るとき、一人スカートの女の子がいた。

僕はすかさずパンチラを狙った(笑)

残念ながらパンチラは拝めなかった。

最上階へ上ってから、スカートの子と目が合ったような気がした。

そのまま声を掛けた。

スーサン「こんにちは、眺めがいいですね」
女性  「あ、綺麗ですよね」
スーサン「何処から来たんですか?」
女性  「石川県から来ました」

凄くいい反応でしばらく雑談しお茶を打診しましたが、残念ながらお連れの方がいたようです。


松本城を出てから、予約しておいたホテルへチェックイン。

今日は2時間位しか寝ておらず、疲れたので、少し休むことにした。

目が覚めて、唖然とした。

時刻は21時30分、ヤッちまった。

急いで支度をして、松本駅へ向かった。

駅に着いたのが10時

街にはもう、飲み屋のお姉さま方しかいませんでした。

5人程声を掛け、終了。

このまま終わるのは余りにも悔しかったので、
ホテルの人に聞いたところ、ホテルから自転車で20分位の場所にツタヤがあるらしい。

ホテルで自転車レンタルのサービスがあったので、それを利用してツタヤGO!


ツタヤへ到着~

残念ながら、ツタヤにもカップルしかいませんでした。

暇潰しに一冊本を買って帰った。

帰り際に執念深く、コンビニへ何件か廻りましたが、女性はいませんでした。

長野の夜は早いね。


翌日の高速バスの時刻が昼の11時だったので、何もなく帰宅しました。

残念ながら、成果が全く得られなかった遠征でした。


でもいい経験だったな。


当時付き合っていたMEGちゃんにも「一人で長野とか何を考えているのわからない」と言われた。


真剣に交際している相手がいてもナンパは辞められない。
2012-04-28

空白の2年編 その6

2010 8月

大阪の彼女と一時的に別れている時期だった。

この日は茨城方面へ音楽の野外イベントへ行って、

熱さに断念して開始1時間で帰って来ました。

チケット10500円もしたのにもったいない。。。

チケット代の鬱憤を晴らす為、新宿でオールナンパすることにした。

津田沼に帰ってシャワーを浴びてから、街へ出ることにしました。

時刻は夜の8時、結果がでるまでオールやろうと決めた。

2人目に声掛けた女性へ

スーサン「こんばんは、お買い物ですか?」
女性  「はい??」
スーサン「いや、今目の前歩いてて綺麗だなって思って声を掛けました」

少しだけ雑談…

女性  「君はこんなところで何やってるの?」
スーサン「いや今日茨城へ音楽の野外イベントへ行って暑さに負けて、帰って来たんです」
女性  「ロッキンへ行ったの?」
スーサン「そうです~、なんでわかったんですか?」
女性  「私一応関係者なんです」
スーサン「へえ~、それは凄いですね、今日は一組だけしか見てないですよ」
女性  「君はなんてもったないことするの~」
スーサン「ここで話すのもなんだから、良かったらお茶でも?」
女性  「どうしよっかな~」
スーサン「とりあえず、熱いから冷たいもん飲みましょう、体が水分欲しがってるよ」

迷っていたので、半場強引にお茶へ誘った。

名前はMEGちゃん、年齢も僕よりも10歳年上。

MEGちゃんは余り話さず僕の話を聞いていた。

僕がした話と言えば、以前バリバリナンパしていた知り合いがゲイになった話や、
80年代のAV男優で撮影で女優を口説きまくっていた男の現在。

初対面とはいえない刺激的な話題だよね(笑)

この刺激的な話が面白かったらしく、喫茶店を出てから居酒屋へ

居酒屋でキスまでした。

MEGちゃんは翌日仕事だというのに、朝の4時まで付き合ってくれた。

この子は有名な女性ミュージシャンのYのマネジメントを勤める音楽関係者の方でした。


後日…MEGちゃんは当時僕が住んでいた千葉まで来てくれた。

居酒屋へ行ってから、家へ泊まって、そのままエッチした。

MEG 「私はもうスー君みたいに遊んでいる歳じゃないし、遊びはしないよ」
スーサン「いいじゃない、いつまでも遊び心を忘れちゃだめだよ」

僕はMEGちゃんに魅力を感じ付き合うことになった。

音楽業界の裏話は本当に目から鱗でした。

芸能界ってホント大変なんだね。


MEGちゃんとは4ヶ月程付き合いました。

僕の気持ちが冷めてしまい、お別れして友達になり円満な別れでした。

年齢が10歳も離れていたけれど、人生の先輩として色んな面で影響を受けた一人です。


千葉を離れて、一回だけ僕の東京の新居へ遊びに来てくれた。


その後東日本大震災があって、安否の確認をして以来連絡をとっていない。

MEGちゃんの実家は福島だった。


今でも元気で幸せになってくれてるといいな~。


友達になることで別れても、やっぱり男女の友情は上手くいかない。


結局寂しさからの逃げだと思う。


向こうは僕のことなんかなんとも思っていないだろうけど、

新しい彼が見つかって幸せになってくれいることを願うよ。


この言葉凄く無責任なような気もするね。。。
2012-01-21

空白の2年編 その5

2010年8月

この日は遅い時間から飲み会があった。

飲み会終了後には終電がなくなってしまっていた。
他の人達は皆タクシーで帰った。

一人になってしまった、さてどうするか?

金曜日の夜だし、ナンパでもするか。

路上で声を掛けるが、中々上手くいかず、
街をウロウロしていると、クラブが目に入った。

クラブに入って声掛けをすることにした。

一人でお酒を飲んでる子に声掛け
大分会話が弾んだのだが…
女の子 「私興味ないんで、どっか消えてもいいですよ、消えてください~」
スーサン「あ、っそう…」

衝撃的な言葉だったね~

気を取り直してお酒を買っている背の高いスレンダー女性に声掛け
スーサン「何のお酒買ったの~?」
以下省略…

スーサン「ちょっと、ここだと音がうるさいからもう少し静かな場所で話さない?」

音の少ないロッカールームへ移動

女性  「私友達と来てるんだ~さっきお酒買うときに隣に居た子」
スーサン「知り合いだったんだね、気づかなかったよ~友達は大丈夫?」
女性  「うん、大丈夫!3人で来てるから」

女性からお酒をもらった。
飲めないお酒をグィっと飲んでかなり酔ってしまった。

意識が朦朧としてくるが、意識はあった。

意識が朦朧とする中、女性と話している最中に、この女性に少し違和感を感じた。
まさかねぇ~、そんなことはないだろう…

しばらく話込んでから、別の場所へ移動した。
移動する際に手を繋いだ。

手を繋いで視覚部分でいきなりキスをしました。
女性は焦ってキャ~っとビックリした表情を浮かべていた。

キャ~っと言う声を聴いたとき うん??もしやこれは?
そのまま何回かキスをして手を握った。

力強い手、腕周りが僕と同じくらいあり、なんというかゴツゴツしている。

その時確信した…

この娘は男、ニューハーフだ。

俺はそっち方面に特別興味があるわけではない。

でも男とキスをしたからといって嫌な気にはならなかった。

キスした後はそのまましばらくトークを続けた。

「君は男だよね~?」ってことは言わなかった。

このニューハーフの人を観て思ったことは
芯がしっかりしてるし、女よりも美を意識して外見が凄く美しい。
苦悩を乗り越えた精神的な強さを感じた。

ニューハーフと気づいてから、特別オーラを感じた。
歩き方、声も女の子だし、この徹底ぶりは凄い。

やはりその道を極めている人は美しい。

苦悩を乗り越えている感じがして、守ってあげたい気持ちにさえなった。

話していると、言葉では表せない感覚だ。

まぁこの人は女以上に女なんだな。

途中で友達が通りかかって来たけれど、友達は中途半端に見るからに男だった。

そういう人はやっぱり気持ち悪かったね。

やるなら徹底的にやらないと。

ニューハーフ女性「私そろそろ、友達のところへ戻るね」
スーサン 「わかった、またね~」
ニューハーフ女性「これ私のアドレス(名刺を渡される)後でメールして!」
スーサン 「ありがとう、また会おうね」

最後にフレンチキスをしてお別れした。

名刺を見ると、明らかに芸名だ。
お店の名刺なのかな?

ニューハーフは女を超えた美しさだった。

女を超えようと常日頃、全力をつくしているから美しいんだろうな。

目の前にいる彼女がただ美しい。
ただそれだけ!だった。

はじめて味わった男の唇は意外にやわらかかったね。

気づくと僕はニューハーフの彼女にときめいていた。

正直男か女かなんて考える余地もなかった。

今でもどっちなのかわからない。

彼女と別れてクラブを後にした…

後日…もらった名刺に書いてある彼女の芸名をネットで検索してみると、
ニューハーフではかなり有名な人だった、wikiにも出てるし、AVにも出てた。

AVのパッケージをネット見たら、しっかりサオがついていた。

ニューハーフの女性は美しいけれど、でも僕はやっぱり女の子がいいね。

ナンパのお陰で貴重な体験ができた。
2012-01-20

空白の2年編 その4

2010年7月

この日、新宿駅でナンパした。

目の前に宅配業者の人が荷物を忙しそうに運んでいた。

スーサン「目の前の宅急便の人、忙しそうだね!」
女の子 「あ、…そうですね」
そのままカフェへ誘うことができた。

名前はAMI 愛内里菜が好きな子で凄くオトナしい子だった。

AMI  「最近、気になる男の人が草食系で手をだしてこないんです」
スーサン「そうなんだ~、手を出してほしいの?」
AMI 「そうですね~、男の人から来てくれた方がいいですね」
スーサン「そっか、じゃぁこーゆーことされる方がいいの?」そのままAMIの手を握った。

一瞬戸惑った顔をしたけれど、
スーサン「こーゆーことされるのって嫌じゃないよね?」
AMIちゃん「…まぁ …」
スーサン「これはAMIちゃんのフェロモンを感じて、我慢できなくなったんだよ」
    「これは男の本能だよ」

この日別れ際に新宿の視覚部分でキスをして、2回目に会ったときにセックスをした。

後日会ったとき、彼女に乱交パーティーへ誘った。

この当時、僕はよくエロ系のイベントに行っていた。

「興味があるからいいよ」っとOKをもらった。

事前にイベントの予約をして、イベント当日スタッフに厳重な説明を受けプレイルームへ入る。

プレイルームは照明暗め…
プレイルームで7~8人カップルがバコバコと乱交していました。

非日常的な世界…
女の人のあえぎ声が部屋中に響き渡っている。

ドリンク一杯無料なので、お酒を飲んで、シャワーを浴びてコスプレに着替えた。

ドリンクを飲みながら、目の前で乱交しているカップルを傍観していた。

ドリンクを飲み終えて、僕と彼女はプレイルームに入りプレイした。

プレイ中に30代後半のカップルが詰めより、「いいですか?」と言って来た。
僕は意味がわからず「はい?」と答えるとすぐさま女性がキスをしてくる。

いきなりで慣れない彼女が動揺してしまったので
「すいません、ちょっと待ってください、まだ慣れていないもので」と一時中断

キスして来た女性はとても綺麗だったので、僕はその女性とやりたくてしょうがなかった。

AMIと再びプレイを開始した、先ほどのカップルがこちら傍観している。

傍観していたカップルが再び詰め寄り、女性が淫乱な言葉攻めをして彼女のちくびを舐めだした。

男の人も愛撫をはじめた、AMIが段々興奮してきた。

AMIの興奮度が高まって来たところで、バトンタッチ。

彼女は動揺していたが、僕は先ほどの綺麗な女性とやりたかった。

隣でやると彼女のことが気になって集中できないので、
バトンタッチした女性と見えないところへ移動した。

そして、バトンタッチした女性とプレイを開始した。

途中で気になって、AMIの方を除くと、物凄く激しいセックスをしたいた。

男の人の腰使いがAV男優のように激しくて、見ていて笑ってしまった。

これで大丈夫だろうと自分もプレイを開始

無我夢中ですぐに果てしまった…
この女性は最高だった。

終わった後、プレイした女性との会話
プレ女性「気持ち良かった~、ありがと」
スーサン「こちらこそありがとうございます、よく参加するんですか?」
プレ女性「今日は久しぶりで3ヶ月振りくらいかな、多いときは週に1回は来てたよ」

スーサン「あの彼とはどーゆう知り合いなんですか?」
プレ女性「セフレ…」
スーサン「どうやって知り合ったんですか?」
プレ女性「セフレの掲示板の募集をみて、私がメールしたんだ」
    「彼女とはどうやって知り合ったの?」
スーサン「新宿でナンパして知り合いました」
プレ女性「やるじゃ~ん」

プレ女性「私この前6人とセックスしちゃって歩けなくなっちゃたんだ」
    「あの彼も凄い絶倫で何回もできるんだよ~」

この女性は会話してても凄く感じがいいし、最高だったね。

凄く印象的な言葉が、「私エッチ大好きだからさ~」
飾り気のないなんと素直でいい言葉なんだろう~、幸せな表情をしていた。
この女性はさぞかし人生楽しんでいるだろうね。

プレイが終わり余韻に浸っていると、AMIがこっちに来た。

プレ女性「また今度遊ぼうね」っと言い女性は彼の元へと戻っていった。

AMI  「やったの?」
スーサン「やってないよ…」←咄嗟に出てしまった。
AMI 「もう最悪だった、アタシもうあんなオジさんとやりたくない…」

それ以降は彼女とはしばらくセックスフレンドの関係が続いたけど、
次第にメールをしなくなり、そのまま自然消滅した。

連絡をとらなくなって数ヵ月後…
新宿でナンパしているところ、彼女が目の前を通りかかり目があった。

今は連絡をとっていない。


機会があれば、また乱交パーティーに行きたい。

この一年半、何人かの女性を誘ってみたけど、みんな嫌がるね。

まぁ当然だろうけど~

今となってはいい経験だったし、楽しい思い出だね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。