FC2ブログ
2019-04-09

坂の上の赤坂

昨日東京に帰ってきました。

4/5 名古屋
4/6 名古屋→大阪
4/7 大阪から夜行バスで東京

弾丸旅行でしたが、楽しかった。

これからは昔のように定期的に一人旅に出ようと思う。

4/7は別の用事があり、声掛けはしなかった。

ナンパンマンさんに連絡したんだけど、返信なかった。

元気してるのかな~?


今日は所要で赤坂へ

声を掛けようと、髪をセットしたりとそれなりに準備した。

1人だけ声を掛けた。

本当は10人に声を掛けるつもりだった。

まだまだだな〜


夏目さんの本に出てきた長さんって人の凄さ

俺が会ったナンパ師の中で一番凄い人

あとにも先にも、人間的にもこの人より凄い人はいない。

長さんはナンパのモードやスイッチがない。

そもそもナンパって概念もないし、街に出れば男だろうと、女だろうと何処でも声を掛ける。

さぁ勇気を振り絞って声掛けようって気合いが一切ない。

概念がない=無

どこでも声を掛けれるし、どこでも雑談出来る達人だった。

ナンパやるぞってファイティングポーズを構えてる時点で俺は二流だね。

鍵さんは別格として、長さん以外のスト師は全て二流

長さんとはもう9年位会ってない。

プライベートのツイッターも3年位更新されてない。

僕の坂の上の永遠の憧れの長さん、元気してるといいな。
スポンサーサイト
2019-04-06

くいだおれ大坂

友人と一緒に大阪へ

朝方、名古屋の友人が紹介してくれたマンガを読んだ。

友人「スーサンが好きそうなマンガだから、読んでみてよ」

「どぶ」という漫画
img56799104.jpg

抜き専門のピンサロの話

昔今は亡きクリリンという相方と池袋のPMなんちゃらってピンサロに行ったな~

普段マンガで大笑いすることがないんだが、久々に大笑いしてしまった。

このマンガ風俗業界のリアルを描いていて、リストラにあったサラリーマンがボーイから風俗経営までのぼりつめる話

夜王の風俗版のようなストーリーだ。

何よりも、抜いている時のサラリーマンの情けない顔や

店の子が抜いたティッシュをボーイにべちょって渡すシーン等、生生しくて最高だ。

まさにどぶの底から這い上がるというストーリー

2002年頃のマンガらしい。

友人は誰も知らない面白い物を見つける天才だと思った。

友人は元有名スト師、友人はこの世界の全てを捨てて、飛ぶ鳥跡を濁さず、あっさり去っていった。

飛ぶ鳥糞を撒き散らしているのは俺ですがなにか?


夕方大阪に到着… 

大都市を見るとワクワクする。

大阪はデカイ!名古屋も大きいけど、大阪はやっぱり規模が違う。

大阪は俺が行った海外とは比べ物にならないくらいデカイ。

昔禁欲ストナンブログのショウさんという人が大阪は東京と比べるとショボいと言っていた。

長い間東京に住んで、慣れてしまったのか、東京のことを凄いと思わなくなってしまった。


天○寺駅で友人と一緒に10人ちょっと声を掛けた。

友人はかつてはガンガン行くタイプだったが、ブランクがあるせいか、しばらく立ち止まっていた。

俺は彼を元気づけようと、あえてガンガン声を掛けた。

ただやっているうちに馬鹿らしくなってきた。

自分が好きで声を掛けるというより、誰かに見せる為に声を掛ける。

この行為に馬鹿らしさを感じた。

昔は自分が凄いと思われたいが為、ガンガン声を掛けていた時期もあった。

そして…昔名も知らないナンパ師とつるんで、

声掛けを見せ合う行為が馬鹿らしくなって、2009年他のスト師と合流するのをやめた。

友人もかつてはそうだった…

ただ彼の場合は影響力が強すぎて、彼の派手な立ち振舞いが正しいように認知されていた。

かつて多くのナンパ師が彼の派手なやり方を真似ていた。

違うんだよ、所詮そんなのハリボテなんだよ。

彼自身も苦しんでいたし、ビジネスでやる以上、どうしても派手なパフォーマンスが必要になる。

そして、それを真似たナンパ師が合流し、派手なナンパを見せ合う。

くだらないな。

いわばそれは舞台や映画のセットのようなものだ

裏側はスカスカのハリボテさ

ストリートは誰かに認められる為にやるんもんじゃない。

自分の為にやるもんだよ。


昔あるスト師が言っていた言葉を思い出す、

40になってスト師だったら、痛々しいよな~。

ウシジマくんが言っていた言葉が思い浮かぶ、

何もしてねえ奴より、よっぽどマシだ
picture_pc_0c6237806b05c63d2b654c6618bc5a06fda465bd.png

今考えると40スト師でも全然ありだと思う。
2019-04-05

シャチホコ名古屋

高速バスで東京から名古屋へ向かう。

山の景色を見ながら色んなことを考える。

東京に住んでいると見慣れない自然、俺は自然の景色に植えていた。

昔の人はこの山を超えていたのか

っていうか江戸時代の参勤交代って地獄だよな

この山の中に道路やトンネルを作った人間って凄よいな。

名古屋ってキッズ・ウォーのドラマのロケ地だよなって考えながら、

YoutubeでMELODY 愛の花 『キッズ・ウォー2〜ざけんなよ〜』主題歌を聴きながら、

あっと言う間に名古屋に着く。



ノー睡眠で名古屋に到着

名古屋は7年ぶり

おひさしマーシー、おひさしブリーフだな。

実は前日テンションがガタ落ちだった。

理由は前日に娘に障害の可能性があると医者から宣告された。

何となく覚悟はしていたが?想像以上にダメージが大きかった。

果たして俺は奥さん、娘を東京に残してナンパなんてしてもいいのかな?

ただ俺はやると決めた!

やらないからって何か変わる訳でもなし、やると決めた以上やるべきだよな。

何故ならば、俺は今ここで声を掛けなかったら、この先の人生も何も出来ないクソみたい人生で終わるんだろうな

その位、自分を追い詰めた。

矛盾しているようだが、決めたこともやれない、情けない、恥ずかしい男、こんな父親でいいのか?

出来ない理由を探して逃げちゃ駄目だ。

なので、声を掛けることにした。

数年のブランクがあったが、声を掛けられないなんてことはなかった。

さくっと12人に声を掛け。

1人だけ会話できた。

キャバ嬢っぽい子に声掛け
スーサン 「こんにちは」

女の子 「エステは結構です。」

スーサン 「エステじゃないよ」

女の子 「え、じゃ何なの?」

スーサン 「宗教の勧誘でもないよ、俺無神教だから、でもお姉さんが宗教始めたら入っちゃいそうだね。」

女の子 (笑)

スーサン 「名古屋の人?」

女の子 「そうだよ」

スーサン 「俺東京から来たんだよ、暇だからナンパしてる」

女の子 「君、凄いね~、東京から名古屋に来てナンパとか、いい子いた?」

スーサン「いや、お姉さんだけだよ、7時から友達会うんだけど、それまで時間があるからお茶一緒に飲もうよ?」

女の子「あ、ごめんね、私これからアイプチやりにいくんだ」

スーサン「そうなんだ~」

女の子「こんな整形ブサイクに声掛けてありがとう、他にいい子沢山いるから頑張ってね~」

スーサン「ありがとね~、じゃぁまた」

この子の上の歯だけ全部インプラントだった。

顔をあちこちイジっているような感じだった。

その後は場所を変えて栄へ

名古屋駅から歩いて行けると思って、勘違いして重い荷物を抱えながら40分も歩いてしまった。

栄に着いた頃はヘロヘロでモチベ激変で、声を掛ける気力がなかった。

その後は友人宅へ

驚いたのが名古屋駅は東京に比べ、警察や警備員の多さ、ちょっと外れると募金してください東南アジア人の多さ。

昔名古屋駅は8時頃になると、女の子よりもナンパ師が多かった。

名古屋スト師から初めて聞いたとき都市伝説だと思ったけど、本当でした。

その影響なのか、警備員が多かったな。
2019-04-04

引退します…

今年の1月に妻が無事に出産を迎え娘が生まれました。

このまま引退します、いままでありがとうございました。


っと行きたいところだけど…


ナンパで知り合った彼女と7年間の紆余曲折の交際を得て、結婚、出産

女性の経験人数も100人を超えた。

女性関係は普通の人からみた順風満帆で理想的な人生を送っているように見えるが…

ただこの数年常にもどかしさを抱えていた。

結婚してからはナンパを自制していた。

自制していた表現が正しいのか…?

今考えていると俺は何かから、逃げていたような気もする。

一口ケーキを食べて、止まらなくなるのと同じように、

蛇口をひねったら水が止まらなくなるような気がして恐かったんだ。

そろそろ蛇口をひねってもいいかな?

そろそろ二口目のケーキを食べてもいいかな?


明日から名古屋に行く、とりあえずナンパしよう。

ややこしい説明はいらない、とりあえずナンパやろう。
2013-04-27

イベントに参加

今日はlanguage barのイベントに参加した

language barは多国籍の外国人が集まるイベント

自分のドリンクを買って、後は自由にお喋り


路上でナンパするより、ずっと楽だな。

路上だと女の子が不信感を感じるけど、

外人のイベントだと全く警戒心がない。

目が合ってニコッと笑って会話が始められる。


日本にこーゆうイベントがあればいいのに~

沢山の子にFacebookのアカウントを聞かれました。

有意義な時間でした。