--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-03-21

悲しみを乗り越えて

無事に日本から戻りました。

今回は日本で色んな人に会えた。

今回は色んな意味でいいタイミングで日本に帰国したと思う。

だけど、帰国して感じたのはクリリンの死の実感だった。

乗り越えたくても乗り越えられない現実

色んな意味で今回の帰国は大きな意味があった。

クリリンの家にも線香をあげに行くことが出来た。

このブログには書けないような大変なこともあった。


次の帰国は6~7月

もうすぐ、この国に来て1年が経過する。

早いな~、そして今月中に香港に行きます。
スポンサーサイト
2013-03-20

風と共に去りぬ

昨日はトッチーとのクリリンの昔話に話しに花が咲いた。

その後僕はネットでクリリンの本名を探してしまったりした。

少しでもあいつの情報が欲しいと思った。


昨日は2時間以上も話しをした。

亡くなった時点で全てが思い出となる。

そして、今後2度と思い出が生産されることはない。

あるのは過去の思い出だけとなる。

僕の心から、トッチーの心から、みんなの心からクリリンが消える。

悲しい気がした。

思い出は風と共に少しづつ消えていく。

みんなの記憶から少しづつ消えていく。


忘れてはいけない、忘れなきゃいけない。

立ち直らなきゃ。
2013-03-19

友よ…

3月18日

昨日の夜、僕が留守の間、実家に僕とクリリンの友人、トッチーが僕の家に来たらしい。

僕は18日実家に帰ったのですぐ携帯に連絡して会うことになった。


トッチーのことは4年くらい前によくブログに書いていた。

それこそもう6年近く前になるけど、僕とクリリンとトッチー3人でよくナンパに行ってた。

トッチーと久しぶりに再会した。


トッチー
「俺、スーサンに会いたくて、会いたくて仕方なかったんだ」

「昨日クリリンの家にお線香をあげに行ったら、クリリンの両親からスーサンが帰って来てることを聞いたんだ」

「俺帰って来たこと知らなくて、すぐ電話したけど繋がらなくて これは家に行くしかないと思って直接行ったんだ」


そして、話しはクリリンの話題になった。


トッチー
「亡くなる3日前まで連絡をとっていたんだ」

「10日前は一緒にバーベキューやったりしたんだよ」

「でも、その時あいつ少し様子がおかしくてさ~」

「あいつ、俺がいつも馬鹿なことやると、ノってきてくれたんだけど

あの時はのあいつはノってこなくて、らしくねぇなって思ったんだ」

「そのときにクリリンにらしくねぇなって言ったんだよ」

「3日前に連絡したときも、あいつが意味深なことを言っててね」

「急にトッチーは変わったな~って言ってんだよ」

「その時も様子がおかしくて、ジョーダン言ってもノッテこなくてね」

「そして、その3日後に逝っちゃったよ」

「ちょと前まで元気だったのに…」

「葬式の時に見たとき本当に寝てるような感じだった…」

「ジョーダンいいながら、すぐに起きてくるような気がしたんだ…」

「でも、触っても冷たくなっていて…これが現実なんだと思った…」

「通夜の時、ずっと、ずっと涙が止まらなかった」

「なんで俺に相談してくれなかったんだと、悔やんだよ…」


僕は海外に居て、お別れに立ち会うことはできなかった。

辛いのはお互い一緒だ。

トッチー
「今でも何処かであいつが居るような気がしるんだ…」

スーサン
「俺も同じ気持ちだよ、あいつ、まだ何処かに居るような気がする」


亡くなる10日前の写真を見せてもらった。

いつものクリリンでお洒落で本当にカッコよかった。

写真を見て、その10日後に彼がいなくなるなんて想像も出来やしない。

トッチーは亡くなる前から一週間に一度は遊んでいたらしい。


トッチー
「俺にとってクリリンは本当に大切な友達だった」

「昔の俺は本当にダメだった、ダメだった頃の俺を必死になって変えてくれたのはスーサンとクリリンだった」

「俺は今でも2人にスゲー感謝してるよ」

スーサン
「俺、クリリンとしばらく会ってなかったんだよ」

トッチー
「それは知ってるよ、スーサンに会ってない間、クリリンがよく言ってたど、昔クリリンが目の手術して入院してる時、何も言わずに病院に見舞い来てくれたんだって、あの時、すげぇ嬉しかったって言ってたよ」


スーサン
「俺が19歳で免許取ったばっかりの頃の話だね」

「実はあの頃、色々あってクリリンと絶縁状態でね…」

「だけど、クリリンともう一度友達やり直したいと思ったんだ」

「で、クリリンが目の手術で入院するって話を聞いたんだ」

「東京の病院に入院してるって話を聞いて、直観でとりあえず東京へ行こうと思って向かったんだ」

「その時は渋滞にハマって5時間くらいかかったかな?」

「その時に偶々女子高生がチャリで通って、生足みて、コーフンしちゃって
 
左手にハンドル右手にサドルを握って、運転しながらオナニーするという神業をしたんだ」

「でも途中で事故りそうになって、一時停止してオナニーしたよ(笑)」

スーサン
「でっ発射後、東京に来たんだけど、何処の病院かもわからないし、

東京に腐る程病院があって結局見つけることが出来んかったんだよ」

「諦めて帰りにガソリンがなくなってスタンドでガソリンを入れたんだよ」

「その時店員に病院近くにあるか聞いたら、調度スタンドの目の前に病院があったんだよ」

「ダメもとで行ってみたら、なんとそこが、クリリンの病院だっただよ。」

「本当にあの時は今考えると奇跡だね」

「で、その時に運転しながらオナニーしながら来たって話したら笑ってたよ」

「その後は病院の喫煙所でナンパしたね」

「で、それからまた友達関係が復活したんだ」

トッチー
「やっぱり、スーサンだな、運転しながらオナニーとかスーサンのそーゆうぶっ飛んだところマジで好きだよ」

「そういえば、台風の日に3人でナンパしに行ったとき、あの時のスーサンの言葉、今でも忘れられねぇよ」

スーサン
「なんだっけ?」

トッチー
「台風の日に千葉にナンパに行ったときだよ」

「俺とクリリンがマジ人が居ねぇよ~、こんな日にマジでナンパすんのかよ、人居ねえよ」

「千葉駅に到着したとき、調度雨が止んだんだ」

「その時、スーサンが おい、トッチー、クリリン見てみろ、天気が俺らを味方してくてるぞ」

「人が出てきただろ、天気の神様が俺らにナンパしろって言ってるぞ」

「あの時のセリフ、マジでウけたわ~」

「その後にナンパ成功して、その時のスーサンのセリフ…」

「俺ら最高にいいナンパ師だよな、楽しませるだけ、楽しませてセックスもしねぇえで~」

スーサン
「俺、そんなこと言ったけ?全く覚えてない」

トッチー
スーサンとクリリンがカラオケでスッポン、スッポンになったとき

僕は正直、自分の行ったことを忘れていた。

トッチー
「あの状況からポジティブな言葉が出てくるスーサンに憧れてたんだ」

「俺、あの時スーサンみたいになりたいと思ったよ」

「実は俺クリリンに彼女と早く結婚しろってよく言われてたんだよ」

スーサン
「5年くらい付き合ってる彼女だよね」

トッチー
「でも残念ながら、一ヶ月前に別れちゃったんだ」

「早く、俺らも結婚してさ~、クリリンを安心させてやりてぇよ」

スーサン
「もし俺らが結婚したら、結婚式のスピーチであいつのこと話そうよ」
「俺とトッチーを繋げてくれたのはクリリンだしね」


スーサン
「俺らもいずれあの世に行くわけでしょ?」

「その時にまた3人で馬鹿な話ししよう」

「あの世でまた3人でナンパしに行こうよ」

「一周忌、一緒に行こう」

「そして、あいつのお父さん、お母さんに思いで話をして安心させてやろうよ」

「それがあいつが一番喜ぶはずだから」

「今日はトッチーに会えて良かった、俺が安心したのは亡くなる直前までトッチーと遊んでたこと」

「俺あいつが一人孤独で亡くなったのかと思ってた、あいつもトッチーが居てくれて嬉しかったと思う」

トッチー
「俺もスーサンに会うことが出来て嬉しかった」

「スーサンと話したら、少し落ち着いたよ」

気づいたら、クリリンの昔話を2時間以上もしていた。

あんなこと、こんなこと、思い出は数知れない。

クリリンがやってきた数々な伝説話しで大笑いをした。


僕は葬式すら行けない自分を悔やんだ。

僕はずっと、ずっとこの辛さを一人で抱え込んでいた。

でも一緒に辛い思いをし、涙を流した仲間がいた。

トッチーの存在で少しばかり、心が落ち着いたような気がした。

亡くなってしまった人間はもう帰って来ない。

現実にドラゴンボールは無いんだ。

辛さは時が経てば思い出と共に少しづつ消えていくだろう。

だけど、これから先、青春時代に得た宝のような数々の思い出を忘れることはないだろう。
2013-03-07

帰国後に一番最初に向かった先は…

無事に日本へ一時帰国しました。

日本への滞在は2週間

帰宅してすぐにクリリンの友人の元へ向かった。

亡くなって約半年…

このブログを開始した当初から僕のパートナーとして登場していたクリリン

クリリンが何故、この世を去ってしまったか?

僕はまだ何も知らない。

葬式は海外に居たので、出席することは出来なかった。

両親には聞きにくい部分があるので、友人にそっと聞くことにした。

だか、その友達も本当の理由は知らなかった。

両親が本当の理由を伝えていないらしい。

真相は親族だけしか知らなかった。

僕はクリリンと10年という長い付き合いをしてきた。

僕は何があったのか知りたい。

僕が今まで過ごした人生で一番遊んだのは紛れもなく彼だ。

本当の理由を知ってもいいんじゃないのか?

聞きにくいけれど、クリリンの両親に本当の理由を聞こうと思う。


翌日クリリンの家へ

チャイムを鳴らしたとき、物凄い緊張をした。

クリリンのお父さんが出てきた。

入口に入ったとき家の中が寂しく感じた。

何回もこの家に遊びに来たことがあるが、

前はお洒落だったクリリンの靴が沢山あった。

それが、今では無くなってしまっていた。

クリリンのお父さんは高校の頃に友達の目の前でクリリンを殴ったりする厳しいお父さんだった。

だが、あの頃の厳しいそうな面影はなかった。

家に上がって、仏壇の前に手を合わせた。

写真の中のクリリンは微笑んでこっちを見つめている。

お父さん「今日はお忙しいところ態々ありがとうございます、クリリンとはどーゆう関係ですか?」

スーサン「高校の頃から付き合いで、お父さんとも何度かお会いさせて頂いているのですが」

お父さん「あ~、そうですか、すいません、ちょっと忘れてしまいました」

しばらく雑談をした。

スーサン「言いにくいことかもしれません、海外に居て僕はまだ何も知らないんです」
    「こんなことを聞いたりするのは、失礼かもしれまんせんが何があったのか教えて頂けませんか?」

お父さん「…実は表向きはこーしてあるのですが…」


真実の内容を聞いた。

スーサン「そうですか…」

スーサン「実は不思議なことがありまして、四十九日の日にクリリンが夢に出てきたんですよ」

お父さん「本当に貴重な話ありがとうございます、私のところには一度も来てくれないんですよ」

スーサン「その時一番カッコ良かった時をしていました、挨拶に来てくれたんでしょうね」

スーサン「今は偶に夢に出てきますが、凄く安らかな表情をしています」

お父さん「ってことは上に行ったって事ですかね?」

スーサン「上に行ったんだと思います」

その瞬間お父さんが少し安心したような表情になった。


スーサン「クリリンがよく言っていましたよ」
     
    「親父は凄い!って」
    
    「毎日3交代で働いて、子供を育てるなんて俺には真似出来ないって」

お父さん「あ~…本当ですから、親にはそーゆうことを言うことがないもので

    「あいつ心優しい奴でしてね、私が焼酎好きなものですから、よく買ってきてくれたんですよ」

    「本当に貴重な話を聞かせて頂き、ありがとうございました」
  
お父さんのちょっと安心した顔を見ることが出来た。

クリリンは自分を意見をハッキリ言わない奴だった。

自分の親には面と向かって言えないものだろう。


もしクリリンが上から見ているのであれば、スーサンありがとうときっと言っているだろう。


本当の理由を知ることができたが…

残念なことには変わりない。

出来ることなら、元気でいてほしかった。

ご両親の姿を見ているもの辛かった。


青春時代を一緒に過ごしたクリリンを忘れることはないだろう。

人との出会いって限られているんだな。

人ってずっと一緒に居ることはできないんだ。


僕もいずれは亡くなる。

その時にあの世でクリリンと会って昔話に花が咲かせらるといいな~
2013-01-09

次なる目標

次なる目標はカナダで1年生活する。

僕は1年前から英語と中国語をマスターする為に

英語圏と中華圏で生活することを決めていました。

語学マスターというよりは一番は日本を離れて現地での経験。

最初はオーストラリアにしようと思ったけど、

考えてみると僕は海のスポーツに興味がない。

暑いのもあまり好きじゃないし、暑いのはこの国で十分体感した。

今度は思いっきり寒い国に行ってみようと思う。

いつになるのかな?

今年の6月に日本に帰国する。

その頃には貯金が0になっているはずだ。

また一から金を貯める。

来年には行きたい。

カナダに行ってもタイワンと同じように学校には行かない。

向こうで働いて英語を上達させる。


その為に今から準備を進める。

そして、向こうでももちろんナンパやりますよ~
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。