FC2ブログ
--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2018-11-09

2万円の高級ディナーよりも、220円のドトールのコーヒー

昔沖縄でナンパでした子のmixiの日記を見た。

沖縄で出会った当初の自分の過去日記も読んだ。
沖縄3日目

誤字脱字、所々抜けている内容の多さに驚いた。

訂正しようか迷ったけど、まぁそれも過去の遺産だからそのままにしておこう。

この子に出会ったのはもう6年も前の話だけど、この子も婚活をする年齢になったんだぁ。

鹿児島の子だったけど、出会った時は20代前半だったような気がする。


この鹿児島の子が最近婚活で年収一億社長とデートをしたらしい。

ベンツでドライブ、博多で高級ディナー、バブルを絵に書いたようなおっさんだったらしい。

まぁでも当たり前っちゃ、当たり前だけど、一億社長は魅力はなかったらしい。

年収一億あって魅力的な男なら、そもそも婚活なんてする必要がない。

そのおっさんに問題があるから売れ残っているわけだよね。

一億社長の第一印象が歯が汚い、高級なスーツを着てたけど、歯の汚さが際立って高級スーツの良さが1ミリも伝わらない。

ディナーの会話も今一で、ベンツの助手席に乗る時に傷をつけたらどうしようとヒヤヒヤしたらしい。

デートが終わって、もうおっさんとは会うつもりは二度とないらしい。


最初から高級料理のディナーなんて気をつかうな。

女の子が最初のデートで求めているものは金よりも会話の満足度なんだよね。

会話の幸福度は以外と大きい。

だからデートで金を使うよりも会話で満足させた方がいい。

俺は自分で言うのもなんだが喫茶店で4時間~5時間喋っていられる。

俺は既婚者だけど、カフェで会話をして、好感を持たれたことは今まで何度もあるし、これは間違いない。

いつも相手の話が止まらなくなってトイレに行けなくて困るくらいだ。


カフェでどんな会話をすればいいかと言うと、

自分は会話の主導権を握らないようにしている。

ひたすら相手の会話に同調し、肯定し、相手が話しやすいような環境を整えていく。

一番効果的なのは相手の言ったことをオウム返しすることだ。

オウム返しとは相手の言ったことを繰り返すこと。

ただくり返すタイミングを間違えると、諸刃の剣になるから注意した方がいい。
※最近メンタリストDaiGoが全く同じことを言ってて驚いた。

長く話していると相手の負の部分や愚痴が出てくる、

人間誰かしら悩んでいるし、その負の部分を同調し肯定することだ。

家庭の愚痴、仕事の愚痴、学校の愚痴、上司の口臭、旦那の短小、彼氏の包茎

「○○ちゃんはそんなに大変な思いをしてまでも頑張ってるんだ、凄いじゃん」
「そうなんだ、○○ちゃんにそんなこと言うなんてその上司馬鹿だよ、それでも我慢して仕事続けてるんだから凄い。」
「彼氏短小で包茎なんだ、包茎だと中にカスが溜まって臭いから嫌だよね、もう少しちゃんと綺麗に洗ってほしいよね」


ただこれはテクニックではない、相手の話を聞いているときに自分も相手の立場にたって同調すること。

話している最中は相手に楽しんでもらいたいという気持ちが大切

そうゆう気持ちは相手にも伝わる。

もちろん合理性が必要な部分もあるけど、感情や気持ちを込めることも大切だ。

人間は藤井隆じゃないけどナンダカンダと感情で生きている。



はみ出す勇気をどうか 絞り出して立ち上がれ
ほんの少しの気合いだ 目を覚ませ 泣くな 笑え

ナンダカンダ叫んだって やりたいことやるべきです
ナンダカンダ夢見たって 問題ない世の中です

旦那さんが短小包茎、夢が叶う来世紀です
スポンサーサイト
2018-10-24

金持ちが金持ちになれない理由

金持ちが金持ちになれない理由

それは、金持ちの上には上がいるからだ

ちょっと稼いだところで、上には上がいる

年収一千万稼げば、年収一億の人と比べて自分はまだまだと感じ、

年収一億稼げば、十億稼いでいる人と比べて劣等感を感じ、

結局百億稼いでも上がいるし、金を稼いだとろころ神になれるわけじゃない。

ある一定のラインを超えるとお金とは何か?わからなくなって、稼いでいる気になれないし、いつも不安を感じるらしい。


ナンパにも通ずる部分がある。

沢山ゲットして皆が憧れているあの人も実は凄く不安を抱えているケースが多い。

いくらナンパを極めようとしても上には上がいて、結局は劣等感を感じている人は多いんじゃないか。

そんな状況から抜け出せず、満足感が得られない。

これだけ情報が溢れている世界だから、比べるなっていうほうが難しい。


因みに俺はどうかと言うと、常に自分が一番だと思っている。

当然俺よりナンパが上手い奴、金を稼ぐ奴、かっこいい奴

上には上がいるけど、根拠はないがベジータ風に言うわせてもらおう、

俺が宇宙一だ!
2018-10-15

会話とプロレス

久しぶりにナンパ理論を書いてみようと思う。

ナンパ理論は過去に書いた下書きが沢山あるが、時間が経って見てみると微妙だなって思うものが多く、結局更新せずに終わっているものが多い。

なので気が変わらないうちに更新しておこう。

今日はタイトル通り、会話とプロレスの共通点について。

僕は小~中学にプロレスにハマった時期がある。

高校の時はK-1やPRIDE等、総合格闘技が流行ったが、総合格闘技には全く興味がなかった。

最近は昭和から90年代までのプロレスにハマっていて、Youtubeで動画見たり、プロレス関連の本を何冊も読んだ。

プロレス好きな人なから気づいているだろうが、世の中プロレスに精通していることが多い。

世を動かしている経営者や重要人物はプロレス理論を活用し、戦略をとっている=プロレスは衰退したといわれているが世間がプロレス的傾向を好んでいるからだ。

詳しい説明すると本一冊分になってしまうので、ここでは割愛させて頂く。

ネットの炎上もそうだし…
政治もそうだし…
アイドルもそうだし…
トランプ大統領もプロレスラーだし…
お笑い芸人もプロレス好きが多い。

人気は低迷したと言われているが、プロレス文化は根強く染み付いており、
日常の私生活にプロレス文化は潜んでいる。

なので物事の色んな面においてプロレスに例えることが出来る。

形は違えどプロレスが辿ってきた道と物事の本質は同じような気がする。

プロレスは30年~40年前からエンターテイメントの最先端を走っていた。


プロレスをナンパに例えるならば、女の子との会話はリングの上での試合である。

カフェで一対一の会話=リングで一対一のシングルマッチ

プロレスとは先に解説しておくと、プロレスとはショーであり、総合格闘技のガチの戦いとは別物であり、プロレスは八百長と言われているが、本来がショーであるので、戦う前から試合の勝敗は決まっています。

プロレスの目的は自分の強さをリングの上で最大限に発揮させることではなく、目的は興行を成功させること。

試合を盛り上げ、お客さんを沸かせて、次に試合の興行に結びつけるのがプロレスの目的です。

強さと強さのぶつかりあいの総合格闘技とプロレスは別物なので、プロレスラーのパロメーターで最も重要なのはガチの強さより試合を盛り上げる力=人気なのです。

レスラーは肌と肌で会話し、阿吽の呼吸で試合展開をしていきます。

プロレスにおいて重要なのは攻めよりも受け身

一般的な受け身とプロレスの受け身は異なります。

プロレスの受け身は相手の技をオーバーに受け取り、ダメージをくらったという演出です。

プロレスラーは相手がどんな技を出してくるのか瞬時に読み取り、その技をしっかりと受けるのです。

例えばラリアットが飛んできた場合は、ラリアットを受けたレスラーは当たった瞬間に後ろにバーンと勢いよく吹っ飛んでダメージを受けた演出をします。

しっかりとダメージ受けた演出をすることによって、ラリアットを撃った相手の強さを象徴し輝かせているのです。

相手の技を綺麗に受けることによって、試合を面白くし、派手な技を派手に受けることによって、観客が湧くのです。

技をしっかり受けなければ、大して面白くないしょっぱい試合になってしまいます。


会話もこれに近いです。

例えると、カフェでお茶をする場合は相手がどんな話題(技)を振ってくるのか、神経を集中し
相手が振ってきた会話を瞬時に判断し、リアクション(受け身)を取り、相手の会話をバーンっと受けるのです。

しっかりと受け身をとることによって、次の会話の展開がしやすくなります。

技を掛けた相手は優秀な受け手がいれば、技を掛ければ掛けるほど、自分が輝やいたように感じるのです。

女の子は、この人は私の話しをわかってくれている、理解してくれていると、気持ちよくスムーズに話が出来るのです。

勘違いしているのは殆どの人は受け身をとらずに自分がどんな技を掛けるのか考えている。

自分がどんな面白い話をするのか?考えるより、どうやってたら相手の会話を引き出し、相手を輝かせることが出来るのかを考えよう。


プロレスの話に戻すと、相撲の横綱からプロレスに転身した北尾光司やオリンピック柔道代表からプロレスに転身した小川直也

彼らは格闘家としては素晴らしい素質を持っていたのかもしれませんが、プロレスでの評価は低く、他のレスラーからも嫌われていた。

理由は彼らは受け身をとるのが下手だったのと、プロレスを知らない彼らの繰り出す技は痛かったそうです。

実際に彼らと試合をすると怪我も多かったようです。

お笑いの世界でもそうで、上手い人は相手の良さを引き出し、自分が受け身に回る。


僕は過去に統計をとったことがあります。

ついつい自分が主導となって、面白いネタや自分の話を多くした場合は、返信は皆無に等しかった。

それよりも相手の話をじっくりと聞いて、自分の話は30%くらいにしておいて、相手中心に話した場合は返信率が高かった。

理想は相手が8割話して、自分が話すのは15%~20%くらい。

気を抜くとついつい自分の話しを多くしてしまう。

女の子の発しやすい話題を誘発し、女の子が発した会話の受け身をとる。

相手に技を誘発して、相手が仕掛けてきた技を派手に受ける、受けた相手はそれによって輝く。

相手のレスラーは安心して気持ちよく試合展開が出来るのです。

リングの上で相手を輝かせることが大切です。

相手の技を受けずに一方的に会話やネタ、技を受けてばかりいる相手はたまらないのです。
何で自分ばっかり受けなければならないのだと不満が爆発します。

噛み合わないチグハグな試合をした場合は、2度と試合をしたくないと思うのです。


結論
自分が試合に勝つことより、気持ちよく相手を勝たせることが重要

相手が試合展開しやすいような会話を心がけること。

女の子が発する情報をしっかりと受けて、相手の技を引き出し、気持ちよく会話させろ

そして隙をついて、腕をからを股下を決め込んで、ベッドの上で第二試合の始まりだ。

夜の試合はプロレスではなく、ガチの総合格闘技だからな。

2018-10-02

10年前と今のナンパ

気づいたら前回の記事から1年が経過した。

つい最近書いたような気がしたんだけど…

早いものでこのブログを書いてから10年が経過した。

今後年に数回となるだろうが、たまには日記を書こうと思う。


10年前の2008年… 僕がナンパブログを初めた当初はナンパの最盛期だったんじゃいかな?

20年前位はナンパの情報はサブカル系雑誌か鍵さんの本くらいしかなかったと思う。

僕がナンパを始めた頃に一番参考にしたのはAV男優沢木和也のナンパシリーズだ。

沢木和也は連れ出しの時に迷ってる相手に対して「よし、決まり、決まり!」と言っていた。

当時僕はよくこのフレーズをよく使っていた。

このフレーズが使い物になるか、ならないかはおいておいて、そのくらい世にナンパの情報がなかった。

その頃はまだAmazonもないし、ナンパ本を買うにも古本屋を回らなければならない。

情報が少ないから鍵さんの本があるコト自体知らない

仮に知ってたとしても本屋に注文すれば手に入るかもしれないが、ナンパの本なんて注文しにくいだろう。

それがインターネットによって、家にいながらしてナンパの情報を手に入れることが出来るようになった。

家にいながらして、ナンパブログを通じて興奮を感じることが出来るようになった。

下手に文章力がある人のブログを読むと、まるで自分が街にいるような感覚になる。

2007年~2009年位までナンパの最盛期だった思う。

2008年僕は夏目涼介さんのひきこもりナンパブログの虜になった。

夏目さんの影響でブログを書く人も沢山いたし、ナンパブロガーはナン研のランキングも競いあったものだ。


当時のあの感覚、言葉でも文章でも説明しにくいものがあるが、

ナンパの世界に「夢、希望、ワクワク感」=幻想があった。

2011年位からガラケーからスマフォにシフトし始めて、この頃からナンパ衰退の一途を辿っていた。

10年前はまだガラケーの時代であり、ツイッターもFacebookも普及していなかった。

今はLINEもあるし、バンゲ(番号GET)なんて死語だろう。

今は人通りの多い繁華街でナンパをしていればすぐに動画を撮影され拡散されてしまう。

10年前に比べると大分ナンパはやりにくくなっている。

ただ時代が変われば出会いの形式も変わり、現代では出会い系のマッチングアプリが出来て、
ネットの出会いが主流になりつつある。

ストナンからネトナンの方が効率もいいし、リスクも少ない。

わざわざ危険を冒してまで街に出てストリートナンパに拘る必要があるのかな?

残念ながら僕は結婚してしまい、ナンパは半引退状態である。

活動休止が正しい表現なのかな。

現在妊娠中の奥さんともナンパで出会い、紆余曲折もあったが結婚に至った。

ナンパ師としてのゴールを掴んだのかも知れない。

ただ俺はナンパの幻想が捨てきれた訳ではない。

最近10年前の幻想が捨てきれず、ナンパしてた頃が懐かしく思うのだ。

青春の1ページとしてアルバムを閉じてしまった。

ただ言えることは自分は心の底から女が好きなんだろう~

その日に出会って、その日にお茶して、その日に合体して、ナンパって夢がある。

10年前のスーサンは夢の世界のいたのかな?

10年前に感じていた焦燥感、今も感じて日々すぎる…

秋風に吹かれて…
2017-10-11

アーカイブス12

2008年11月30日

アポの日!
DMM会員スーサンです!
先月の請求額315円

今日はアポの日です!
色男さんが上京されるということで、急遽合流することになりました
ヤジロベー師とアポを取り色男さんに紹介!

色男さんとヤジロベー師と合流し
色男さんオススメのナンパスポットへいざ出陣!
毎回のことながら色男さん発想力には脱帽する

ちょこっと声掛けしてから昼食、モスバーガーでランチした
ここで深い話が出来ました

色男「モテない連中は、悲観ばかりしている!ちゃんとした人は声掛けのとき、あの子可愛くない
   から行かないなんて、言わないですよ、凄い人は感謝の気持ちでやってます」
ヤジ「僕もそれは思います!自分と話してくれてありがたいって思いますね」

ヤジ「僕はナンパはヒヤリハットだと思っています、ヒヤリハットは300回に1回大きな事故が起きるように、
   ナンパも同じように沢山の人に声を掛けていればいい人が現れんるんじゃないかなって思うんです」
スーサン「なるほど!素晴らしい!」

ランチを済まし駅でのこと
駅の改札で女の子がコンサートのチケットを落とした

色男 走って行って「落ちましたよ!」
女の子 「ありがとうございます!」
ヤジ   「親切ですね」
色男 「ナンパをするとやさしくなれるんですよ!」
スーサン「その通りです、やさしくなると言うよりやさしくできる余裕だ出来るんですよ」
色男 「へたれの人は恥ずかしいからいいやで終わっちゃいますもんね」

S谷へ移動
3人で街へ繰り出した、
スーサンとヤジの路上で声掛け!

ヤジロベー師のストも素晴らしかった。
毎度ながら驚嘆させられる!
会う度にゴクウのように強くなっている

3人で一緒に居てふと思った
スーサンとヤジの路上での鋭い目つき、素早い声掛け!
色男さんの書店での鋭い目つき、コソコソ度合い

女の子のハートを泥棒するキャッチアイだね!
http://jp.youtube.com/watch?v=PpuAFA1U7Wg
スーサンは泪姉が大好きだ!

3人書店へ
今回のターゲットは占い本を読んでいる女の子
静かな書店を3人でこそこそとまさしくキャッチアイ

楽しい時間はあっという間過ぎ、アポの時間
2人と握手してお別れ

ASちゃんと合流して
アイズさんに教えて貰ったカフェへ
ASちゃんはもの凄く喜んでくれた

店を出てからスクランブル交差点で手を繋いだ!
代○○公園で高揚みながら抱擁!
ドラマの撮影ができそうなくらい高揚が綺麗だった

ご飯食べてから漫喫へ
ニコニコ動画みながら、寄り添う!
僕はASちゃんにギラついた
ASちゃん「まだ早くない?」
スーサン「しないよ、只くっついているだけ!」
ASちゃん「今したら、スーちゃんがこのままいなくなっちゃうような気がする」
スーサン「いなくなんかならないよ、僕はASちゃんとまた会いたいと思ってるよ」
ASちゃん「スーちゃんのこと嫌いになりたくない!だからまだダメ!」
そのまま何も言わずにキスをした!

本当の彼女のことも考えて少し胸が痛くなった。

ディープチューをしばらくして
いいムードが出来て彼女を押し倒した瞬間

「ブーっ!!!!!」隣の奴が屁こきやがった!
もの凄く鈍い音、ドリフのコントかよ
2人して笑い止まんなくて腹が痛くなった
お陰でムードぶち壊し!!!! 

エッチはせずに店を出た
1時間位チューだけをしていた

店を出て駅でバイバイ
彼女は僕の姿見えなくなるまで見送ってくれた。
今日は異空間と現実の言ったりきたりで夢からまだ覚めるのに時間が掛かった。

声掛け 8人
バンゲ 0人
アポ  1人

この時アポったASちゃん、今何してるのかなぁ~?

あれから9年…

その後…何回か手紙でやり取りしたり、プレゼント送ったあったりしただけで、その後の進展は何もなく自然消滅。

今でこそ有名店ですが、当時はまだ余り知られてなかったもうやんカレーを教えてくれたのは彼女です。

今でも偶~に食べに行きますよ。

S谷 代○○公園 明らかにわかるだろうに、わからないようにしていたのは

ハッキリとした場所を書くとライバルが増えるのでブログに書かないでくださいと連絡してくる人がいたんです笑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。